« 薔薇 | トップページ | 楽しかった »

2014年2月22日 (土)

伝説

昨日、髪を切りに行きました。
行った途端、「凄かったですね~!」
雪のことではなく、浅田選手の事です。

いや~、SPの後はショックで眠れず、FSの後は興奮で眠れず、ジェットコースターのような日々でしたね。

いやあ、思い通りの演技が出来て良かった。本当に良かった。
本当に、あの最高難度のプログラムが実行できるんだ・・・。
半信半疑だったけど、本当に出来るんですね!

真央さんだけ別次元の戦いを一人でしていましたね。

これをまともに採点したらぶっちぎりの一人勝ち。
だから彼女にだけ別の基準がある、としか思えないジャッジなんか○くらえ!
セカンドのトリプルジャンプは絶対回ってるし、演技構成点とGOEの評価の渋さと言ったらお話にならない。
勝たせたい選手にだけてんこ盛り、と言われても仕方がない。
だってその通りなんだから。(以下自粛)

何故、SPがあんな事になったんだろう。
今ではあのフリースケーティングの神演技の為、としか思えません。
あそこからの完璧な演技だからこそのもの凄い感動をみんなに与えた、のかもしれません。

O0454059412853018732 ソーズ不明ですが、お借りしてきました。
真央さんの演技を見たリプニツカヤ選手だそうです。
彼女もSPでミスがありました。
その後どうするか、という素晴らしいお手本を見たのをきっと忘れられないでしょう。

もし、これが嘘でも、多くの後輩達に与えた影響は嘘ではないと思います。
真央さんが拘ってきた自分の出来る最高の演技の意味はここにこそあるのではないでしょうか。

何年も同じ構成で同じ演技を繰り返し、どの曲がどのプログラムかさっぱり判らない演技など、忘れ去られて行くだけ。

記憶に残る最高の演技を正当に評価出来ないジャッジシステムなど捨ててしまえ!

今回、イタリアのコストナー選手は3F-3Tの難しい構成で演技して成功!
ペアのサフチェンコ、ゾルコビー組は最後の最後にスロー3Aの挑戦して失敗したものの、難度の高い技に挑戦する姿に鳥肌が立ちました。
これが本来のスポーツの、オリンピックの姿ではないのでしょうか。

|

« 薔薇 | トップページ | 楽しかった »

コメント

裏でいろいろあるんだね、やっぱり。
オリンピックくらい純粋にスポーツの祭典にならないものかしらね。

だけど毎日真央ちゃんを取り上げてる番組を見ない日はないのは、日本中真央ちゃんが好きだからかもね。
努力は裏切らないって今日もスッキリで佐藤コーチが言ってたもんね。

投稿: まなみ | 2014年2月27日 (木) 21時44分

まなみちゃん

遅くなりました。

裏でいろいろ・・・あるとしか思えないでしょう。
本来努力した人が報われる競技であるべきなのに。
もう、この組織ったら終わってるとしか。

私は真央ちゃんにはもう、幸せになって欲しい。
もう、競技はしなくていいと思います。
人生はこれから先の方が長いのだから。

投稿: ぴろ | 2014年3月 1日 (土) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薔薇 | トップページ | 楽しかった »