« 占い | トップページ | ロミー・シュナイダーの「シシー」 »

2010年9月 6日 (月)

採血室のイライラ

母の付き添いで病院へ通うようになって3年目。
毎度のことながら、2時間待って3分診療、さらに会計して薬をもらって帰るまでに1時間。
それなら早いほうだ。

大きな総合病院に通っているのだけれど、ここの採血室のシステムに毎度イライラさせられる。

ここでは最初に番号札をもらい、5人ずつ入室して採血してもらう。
ところが車いすの場合は出口側1カ所で採血することになっているので、そこがあかなければ何番になろうと呼んでもらえない。
たとえば続けて5人車いすの人が並んだら?
当然その1カ所に5人が並び、その後の番号の車いすでない人は先にやってもらえるというシステムなのだ。

さらに、その出口側の場所は車いす優先ではないので、先の番号なら普通の人もそこを使う。
そこがふさがっていれば、順番になっても入れてもらえないのだ。

今日は母の番号より20番後の人まで呼ばれるにいたって私も頭に来た。
そこまですでに40分以上待っていたのだから、順番を抜かされたら不愉快極まりない。

採血室では1日に400人以上の採血をするので、多分この方が効率がよいのだろうと思う。
その効率のしわ寄せが車いすの人に行っているのには全然気がつかないようだ。

車いすの人は必ずその場所でなければならない理由はどこにもないはずだ。
それは病院側の論理なだけだ。
そのとなりの席に案内して並べてやっても、順番なら当然なはずだ。
何のための番号札か。

母の後の番号が呼ばれたら、見知らぬおじちゃんが、
「番号(順番が)過ぎているんだから、声かけてやってもらいな。」とまで言ってくれた。
さりながら、言ってもそこがあかなければ、「次ですからお待ちください。」と言われておわりなのだ。
そこからさらに10番待った。
言うほうは簡単だ。だが。

なんぼ待ってると思ってんのよsign03annoy

そんなわけで、ちょっと血管切れるかと思った。

|

« 占い | トップページ | ロミー・シュナイダーの「シシー」 »

コメント

だ・か・ら・病院は元気な人が行く所だって(^。^)
それにもう一つ大事な資質は気が長い事(~_~メ)決して血管プッツンなんてしない人(@_@)
順番待ってる間にトイレに行くにも「行ってる間に呼ばれたらどうしよう」って、出るものも出ないかも(>_<)
お疲れ様、何か血圧の下がる物食べて(^。^)

投稿: Abi | 2010年9月 6日 (月) 17時25分

だよねー。納得できないよね。
うちの母も検診のたびに待ってるよ。
それに血液検査の結果でるまで1時間は待つしね。
病院なんだから車いすをもっと他のどこよりも配慮して不公平なしにしてもらいたいね。

投稿: まなみ | 2010年9月 6日 (月) 21時28分

Abiちゃん

血圧の下がる物・・・なんだろ・・・。
あ、今日はなぜか甘い物じゃなくて、プリングルスのいろんな味の¥98だったからかっちゃったわ。
やけ食いだったかな。^^;

投稿: ぴろ | 2010年9月 6日 (月) 22時00分

まなみちゃん

そうなの、予約の1時間前に採血を終わっていなくちゃいけないんだけど、午前中は込んでて、採血してもらうまでに小1時間かかってしまうの・・・。
だから、空いている遅い時間に予約を取ることも多いです。
でも、そうすると遅いといわれて、やっぱり混んでいる時間にくることになってしまうの。ーー;
人はいっぱいいるし、車いすは居場所がなくて肩身が狭いです。

投稿: ぴろ | 2010年9月 6日 (月) 22時08分

亀です。
ちょっとシステム悪すぎですね、むしろ車椅子の方は優先でしょう?
私の行っている病院も採血は半端ない人数です。
なので無駄だけど、診察日の一週間前に夕方ギリギリに行くんだ~。まぁそれでいいよと先生に許可もらってるんですけど、
予約の二時間前に採血すまさなきゃいけないから、採血も、すっごく待つし半日休暇ですまないんだもの・・・
で、診察は三分ですよね。なんだかな~とお世話になっているとはいえ思います(笑)
いや~でも、これはやっぱり言わなきゃわかってないな病院bomb

投稿: まいける | 2010年9月 8日 (水) 20時14分

まいけるさん

実はね、これ、要領よく采配してくれる人がいるとこんなじゃないの。
これだけのことでも、仕事できねぇな、と思っちゃうわ。
多分この前の人は融通が利かない杓子定規な人だったんだと思います。
混んでいてもちゃんと回っている日もあるんだけど、この日はホント、疲れました。

投稿: ぴろ | 2010年9月 8日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 占い | トップページ | ロミー・シュナイダーの「シシー」 »