« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月25日 (水)

お わ っ た 。

お わ っ た 。
卒業式、終了。

学校へ向かうバスの中で、四年前を思い出して一瞬うるっとした。

お天気は良かったが、風は冷たかった。

終わった。取り敢えず終わった。

| | コメント (8)

2015年3月23日 (月)

アンダースカート

アンダースカート
結局、買い物4はありました。
下見していたバッグが売れてしまっていた為に、バッグと靴を探してウロウロして、つ、疲れた…(T_T)

ドレスを1着買っても、それだけで済まないのが女の子。
「女の子って面倒くさい」って、娘が自ら言う情けなさ。(笑)

着せてみたら何かが足りない…

アンダースカート、パニエが必要な感じ。

そんなの探す気力もなく…作りました。
材料費でも5千円位かかったので、既製品が4万円と聞いても驚かないわ。

取り敢えず、オーガンジーのバルーンスカート。
泥縄もいいところですが、明日出掛けるのに間に合いました。

ヤレヤレ。

| | コメント (2)

2015年3月17日 (火)

20℃

20℃
今日はバカに暖かくなりました。

早速鼻がムズムズ、目がショボショボ。

しかし洗濯物は乾きました。

痛し痒し。(笑)

急に暖かくなって着るものに困りました。
体も気温に対応するのが大変です。

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

観梅


観梅
観梅
観梅
観梅
転勤がなかったので、梅を見に水戸の偕楽園へ行きました。

実に三十数年振り。

ずっと再訪したいと思っていましたが、気が付いたらこんなに時間が。

生憎曇り空でしたが、すごい人出で賑わっていました。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

あの日

あの日
昨夜から雪が降り、また白くなってしまった。

あの日も、雪がちらつく寒い日だった。
実家から自宅へ戻る時、信号の消えた道路は渋滞。
そこからよく無事に脱出して家に帰り着いたものだ。
あの時は無我夢中、でも今思い出すと身震いが出そうになる。


今年、連れ合いが初めて「あの時は…」という話をした。
職場で話が出たらしい。

四年が経ち、少し振り返ることが出来るようになったのかな。

| | コメント (2)

2015年3月 9日 (月)

買い物3

辞令が出る前に片付けをしようとしていた土日。
お天気も悪く結局は何もできなかったのだが、それというのも、今年がおばあちゃんの十三回忌だということに気がついてしまったからである。

次男の小学校の卒業式と重なったのを思い出し、数えてみたら間違いない。
お彼岸になろうというのに、義父からは何の連絡もないので、急遽実家へ行かねばならなくなった。

義父もすっかり忘れていたので、法事はこれから決まるが...

今年は忙しいんだけど...(T_T)

転勤?
法事?
引っ越し?
卒業式?

いったい、どれだけ重なるのか、気が気じゃない。


そんな訳で、昨日は次男を引っ張って洋服屋にも行ったのである。(ああ、引っ越しの準備はいつできる?)

今までは父親のお下がりが着られたが、社会人になった(太った)し。

またカードの出番であった。
せめて、ポイントがついてくれるだろう事しか楽しみがない。トホホ。

| | コメント (2)

2015年3月 7日 (土)

映画あれこれ

折角WOWOWに入っているのに、見ないのももったいないので、2月は結構頑張って見た。

『小さいおうち』
『少年H』
『ハーメルン』

「小さいおうち」と「少年H」には“時代“という共通項があり、「小さいおうち」と「ハーメルン」には“倍償千恵子“さんという共通項があった。

時代を考えれば、実在の人物であるHのお父さん(水谷豊)がとても良かった。特高に連行されて帰って来た時にHを諭す言葉が沁みた。

倍償さんは「小さい~」の方では80歳を過ぎた老女を演じ、「ハーメルン」ではその娘くらいの年齢の役柄だった。
山田監督だったから倍償さんだったのかもしれないけど、原作を読んでみた限り、やっぱり消化不良の感。

まあ、これを見たかった動機は黒木華さんだったんだけど。(笑)

「ハーメルン」は、撮影場所が福島県の昭和村で、エンディングに栗コーダーの演奏が流れるというので見たかった映画だった。

主演の西島秀俊が“静かな映画"というように、確かに静かな映画だった。
余計なBGMもなく、余計なセリフもなく、圧倒的な美しい風景の中で物語られる。

抽象的といえば抽象的だが...見終わって時間が経って浮かんできた言葉は「許し(赦し)」だった。

『黒執事』
『神様のカルテ』
『神様のカルテ2』

「黒執事」は娘が原作コミックを持っており、アニメも見ていたので、やっぱり剛力彩芽が残念としか。

「鹿の王」を読みながら「神様のカルテ」を連続で見た。
櫻井君の変人な医者を違和感なく見た。

そして、気になったのが原田泰造だったってどうよ、。(^.^;


おまけ

私はエンドロールも見るのが好きで、その中に「林ことみ」さんの名前を見つけました。
さて、それはどれだったでしょうか。

おまけ2

『テス』

古い映画なので、デジタルリマスターかなんかしたのかと思って見てみた。
ナスターシャ キンスキーが美しい。
それにしても、(この時代の?)男って...
美しくないワタシが言ってもヒガミに聞こえないくらい、時代は変わったと思うゾ。

| | コメント (0)

3月

転勤族なので、3月は落ち着かない。

年を重ねるごとに引っ越しが億劫になり、
環境にも慣れるので、居心地が良いと余計に離れ難くなるのだ。

毎度手順は同じなのだから、早めに準備を始めればいいのに...

今朝は真っ白だった。(外ね。)

雨に変わって消えたけど、寒くて何もやりたくない。

| | コメント (2)

2015年3月 1日 (日)

小さいおうち

小さいおうち
一緒に借りてきたのは、映画を見たからだった。
少し消化不良の所があり、原作を読もうと思ったのだ。

結果、映画は消化出来たが原作の方に消化しきれない部分が残った。

最近、読解力なくなったか…それとも感受性か。

| | コメント (2)

鹿の王

鹿の王
千葉から帰ってきたら寒かった。
10℃も違えば、体も迷うわな。

久しぶりに図書館で本を借りた。
昨年話題になった本で、相変わらずファンタジーなのだ。

土日を使って一気に読み。
救いのない終わり方でなくてほっとした。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »