« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

興福寺から石舞台古墳へ

東大寺から興福寺へ。
Photo 興福寺では阿修羅王に再会しました。

今は国宝館に展示されていました。
写真は撮れませんが、最近のモダンな演出の展示でした。

ここでも鹿煎餅売りのおばちゃんに全く出会わず、売店のオバチャンも、「いつもその辺にいるのに、今日はいないねえ。」と言っていました。(笑)

奈良県庁の展望室に上って奈良を見渡して、次は明日香へ。

Photo_2 奈良から明日香へは意外と遠くて、車で案内して貰わなかったらとてもこんなに見られませんでした。ありがとうね。








Photo_3 普通横からみた写真ばかりなので、ちょっと変わったアングルから。
これは内部ですね。石が大きい。
明日香は丘陵地帯で、自転車で回るのは若いうちじゃないと、オバチャンには無理です。(笑)
地図だけ見てたんじゃ高低差はわかりません。
レンタサイクルは若いウチだけですね。


Photo_4 橘寺。

聖徳太子ゆかりのお寺。
山岸凉子の「日出ずる処の天子」を思い出しました。(笑)

いや~、明日香は産直の売店などがあって、すごく馴染み深かったです。
この辺とあまり変わらないんだもん。

このようにピンポイントで見てきましたが、明日香周辺はじっくり見て回りたいです。
見て回ると言うより、古に思いをはせるところなのかもしれませんね。

次はいよいよ大阪。happy01

| | コメント (4)

2012年3月21日 (水)

東大寺

春日大社から、東大寺へ。
修学旅行で歩いたときはどんなだったか、よく覚えていないんですけど。^^;
あのときは、興福寺→東大寺→春日大社だったかも・・・。

東大寺の参道を歩いていくと、これまた鹿さんが群れをなして道をふさいで居られました。
なんぞ話し合いでもあったんかいな。(笑)

A まずはやっぱり、南大門のでっかいコレを撮らねば。









Un この金網、邪魔だけど・・・仕方がないんだろうなぁ。
しかし、すごいなぁ、この迫力。








Photo そして、大仏殿。
この庭で、東儀さんなんかが舞を舞ったりしたんだよね・・・・。

そして、大仏様は変わらず大きかったのでした。
やっぱり、コレを見たら、鎌倉の大仏様はそれほど・・・ねぇ。

団体で行くとぞ~ろぞ~ろと連なって歩くのですが、朝の早い時間のため、まだ団体さんが動き出していなかったので、大仏殿の広さを実感しながら歩き、普段ならきっとこんなに見る事は出来ないであろう、柱にうがたれた穴もしげしげと眺めてきました。
勿論、立派な肩幅を持つ娘はくぐりませんでしたとも。smile

隅っこのお土産物も何となく冷やかし。
鹿グッズや、せんとくんに受け・・・修学旅行の子ども向けお土産に微笑んできました。

Photo_2 今回東大寺に来た目的はここ、戒壇院の広目天様に会うためです。(笑)

戒壇院の四天王様と言ったら、国宝ですぞ。

お隣(?)の幼稚園(?)のお子ちゃまたちの声をBGMに、仏像の周りを何度か行ったり来たりしながら、貸し切り状態で堪能して参りました。
生憎、広目天様はいつも左後方に居られ、ちょっと暗いところなので、見にくいんですよね・・・・・。
美術館でも博物館の中でもなく、本来あるべきところで静かに立っておられます。
今日も子ども達の声を聞きながら・・・・・。

あ、今は春休みで静かかも。(笑)

Photo_3 広目天様のクリアファイルがありました。
顔だけ見ると厳ついのですが、全体を見ると痩身で実にしなやかな無駄のない姿勢であられます。

裏側はお顔のアップです。

う~~む、改めて考えるとやっぱり誰かに似ている・・・・かも。

| | コメント (4)

2012年3月20日 (火)

春日大社

今回は大阪公演に娘と行くことになりました。

娘は修学旅行が沖縄だったので、昔なら誰もが学生時代に見ているはずの奈良も京都も見ていないのです。
それで、いつか関西へ行こうという話をしていましたが、まさか今年になるとは。

節約の高速バスは東京を出て奈良にも止まります。

折しも帰省中のお友達に案内していただき、スポット奈良観光をしてきました。

B まず、春日大社へ。

私は修学旅行で見たけど。

まだあさイチが放送中ぐらいの時間だったので、人気も少なく。






A 直江兼続奉納。

妻夫木聡じゃなくて本物の直江兼続が奉納した物が、目の前にあるなんて・・・・。
修学旅行で来たときは確かこんな表示はなかったぞ。(笑)





Shika 奈良と言えば鹿。
この鹿さんはずっと階段のしたにいたのだけど、気がついたら上って来ていました。

およ。

大社の巫女のお姉さんが、「大きい」と言っていました。
日頃見慣れている人がそういうのだから、間違いはないのでしょう。

普段、そこらに動物が歩いていることがないので、行く先々で気がつく鹿がそこここに。
そのたびに「あ、鹿」と言う始末。^^;
友達に、「いるのは奈良公園だけだから!」と何度も言われちゃいましたが、そういわれてもまだ言う。(笑)

鹿さん、食べ物くれないか、ときっと思ったのでしょうが、生憎どこにも鹿煎餅が売っていなかったのでした。
なんでかねぇ~。

| | コメント (12)

2012年3月19日 (月)

ふるさと

日記を書こう書こうと思いつつ、どこから何を書こうと悩みつつ日が過ぎ、とうとうDIVOも去ってしまいました。

今回のIL DIVOの来日公演にはサプライズが用意されていました。
それを早々と聞いてしまったので、なるべく黙っていようと思って控えていたのもあり、遅くなりました。

どこから書こうと思いましたが、まずはこれでしょう。

IL DIVOの来日公演が3月のこの時期に決まったと聞いたとき、「なんでこの時期に来るんだろう。」(そこだけは避けて欲しかった・・・)と思いました。

3月はいつも辞令の発表があり、いろいろと落ち着かない日々であります。
そして、去年の3月11日も発令の日でした。

あれから1年、まだ揺れ続けている日本にほんとうに来るの?と。

まず、そういう事情で私は発令前の大阪公演にいくしかありませんでした。
公演の日程発表とチケット発売が急でしたので、判断もほとんど即断で・・・。
もう少し、考える時間があって、いろんな選択肢があったら良かったと思います。
後悔はしていませんが、もっと行きたかった・・・。

コンサートの後半で、Sebがギフトがある、といいました。
曲の前奏で会場がどよっとしました。
知らない人の方が多かったためでしょうか。
IL DIVOは「ふるさと」を歌いました。

これが、さすがの歌唱力。
話す日本語は怪しくても、歌はちゃんと日本語なのです。
しかも、ちゃんとハモっているだけでなく、今までに聞いたことがないくらいドラマチック?な「ふるさと」でした。

それで、彼らは本当に、震災に合わせて、このタイミングで来日したのだと判ったのです。

さらに、本来はオフであろう11日にはFM番組に出演して生で歌ったのです。
そこまでするか。

私は車に乗って、よく入るところまで行って聴きました。(笑)
さらに娘に録音はして貰いましたが。

私が聴いた大阪公演の物ではありませんが、録音が上がっていますので、是非聴いて貰いたいです。
本来、公演の録音は禁止されていますが、これはほんとうに多くの人に聴いて貰いたいです。


うp主様、ありがとうございます。お借りします。

そして、IL DIVOのみなさん、日本のことをこんな風に思ってくれてありがとうございます。

まさか彼らが「ふるさと」を歌うとは思わなかったけど、彼らってほんとうに歌が上手いんだわ。

| | コメント (8)

2012年3月12日 (月)

フリージア

フリージア
お花屋さんへ行ったら、珍しいフリージアがありました。
そういえば、卒業式シーズンでしたね…。

| | コメント (4)

2012年3月11日 (日)

1年

3月11日がやってきました。
あれから1年。
ブログを読み返してみても、書けないことの方が多かったのに気づきます。
私の住んでいるところは、地震や津波よりも原発の影響が多大です。

SF小説や映画をよく見ていた私達夫婦は、全く興味のない人達よりも少しは用心深かったのかもしれません。
SPEEDIの情報が全く開示されないので、風向きの情報に気を付けたり、海外のサイトの放射能拡散シミュレーションなどをチェックし、避難区域向けの指示も念のため守っていました。

西風の強いところなので、少し安心していたところがありましたが、残念なことに雨、雪が降るときに海の方から内陸に風が吹き・・・・放射線の影響を受けることになってしまいました。

今日、震災を振り返る番組を見ながら、少し泣きました。
やっと少し涙が出ました。

私は震災で家族や財産を失ったわけではありませんが、安心して住める故郷を失ったのです。
低線量下での生活が健康にどのように影響するのか、正解は誰にも判りません。

震災を機に幾度となく歌われるようになった「ふるさと」

水は清きふるさと、と歌われると苦しくて仕方がないのです。
清いふるさとは無くなってしまったのです。

「汚染地」と呼ばれるのですから。

セシウム134の半減期は2年。
1年後、放射線量は少しは減っているでしょうか。

先日、京都へ行きました。

京都で見事な庭を見ました。
立派な苔が青々としていました。

私は説明してくれた人につい、言ってしまいました。

「大事に苔を育てていた人が、原発事故のおかげで全部剥ぐことになった。京都も福井で何かあったら無事では済みませんよ。」

京都と福井、近いですよ。
自分で言っておいて、怖くなりました。

| | コメント (2)

2012年3月 6日 (火)

ニョロニョロ

ニョロニョロ
福島にニョロニョロが増殖中。
思ったより大きいです。
移動はしません。

こんなものよりも、SPEEDIの情報がどこでも判るポストを作って欲しかったよね…。

この数値、高いですか?低いですか?

原発立地県の皆さんも早めに対策した方がいいんじゃないですか?

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

春の雪

春の雪です。

水分を含んで重いので、木がしなっています。

これだけ積もっても今日は暖かくなりそうなので、溶けてぐじゃぐじゃになるでしょう。
やれやれ。

20120303 暖かくなったり、寒くなったり、一日で10℃も違うと身体も大変です。
何を着ればいいのやら。

今日はひな祭りですが、家に女の子がいないと何か作ろうという気もおきません。

いけませんかね?coldsweats01

| | コメント (4)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »