« 敬老の日 | トップページ | 父と娘の会話 »

2010年9月21日 (火)

えらいこっちゃ・・・・???

今年は免許更新があるので、コンタクトレンズを新調しなくてはいけないかと思い、眼科に出かけました。

普通にコンタクトをして出かけたのですが、検査をするには外して1時間は後にしなくちゃいけないと言われて・・・・待ちましたよ。
お昼近くなのに。
お昼を挟んでやっと数値が出たところで、結局今までのレンズで0.9まで見えるので、作ることはない、という話に落ち着きました。

そこで、この際と思って、老眼鏡の度数を測ってもらいました。(爆)
+1.5でした。^^;

最後に診察となったのですが、私のド近眼の度数に驚いた先生が、
「眼底検査やってるよね?やってない?やったほうがいいよ!」と凄い勢いで言うので、ここまで来たらとことんと思い、検査もすることにしました。

ここで瞳孔を開く目薬を差したので、午後の部(2時)にまたいで検査となりました。
そこには見たことのない機械が。

「眼の断層写真撮りますね~。」と技師のお姉さん。
へ~。
時代は進んでいるのね。

程なく診察になりましたが、写真を見るなり先生は・・・

「あ~、これね。」(先生、心当たりがあったんだね?)

「この症状はね、70歳80歳くらいになると暗くなって、慣れた家の中では生活できるけど、外ではできなくなるね。」(先生、失明とは言わんのね。)

そのとき、私はなんと思ったと思います?
あ~、私は80歳までは生きてないでしょ、だったんだな、これが。^^;

いきなり脅かす先生もどうかと思うが、ちゃんと病名がついていて、
紙に書いてくれた病名は

網脈絡膜萎縮
硝子体黄斑牽引症候群

だそうだ。

強度の近視の人に起こる例が多いそうな。

実は30代に見え方が少しゆがんで見える部分があって総合病院の眼科に行ったら、毛細血管に出血がある、って言われたのですが、
「なじむまで放っておくしかない」と言われて放っておきました。

40歳になる頃、集団検診で「網脈絡膜なんとか」と言われたので、やっぱりまた同じところに行ったら、
これもまた何もすることはない、と言われたんです。

その話をすると、

「十数年前はそうでしょう。昔はわからなかったんです。今でも研究中なんですが新しい機械も出てきていろいろ判るようになったんです。」だって。

何だ、もしかして私は今判ってラッキー?

最初脅かされましたが、失明するかどうかはわかりません。
そうならない人もいるし、いかに予防するか研究中なのだそうです。

結局、半年に一度検査をして、観察することになりました。

私の左目は物心ついた頃からあんまり視力が出ていないので、左側が弱いのは慣れっこになっています。
左目の眼球が少し長いらしいです。

生まれつきなので、こんな話を聞いてもさほどショックではありません。

だから~。
今まで通り、見たい物は見るわよ~。(笑)

|

« 敬老の日 | トップページ | 父と娘の会話 »

コメント

ほんまにえらいこっちゃじゃないですか!
凄い病名にビビってしまいました(@_@)
私もついこの間瞳孔を開いて検査、、、
軽い白内障と言われ「手術とかするんですか?」と恐々聞いたら「不自由だなと思えばその時に」って、、、、(@_@)
半年に一度経過観察ってうっとうしいね。
せいぜい美男でも眺めて目に喜びをあげてね(^O^)

投稿: Abi | 2010年9月22日 (水) 06時40分

早口言葉のような病名だわ。
でも、今わかってよかったね。
医学は日々進歩ですから、
白内障の手術なんかも、今はダメージ少なく出来るし。
ちゃんと半年ごとに、通ってくださいね。

投稿: きよみ | 2010年9月22日 (水) 18時12分

失明なんてことになったら大変!
義母が風邪ひきから右目を失うことになって義眼だったの。
眼もいろいろな病気があるのね・・・
私なら検査もすっぽかしそうだけどpiroちゃんならそれは大丈夫。
検査って大事だって私に言われたくないよねwink、お大事にね。

投稿: まなみ | 2010年9月22日 (水) 20時06分

わぁ、ほんまにえらいこっちゃです。
ちゃんとこの後も見てもらって改善できたらいいですね!
美しい人を鑑賞してたら自然治癒力上がるかも?

投稿: March | 2010年9月22日 (水) 20時25分

Abiちゃん

白内障、緑内障も怖いですね。
仕方がないですね。
家族にこの話をしたら、娘に「また通う病院が増えたね。」だってさ。
連れ合いは「仕方がないよ、年取ったんだから。」だってさ。^^;

投稿: ぴろ | 2010年9月22日 (水) 22時30分

きよみちゃん

早口言葉みたいだよね~。
もうみゃくらくまく、って切るところがないから一気に言わなくちゃいけないの。
はい、ちゃんと行きますよ。
ブログで経過報告しますから。^^b

投稿: ぴろ | 2010年9月22日 (水) 22時33分

まなみちゃん

いやぁ、私もすっぽかしそうだよ。
次、3月なんか忙しいもん。^^;
でも、これは行くしかないよね。
すでに左目は見え方がゆがんでいるから、気をつけないとね。
ここは代替わりした昔からの眼科なので、主治医になってもらうしかないね。^^;

投稿: ぴろ | 2010年9月22日 (水) 22時38分

Marchさん

これ、本読んだり、根詰めて仕事(レース編みとか裁縫とか)したりしない方がいいですか?と聞いたら、スルーされちゃったよ。
どうしたら予防できるか、遅らせるか判らないみたいよ。
だから、あんまり心配しないんだ。
こういう眼を持って生まれて来ちゃったから、仕方がないのよ。
死ぬまでちゃんと見えているかもしれないし、余計なこと考えて暗くなることはないと思います。

投稿: ぴろ | 2010年9月22日 (水) 22時42分

亀ですみません。
医学が進歩すると、昔はただの「痛い」「変」だったのが、ちゃんとした病名を持ったりするよね。
うちのだんなも義母譲りで人より眼球が大きく、この年でまだ近眼が進んでるんだって。
検診、ちゃんと受けてね。
ほんとに今のうちに綺麗な物みとかなきゃ。

投稿: ゆ~こ | 2010年9月28日 (火) 06時43分

ゆ~こちゃん

おや、ご主人も近視が強いのですか?
40歳過ぎても度が進むようだったら、ご主人もお気をつけて。
眼底検査してみてください。
会社で健康診断しているかな?

もう人生折り返しだしね~。scissors

投稿: ぴろ | 2010年9月28日 (火) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敬老の日 | トップページ | 父と娘の会話 »