« 及川浩治 クリスマス・ピアノリサイタル | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます。 »

2011年12月31日 (土)

試練

2011年も最後の日、今年は「試練」の1年だったかな、と思います。
人間、生きている間ずっと何事もなく過ごせるわけではないんだな、と実感しました。
まさか自分が生きている間に、千年に1回の地震に遭うとは思わないじゃないですか。

大分揺れの頻度はおさまってきた物の、最近は地震に敏感になって、揺れが来るとかなりびっくりします。
先ほどの地震にも心臓がどきっとしました。
今思い返すと、3日間常にバリバリという音とともに揺れ続けたあの日々を良く耐えたな、と思います。
今度有ったら黙って耐えられるか判らない。

年末に入って、震災を振り返る番組が多くありました。
津波にしても、原発問題にしても、振り返るにはまだまだ生々しかった。

遠くに離れている人は忘れかけているのでしょうが、福島ではまだ現実なのです。

東京から帰ってくるとき、関東から東北に入ってくると、山や木々が見えてきます。
家並みではなく、田んぼや畑や、自然が迎えてくれます。

原発事故以前はこの風景を見るとほっとしたものですが、今は悲しくて仕方がありません。

目には何も見えないけれども、確かに有害な物で汚染されてしまったのです。

この悲しみを共有して欲しい。

福島を閉鎖して欲しい、とか隔離して欲しい、というような過激なことを言う人もいます。
しかし、福島だけを隔離しても閉鎖しても、目に触れないようにしても安全が確保されるわけではないのです。
原発は全国各地にあるのですから。
福島の問題は、あなたの問題でもあるのです。

隔離、閉鎖は、もしかしたら正しい選択かもしれません。
しかし、それによって失われる物があまりにも大きい。
その負債を負う覚悟がある人が誰もいないから、こういう状況になっているのです。

簡単に、「避難すればいいのに」と言う人はその覚悟があるのでしょうか。
福島県200万人の人々の生活を人生を誰が背負ってくれるというのでしょうか。

「試練」はまだまだ続きます。
今年は更新も滞りがちで、なかなか言葉にまとめる気力もなくつまらない話題のブログになってしまいましたが、
ご訪問ありがとうございました。


来年はいい年でありますように。





|

« 及川浩治 クリスマス・ピアノリサイタル | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます。 »

コメント

振り返るにはまだまだ生々しい、、、、
本当にそうですね、失った物が大きすぎる、
多すぎる、、、、。
たまたまその時代に居合わせた不幸、災難
日本に住んでるかぎり地震には無縁で居られる
訳もないし、どこに不満をぶつけても天災には
歯が立たないし、、、、。
来年は悲しい事が起きませんように願うだけです。

投稿: Abi | 2011年12月31日 (土) 12時05分

年末になると、一年を振り返る番組が多くなり、
そんな中で、震災のことは、やはり避けて通れるものではなく、
でも、ぴろちゃんが言うように、そのことを振り返るには、
まだちょっと辛すぎるなぁと思っていたところです。
来年は、良いことばかりの一年になるといいですね。
そして、来年もまた一緒に遊びましょうねhappy02
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。

投稿: きよみ | 2011年12月31日 (土) 21時43分

Abiちゃん

まあ、千年に一度の地震にあたっちゃったワケですから、あんな揺れはもう生きているウチには来ないから、と連れあいが言います。
そうなんだけどね。
それに、そんな大きな地震でも、建物自体は結構大丈夫でした。
それは運が良かったと思います。

少し、良いことが多く起こるといいですよね・・・。

投稿: ぴろ | 2012年1月 1日 (日) 00時44分

きよみちゃん

いつもお世話になっています。
今年もよろしくお願いしますね。happy01

今年は良いことがあるといいねえ・・・。
誰か放射能除去装置を開発してくれないかしら。
それとも、ちょっとしっかりした政治家、出てきてくれないかしらね?(笑)

投稿: ぴろ | 2012年1月 1日 (日) 00時50分

東北と切れない関係になって、一年半、
ピロちゃんのこと、四六時中考えてるの。
福島産のトマトジュース飲んで、
福島牛6.8kg解体してローストビーフ作って、
Inawashirko's聞いて
あの日がどれほどとんでもなかったか、反芻しています。
来年は少しで良いから今年よりましであってほしい、
そんな風に初詣で拝んでこなくちゃ。

投稿: ゆ~こ | 2012年1月 1日 (日) 01時31分

新年です。
お久しぶりです。
今年が少しでも良い年になりますように。

昨年はいろいろ思いすぎて考えすぎて
落ち着く事ができなくなっています。
福島はここから300キロ。
遠いようですが、ちっぽけな国。
空も土もつながっています。
すべてを福島に押し込めるなんて事は
できないし やってはいけない。
ほんとに そう思います。
東北、北関東に住む方々の
そして 同業者の方々の苦しみと苦労。
想像するだけで 震えがきます。
自分だったら・・耐えられるのか どうするのか。
毎日考えずにはいられないのです。
受け入れること 、責任 を放棄するわけにはいかないですよね。

明るく前向きに。

今年も どうぞよろしく。


投稿: かろちゃん | 2012年1月 3日 (火) 09時05分

ゆ~こちゃん

まあ~、いつもありがとうございます。
福島牛6.8キロ、すごすぎる~~~coldsweats01
大体大丈夫だとは思うのですが、なるべく数値は確認してくださいね。
2,3年先どんなことになっているか・・・学者もいろんなことを言うので、何が正しいのか判りません。
時間が経つほど状況が厳しくなる、かもしれません。

今年は少しでも良いことがあるように、お願いしたいです。

投稿: ぴろ | 2012年1月 3日 (火) 23時35分

かろちゃん

私でもさすがにじいちゃんの作ったニラ、春頃は口に出来ませんでした。
家庭菜園の野菜、じいちゃんに数値を測れとはいえませんでしたからねぇ・・・・。

なるべく普通に暮らしてはいるんですよ。
でも、やっぱり自分の身は自分で守らなくてはいけないし、時間が経ったからといって状況が改善するでもない。

もう少しいろんな事が早く解決の方向へ進んでくれないと非常に困ります。

他の地域の方は聞きたくない話かもしれませんが、私は今年も多分、こんな事を何度か書いていくことでしょう。

こんな話ですみませんが、またコメントして下さいね。

投稿: ぴろ | 2012年1月 3日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 及川浩治 クリスマス・ピアノリサイタル | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます。 »