« 餅つきの似合う男 | トップページ | SONGS »

2012年11月17日 (土)

メトロポリタンとリヒテンシュタイン

現在開催中の展覧会に行ってきました。
P1040944a 東京都美術館は4日の日曜日の午後3時ごろ。
連休は避けたかったのですが、諸事情によりそれしかなく。
行列はしていませんでしたが、混んでいました。
図録は重くなるのでクリアファイルとハガキを買って来ました。
ルーブルのときもいろんな物がありましたが、メトロポリタンもいろんな物がありました。
年代順に並べてはありますが・・・ドラクロワの隣にゴーギャンが並んでいて思わず、「あ~?」
もうちょっとなんとか・・・とか・・・
東京都美術館改装なりましたが、いつもなにかぎちぎち感があるのは何故だろうなぁ。(笑)

翌日月曜日は国立新美術館でリヒテンシュタイン展。

こちらはとにかく美しかったです。
展覧会もいろいろな物を見ましたけど、これはまた物が一段と格が違うと思いました。
具象の綺麗な絵が沢山。
そしてこれまた見たこともない美しい調度品が。
ヨーロッパが好きな人にはわくわくしちゃう物が沢山ありました。
電気がない時代には、あの金やつるつるの陶器も光を反射して輝いていたのかも?

大きなルーベンスの絵の前に立ったときは思わず、「パトラッシュ・・・ルーベンスだよ!」とか。(笑)これがネロがあこがれたルーベンス、とにやにや。
そして工芸品の中には貴石象嵌のチェストが。
色石を使って風景の模様が幾つも描かれていました。
こうした繊細な物は初めて見たかもしれません。

そしてビーダーマイヤーの可愛らしい2歳の候女の肖像。
なんと言ってもこれに一番癒されました。

ところで苦言を一つ。

折角こんなに美しい物を眺めてトリップしているのに、私の後ろからきた中年女性の二人連れ。
「あら、これ、陶板だって。」の一言で、展示物そっちのけですぐ会話に夢中。
それも、仕事上の同僚、または上司の愚痴を回りに聞こえるほどの音量で話していて、聞きたくもないのにだだ漏れ状態。
耐えられなくて、先のほうに行って逆に戻って鑑賞することにしました。

ああいうのはマナーに反すると思います。
友達同士で会ってストレスを解消するのはいいのですが、話に夢中になるなら、展覧会はご遠慮願いたいです。
極上の物を見られた良い展覧会だったのに、あの人達のために非常に不愉快でした。

アレさえなければ、とっても良かったのに・・・。

|

« 餅つきの似合う男 | トップページ | SONGS »

コメント

ぴろちゃん、ダメですよ、逃げ出しては、、、
泣く子もぴたっと黙るほどの一睨みしなきゃ、
だって、江戸でその人にまた遭遇するなんて
無いに等しいもの、、、。
折角の芸術の秋をぶち壊しですね。
私は食べる物だけの為に来週江戸へ、、、
食欲のって言えるほど食べられなくなったのが
悲しい。

投稿: Abi | 2012年11月18日 (日) 09時58分

Abiちゃん

こんなところで怒るのも勿体ない、と思うぐらい美しい物に囲まれていたのよ~。
一応、一睨みはしたのよ。
現在の日本から離れて遠く西洋の世界にとんでいたのに、そんな、勿体ない。
説教するのもごめんよ。
監視員もお静かに、とでも言って欲しかったわ~。

お江戸で美味しいもの食べてきてね。
お江戸ではどこの物でも食べられるからねぇ。
良い旅を、どうぞ。

投稿: ぴろ | 2012年11月18日 (日) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餅つきの似合う男 | トップページ | SONGS »