« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

試練

2011年も最後の日、今年は「試練」の1年だったかな、と思います。
人間、生きている間ずっと何事もなく過ごせるわけではないんだな、と実感しました。
まさか自分が生きている間に、千年に1回の地震に遭うとは思わないじゃないですか。

大分揺れの頻度はおさまってきた物の、最近は地震に敏感になって、揺れが来るとかなりびっくりします。
先ほどの地震にも心臓がどきっとしました。
今思い返すと、3日間常にバリバリという音とともに揺れ続けたあの日々を良く耐えたな、と思います。
今度有ったら黙って耐えられるか判らない。

年末に入って、震災を振り返る番組が多くありました。
津波にしても、原発問題にしても、振り返るにはまだまだ生々しかった。

遠くに離れている人は忘れかけているのでしょうが、福島ではまだ現実なのです。

東京から帰ってくるとき、関東から東北に入ってくると、山や木々が見えてきます。
家並みではなく、田んぼや畑や、自然が迎えてくれます。

原発事故以前はこの風景を見るとほっとしたものですが、今は悲しくて仕方がありません。

目には何も見えないけれども、確かに有害な物で汚染されてしまったのです。

この悲しみを共有して欲しい。

福島を閉鎖して欲しい、とか隔離して欲しい、というような過激なことを言う人もいます。
しかし、福島だけを隔離しても閉鎖しても、目に触れないようにしても安全が確保されるわけではないのです。
原発は全国各地にあるのですから。
福島の問題は、あなたの問題でもあるのです。

隔離、閉鎖は、もしかしたら正しい選択かもしれません。
しかし、それによって失われる物があまりにも大きい。
その負債を負う覚悟がある人が誰もいないから、こういう状況になっているのです。

簡単に、「避難すればいいのに」と言う人はその覚悟があるのでしょうか。
福島県200万人の人々の生活を人生を誰が背負ってくれるというのでしょうか。

「試練」はまだまだ続きます。
今年は更新も滞りがちで、なかなか言葉にまとめる気力もなくつまらない話題のブログになってしまいましたが、
ご訪問ありがとうございました。


来年はいい年でありますように。





| | コメント (8)

2011年12月30日 (金)

及川浩治 クリスマス・ピアノリサイタル

今年の髙橋大輔選手のエキシビションナンバーからたどり着いた及川浩治さんのピアノリサイタルがあり、行ってきました。
Oikawakouji 会場が教会と言うことと、バッハのコラール前奏曲639を弾く、ということできめてしまいました。

場所は東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂。

建物が丹下健三氏の設計による物で、打ちっ放しコンクリートの変わった建物です。
そこに値打ちが有るので、撮影禁止でした。
あとから絵はがきが売っているのを見つけましたが、時すでに遅し。
福島市音楽堂(タイル張り)のように良く響く会場で、こちらもほぼ満席状態。
あまり響く会場は本来はピアノ向きではないかもしれませんが、及川さんはこの会場になれているようでした。

しかし、バッハは教会によく似合うなぁ・・・。

やっぱりBWV639を生で聴けるのは嬉しかった・・・・。

前奏曲「鐘」も弾いていますが、アンコールはリスト「愛の夢第三番」
折しも浅田真央選手のお母様の訃報もあり、心がざわつきましたが、静かに祈りを捧げる夜でした。(無宗教だけど)

| | コメント (0)

祝来郡 栗コーダーカルテット

忘れもしない11月13日のこと、栗コーダーカルテットが郡山にやってきました。
郡山にあるプラネタリウムでコンサートがありました。

Q ちょうど私が列に並んだとき、前の数人の方の話し声が聞こえました。
すると、赤坂ブリッツのコンサートの話をして居るではありませんか。

思わず心の中でにやけましたが、表面上は何食わぬ顔をするのに必死。

まあ、まさかここでそんな方に出会うとは。

「私も行ったんです!」って何度言いたかったことか。(笑)

なんか嬉しいなぁ。
地元で栗さんたちに会えるなんて。
私も友達と聞きに来たかったなぁ、と思いましたとも。

プラネタリウムの席は220席ほどですが、ほぼ満席で、子どもも多く、家族連れが多かったです。
終わると面白かったねぇ、という感想も聞かれ、私も安心してしまいました。

2回目も聴いてしまいましたが、なんと隣に先ほどのファンとおぼしき方が座りましたので、声をかけさせていただいて、お話しすることが出来ました。

彼女はいわき市からお越しになったようでした。

プラネタリウムと栗さん達は実に相性が良く、こちらも手拍子を打ったり、楽しいひとときでした。

何よりも震災前と変わらない普通の風景と変わらなかったことが、嬉しかったです。

栗さん達も私たちも震災のことなど一言も口に出さず、いつも通りの変わらぬ演奏でした。

支援に来て励まして下さる方もいる。

けれど、どことも変わりなく同じように普通に来て普通に演奏して普通に帰る、普通に聴きに行って普通に帰る。

それで良いじゃないですか。

だって、確かに今、福島は普通じゃないのですから。

| | コメント (2)

顧みる2011 鎌倉の旅

翌日は鎌倉ですが、とにかく関東が冷え込んだ日でしたので、あまり歩かず、江ノ電に乗って鎌倉まで移動しました。
Photo え~っと、まずとりあえず大仏。

友達「おっき~い」
私「え、(思ったより)小さい・・・」

あれ?^^;

私はなんか、もっと大きいような気がしていたのよ。^^;
この日は雨模様なのに、遠足の小学生や、中学生が歩いていました。さすが観光地。

Photo_2
そして、鎌倉の本店でしか買えないグッズを買うためだけに(?)豊島屋本店に寄りました。
鳩三郎は娘のものになりました。






Photo_3 そして北鎌倉、円覚寺をピンポイントで観光です。









Photo_4 写真に撮ると紅葉もまだ良い具合に映りますね。









20111209a これはキレイに撮れたと思いますがいかがでしょう?









Kokuhou この鐘のあるところはめちゃ高いんです。
息を切らしながら上りましたよ。急な階段を。(笑)

でもさ~。このロープがなんだか無粋でしょ?
もうちょっとなんとかなりませんのかね~?




Kitakamakura ここの茶屋でお茶を頂いて来ました。
寒かったので、熱いお茶は美味しかったです。

本当は良いお天気のときに、ゆっくりあるきたかったですね・・・。
今度は違うところを見ればいいよね?

この後横浜へ出てサンマーメンを食べ、更に渋谷へ移動してこの旅は終わりました。
振り返ってみると、すごい駆け足だったね。
まあ、それはそれで。coldsweats01




おまけ。

Photo_5 東京は渋谷から行きはぐった豪徳寺です。










Photo_6










Photo_7 東京の紅葉って遅いですね。
でも、もう少し早く、ここの楓の紅葉がみたかったなぁ・・・・。

| | コメント (4)

顧みる2011 箱根の旅

12月、東京の教会へピアノを聞きに行くついでに、少し娘のところに滞在してこようと考えていた矢先に九州の友達からメールが来て、いきなり再会することに。
それがあまりにも急だったので、ほぼ行き当たりばったりな計画で出かけることになりました。
折しもお天気は曇り、雨で富士山が見えない。

まずは大船で待ち合わせ、小田原へ。
快速に乗ったはずが、トラブルで各駅停車になってしまい、約束より30分遅れとなってしまいました。

Pap_0004 例によって箱根のKちゃんに案内してもらいました。
お互い初対面なのですが、DIVO友はなんだかみんないい人だ。(笑)

箱根神社の大木が歴史を感じさせます。

ここでも中国人観光客に会いました。

単純な疑問なんですが、彼らはどうして大きな声で喋るんですかね?

こういう場所だと、日本人は大きな声では喋りませんよね。

何か感じる物はないのでしょうか。

バスの中でも電車の中でも携帯で喋っている人は大体中国語の人だったりするし・・・・。


20111208hakoneashinoko

何故か箱根芦ノ湖の、箱根神社の鳥居の近くにある「白猫明神」

ネットを検索してもいわれは不明。
昔どなたかが奉納したのだとか。

手塚治虫の短編漫画が元ではないかと言う説があり、それが当たらずとも遠からじ、といったところか・・。
この漫画も東京が核爆弾で壊滅する。
エヴァも現在の東京が壊滅した後の話で、箱根にはよく似合っているような気がします。
閑話休題

Photo さすがは有名観光地の箱根、雨でも楽しめる施設が目白押し。
今回はガラス館に連れて行って貰いました。
雨だったので、あまり写真は撮りませんでしたが、ガラスがたくさんで明るかった。(笑)

そうそう、ここでパスタのランチを食べたのだけど、お腹が空いていたので、写真も撮らずに食べちゃったのよね。

Pap_0005 デザートの写真だけは撮っておきました。

あはは。^^;

後は箱根のマイセン美術館も見ました。

古い和洋折衷の洋館をリフォームしたもので、建物も陳列物も素敵でした。

売店も見たのですが、とても手が出るような手頃な物はなかったですが・・・・。

ちょっと絵付けしてあるお手頃な値段のはさみが一番人気のお土産だとかで1本しか残っていませんでした。

いずこも同じなのね・・・・^^;

あとで「ビフォーアフター」の再放送を見てびっくり。

なんと、番組で庭をリフォームしていたんですね。

後編を見るのが楽しみです。

あとは小田原駅でお弁当を買って、ちょっとお茶を飲みながらおしゃべりをして名残を惜しみました。

お互いにそれぞれ遠いところに住んではいるけれど、会おうと思えば会えるものなのですね。

| | コメント (4)

2011年12月27日 (火)

顧みる2011 九州の旅

萩尾さんに会いに行った九州にはこれまた会ったことがない友達がいました。
これがネットの不思議なところ。
約束もなくいきなりメールしたのに、案内して貰いました。
いやあ~、九州の人っていい人だ~。happy01

Hakata_1 この川沿いの明かりが有名な博多の屋台。
2月末の夜の夜中、暖かくて汗が出ました。
東京並みに人が一杯。
人出が多くてびっくりした。







Hakata_2 不夜城。
まさしく不夜城。
博多の資料をほとんど持たずに出かけたので、訳がわからず。(笑)

ここのムーミンショップで娘に土産を買う。

夜の博多は東京とも大阪とも横浜とも違った。
大陸と近いんだな、となにげに思う。
空気が違う。

翌日、太宰府へ行きたい私を案内してくれるという友達。
これが、とてもありがたかったです。
自分で調べてはなかなかお昼までに帰って来られなかったと思います。
Dazaifu で、太宰府。

いや、私は太宰府は博多の隣にあるもんだと思っていました。
そしたら電車に乗って行かなきゃ行けないところだった。

太宰府には子どもにちゃんと勉強して貰いたかったから、子どもの分までお願いしてきました。
天神様も困ったでしょうが、受験を控えたお友達のお子様方の分も拝んできました。(お賽銭をちょいとフンパツしておきました。)

Omikuji おみくじ。小吉

「心だにまことの道にかないなば
いのらずとても神や守らむ」

うむ。なんだか拍子抜け。
ちゃんとやることをやっていればいんだよ、と言われたようでした。



Dazaifu_2 立派な鯉が。
梅がもうちょっと咲いていると良かったなぁ・・・。








Dazaifu_3 太宰府から動く歩道に乗って上るとそこは・・・









Dazaifu_4 九州国立博物館。










Dazaifu_5 ガラス張りの外壁に映るのは山と空・・・・。

見慣れた風景で、これにはちょっと安心しました。ここは日本だ、と思えました。

太宰府で聞こえるのは中国語が多かったです。

時間がないので、ここは売店だけ冷やかして雰囲気だけ堪能して帰ってきました。

太宰府は参道にお店が一杯並んでいるのと、博物館にエスカレーター(無料)で上って行くところが江ノ島に似ています。(笑)

そして梅が枝餅が、思ったより軽くてびっくり。

東北は餅もあんこもみっちりしているかなぁ・・・・。

Warabimochi 博多に帰って、美術館の向かいは「鈴懸」

ランチのデザートのわらび餅がこれまた絶品。
どこのわらび餅より柔らくて美味しかった・・・。

これは行かないと買えないので、ぜひまた行ってみたいと思います。



そんなわけで、いきなり初対面で挨拶して案内して貰った九州の旅。
再び美術館でもう一回原画展を見て、空港でタレ目のお面がついた煎餅を買って帰りました。
そのときは、次に会うのはいつのことになるかなぁ・・・・と考えていたのですが、まあ、これが不思議なことに意外と早く再会の機会はやってきたのでした。

つづく

| | コメント (2)

顧みる2011 空からの写真

萩尾さんに会いに九州へ出かけたが、そこはやはり飛行機でないと行けなかった。
泊付き格安航空券。結構あるもんだ。(笑)

Fujisan 富士山










Awajishima 淡路島?










Sanninn 山陽と山陰をわける山脈。雪化粧しています。









Fukuoka 福岡空港は町の中にあります。
デジカメがデジタル機器なのを全く意識しないで使用。^^;
何事もなくて良かった。







Unkai2 雲海










Unkai3 帰りはほぼ最後部の座席でした。










Tasogare 私は飛行機が嫌いじゃないみたいです。
飛んでいる間中、思う存分空の写真を撮りました。
夕暮れの時間帯を選んだのも正解でした。







Yorunotsubasa 夜の翼










出来れば夜の羽田も撮りたかったが・・・・^^;飛行機に乗るときはアナログ一眼を抱えて行かずばなるまい。(^▽^ケケケ

| | コメント (4)

顧みる2011 萩尾さんに会う

2011年も残すところあとわずか。
書いておかなかった出来事を書いておこうと思う。

今年は実にいろいろなことがあった。
ブログを何度か読み直してみたのだが、とにかく空白が多かった。
何も書けない日が続いた1年だったが、出来事は沢山あったのだ・・・・。

1月は病院通いで明けたが、2月、実は九州へ行った。
2月の末、九州へ1泊し、日記をまとめる暇も無く、3月1日卒業式、
4日運転免許を取得し、5日6日は引っ越し、と娘の用事が立て込み、私は熱を出した。
そして母の病院へ行き一息ついた3月11日、地震が起きた。

九州へ出かけたのは、萩尾望都の原画展があったからだった。
萩尾さんの出身地、福岡は博多の美術館で、
多分、美術館で開かれるのはこれが最後、という触れ込みだった。
行く予定の日がイベントのある日で、
なんとダメ元で出したハガキが、サイン会にに当選したのだ。(10枚は出したけど)

Pap_0000

かれこれ40年もファンをしてきて、生で萩尾さんに会える機会を初めて掴んだ。
これはどうしても行かなくては。
ちょっと無理を言って、出かけさせて貰ったのだが、地震が起きて、本当に驚いた。

Pap_0002

もし行かないで地震が来たら、後悔したと思う。
逆に地震が来て、行っておいて良かったと思った。

それとも、珍しく何かに当選したというのにはこんな意味があったのかと、後から思った。

そのときも、「明日何が起こるか判らないから」後悔しないように行動すると決めていたからだが、まさか本当に何かが起こるとは思いも寄らなかった。

そして萩尾さんがまさか福島が舞台の漫画を書くとは思いも寄らなかった。

関連記事毎日新聞 2011年10月27日東京朝刊(1ページ目が見つかりませんが)

萩尾さん、あのとき福島から駆けつけ、初めてお会いするファンも居たのです・・・・。

雑誌掲載時はとても平静には読むことが出来なかったが、単行本になる頃、少しは落ち着いて読むことが出来ればいいと思う。

最近はあまり漫画も読まなくなったが、萩尾さんの漫画だけはこれからも静かに追い続けると思う。

Pap_0001

| | コメント (2)

2011年12月26日 (月)

積雪

積雪
積雪といえるほど降ったのは今年初めて。
例年より遅いです。
雪の降っていた昨夜はとても静かでした…。

| | コメント (2)

2011年12月23日 (金)

クリスマス寒波

クリスマス寒波
寒いです。雪、飛んで来てます。
猫はストーブの前でぬくぬく。

| | コメント (4)

2011年12月15日 (木)

皆既月食

皆既月食の夜、千葉にいました。 昔、小学生の頃、夏休みに月食があり、近所の子ども達がみんなで観測しましたが・・・。 今回は寒いので、ちょっとだけ写真を撮りました。

赤い月が印象的でした。

次は11年後だそうです。11年後・・・どこで月を見ているだろうか・・・・。

Photo_2 A

| | コメント (4)

2011年12月12日 (月)

愛の夢

愛の夢
東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にてクリスマスコンサート。
今年はクリスチャンでなくても祈りを捧げたい気持ちです。
曲目には「鐘」が。
そしてアンコールには「愛の夢」!!
真央ちゃん…のスケートが目に浮かびました。
お母さま、どうぞ安らかに。

| | コメント (9)

2011年12月 9日 (金)

リアルサンマーメン

リアルサンマーメン
とうとう横浜でサンマーメンを食べる事が出来ました。
周りのお客さんもサンマーメンを頼む率が高かったです。
もやしはシャキシャキ、スープは濃くなくあっさり。
カップのもやしそばのようにクドくはなかったです。
美味しかったです。(^_^)v

| | コメント (2)

2011年12月 7日 (水)

東京なう

東京なう
東京なう
突然ですが、東京なう。(笑)

バス時間待ちの間にひとり都路里です。

大丸東京店限定メニュー。
卵とじ抹茶そば。さっぱりして美味しい。
家でも真似できそう。(^_^)v

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

師走

師走
12月に入って急に寒くなったので、猫もストーブの前に陣取っております。
お気に入りの毛布も出してやりました。


我が家でもファンヒーターを出しました。
節電して、まだコタツにはしておりませぬ。
いつまで我慢できますかねぇ…

| | コメント (6)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »