« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

ヤケ買い

ヤケ買い
ヤケ買い
口から火を吐きそうだったので、美味しい(そう)なもの買ってしまいました。(^。^;)
ガオ〜〜〜〜〜!!!

| | コメント (6)

2010年4月26日 (月)

三春滝桜

100426takizakura近頃はTVでも大分有名になりました、三春の滝桜に行ってきました。
近くなのにも関わらず、行くのはかれこれ・・・・・約30年ぶり^^;

昔は桑畑の真ん中にあり、枝の下まで行けました。

最近は綺麗に整備され、駐車場には他県ナンバーの車の方が多かったです。
月曜日の午後というのに、結構人が多くてびっくり。
そして立派な三脚を立てている人も。そういうポイント近くで撮ると、やっぱり景色がいいのです。
ところが、きみまろちゃんにメモリーカードを差していくのを忘れ、今回は携帯で撮ってきました。←お馬鹿^^;
100426b 横から。

斜面になっているのがわかると思います。
やはり、満開になっていると迫力が違います。
樹齢千年以上と言われています。
こういうのを見ると、ほんと人間て小さい・・・・。

一回りして帰ってきてしまいましたが、人が多くなければ、周りの桜の下で、飽きるまで眺めていたいものだと思いました。
明日はお天気が崩れるようですが、もう少し咲いていて欲しいな・・・・・・
100426c 裏側も高いところから見下ろせます。

この地域は里山に桜が沢山植えられていて、年を経た桜が多く、現在は○○桜と名前がついて案内されています。
一本桜だけでなく、あちこちに桜色の塊が見られます。
周りはまだ枯れているだけに、桜や菜の花の黄色が眩しいです。
南東北は花の季節になりました。

是非、写真をクリックして大きくしてご覧下さい。

| | コメント (10)

2010年4月22日 (木)

またもや桜に雪

100422cまたもや雪であります。
丁度満開になった桜に、なんということでしょう。
重い雪で、ソメイヨシノも枝垂れ桜のように枝が下がっています。






100422b

可哀想に折角開いた花がチルド状態。
重そうです。










100422d 満開の桜に雪、まさかこれから毎年?なんてことあるまいな・・・・。









100422a

昨日はこの下を沢山の人が歩いていたんですが、今日はさすがにそんな人はおりませんでした。
わざわざ写真を撮りに来たのはTV局と、私位でしょうか。(笑)

この前降ったときは、もうこれでお終いかと思ったのですが、まだ降るとは・・・・・想定外でした。
今朝は雨だったのですよ。
でも、朝7時、娘を学校へ送って行く途中、いきなりフロントガラスに当たるしずくが塊になり、ぼっさぼっさと雪になりました。
段々気温が下がっていって、これは午後3時頃。
この後雨になりました。

ふ~、今年は変な天気です。
まだまだ冬物しまえません。

| | コメント (3)

2010年4月18日 (日)

クラシカル・ヴォイス

クラシカル・ヴォイス
噂の日経BPムック、密林より到着。
久しぶりのメディア露出は嬉しい限り。

う〜ん、だけどPさんとかSBさんとかの大きな扱いには正直疑問が…
SBさんはクラシカルクロスオーヴァーの人なのかな…
確かに紆余曲折してセンセーショナルなデビューを飾ったけれども、もっとちゃんと勉強して実力もある人もいるだろうにあのページの割き方はどうだろう…
しかし、この本、何がしたかったのかな…VOL.1って、次はあるのだろうか…
大体、元々のクロスオーヴァーファンには目新しいことはないし、最近興味を持った人向け…?
名曲ランキングぅ〜?


自分で宝石を探すのが楽しいんじゃんねぇ?

| | コメント (4)

2010年4月17日 (土)

桜に雪

100417a雪です。
娘を学校に送って行くのに外に出たら、吹雪いてました。

桜に雪、こんな景色はいままでにあったかなぁ・・・。
これほどの雪はなかったでしょう・・・。

今年のタイヤ交換はいったいいつになるのだろうか。
さすがにGW頃には?^^;

| | コメント (6)

もいちどあなたにあいたいな

51kl1j844hl_sl500_aa300_久々の新井素子の本を読みました。
これも新聞に載っていたモノで、新井素子の写真入りインタビュー記事でした。
新井素子・・・・・・・^^;
自分と同じように変わっていた・・・。
でも、変わってもいなかった。髪型とメガネが・・・。
すでに書いたエントリーの「古書の来歴」と一緒に図書館で借りたので、読んだのはかなり前。
しかも、あっという間に読めてしまったのに、なかなかこうして書くタイミングを外していました。

多少ネタバレになるかも知れませんが、私が感じたのは本筋とはちょっと違うところ。
しかし、何故か「古書の来歴」とも重なる母と娘の設定。

「古書の来歴」のほうも本筋とは別に主人公は母との葛藤が描かれ、こちらの方も主人公は、母ではなく叔母に養育された状況になってしまっている。

できちゃった学生結婚の夫婦は実家で親と同居、生活のため共働き、娘の養育は父親の妹(そのとき高校生)が負うことになり、それが母と娘の深い溝になる。

母業をしてきた私にはこの設定が薄っぺらく感じられて仕方がなかった。
娘を預けて働かざるを得なかった母の気持ちも勿論一人称で語られる訳なのだが、納得できない。
そもそも夫も甲斐性なさすぎだろうと都合のいい設定にイライラ。

本筋の方もオタク青年に謎解きされちゃって・・・・いや、SF読みならもともとオタクだから、説明されなくても予想がついたけどね。

新井素子の文章というのは「あたし」の喋り言葉で書かれている。
デビュー当時はほぼ同じ年頃だったから、それも違和感なく読めたのですが、50になってからはさすがに読んでいて辛かった・・・・。疲れた・・・・。

同じ時期に借りた本が両方とも女性の仕事と子育て、生き甲斐と家族について考えさせられるものだったことに少なからずショックを受けたのでした。

子どもには保育者が必要だが、それが母ではいけないのか。
仕事は保育よりも重要なのか。

私には解らない。



| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

テーブルセンター

100411a小林恭子さんデザイン(優美なレース編みより)
マーガレットをイメージしたテーブルセンター。
出来上がり53cmは初めての体験。
アイロン台からはみ出す大きさは仕上げが大変・・・^^;
スーピマレース20番という太い糸を使っているので大きくなるのは必然ですが、この編み心地が柔らかくて滑らかで、気持ちいいことこの上なかったheart01(どうやらこれを編もうと買っておいたらしい自分。でもすっかり忘れてた。)
縒りが甘いので糸割れは多少ありましたが、するするきゅっ、という感触が伝わって出来上がるのが惜しい気がしました。(笑)
100411b この中心部分のピコットが辛かった~(笑)
最後の段もピコット仕上げ。
もう、泣くしかない。coldsweats01
いつもは仕上げになるとやる気になるのですが、今回は3回ぐらいに分けて、気分を変えてようやく出来上がりました。
しかし、これが似合うようなテーブルはないし、「どうするのそれ?」と言われる始末。
まあ、丸いバスケットの被いくらいにはなるであろう・・・・。catface
編むことに意義があるんだから、いいのよ。

| | コメント (6)

2010年4月 9日 (金)

誕生日

100409今日は娘の誕生日でした。
今年はヨーグルト屋さんのムースケーキにしてみました。

ふう。
昼間は母の病院があったので、家に帰ってきたら何だか疲れて、シフォンケーキを焼く気にもなれなかった・・・・・・・^^;

朝、「ケーキよろ。」(ケーキヨロシク)と言われて行かれちゃ、何か用意するしかあるまい・・・・。

しかし、ヤツは「眠い」と言って一切れ食べて早々と寝た。

・・・・・成人したら、誕生日は母に感謝して貰おうか。gawk

| | コメント (13)

2010年4月 4日 (日)

あれとかこれとか

Mao私はあんまりこういう本は買わないのですが、オリンピックが終わった後でた「Number」

たまたまコンビニで見かけたのですが、真央ちゃんの笑顔がすごく良くて、つい買ってしまいました。
SPのときはぴょんぴょん跳ねていましたものねぇ・・・・。
何と言ってもこの細さ・・・・・・・^^;脱帽です。
こんなに細いんだねえ・・・・。

手前のB6判の本は、真央ちゃんをサポートしているウイダーチームの牧野トレーナーと栄養士の河南さんのお話です。
今シーズンはなんだかいろいろ切なかったので、せめてなにかいい話を読みたかった、と言えます。
継続してサポートが決まったようなので、これからもよろしくお願いします、って感じですかね~。
しかし、真央ちゃんに「恋をしなさい」とタラソワコーチが言ったそうですが、これだけ牧野さんがくっついてたら、それは無理なのでは・・・・^^;なんて。
ちょっち、宗方コーチと岡ひろみを思い出しましたが・・・^^;

今日はBSで、世界フィギュア男子フリーと女子フリーを見ました。今度はさすがに両方の表彰式入りました。かなりきつきつでしたが、君が代を歌う真央ちゃん、ウィニングランの真央ちゃん、放送されました。
しかしやっぱり・・・・・男子で4回転ー3回転ー3回転跳んだ人が144点強。女子の150点がいかに異常すごいか・・・・もご。

明日のエキシビション放送、楽しみだな~。

フィギュアのことはほんのちょっとしか書かない私のようなブログにも結構アクセスがあり、驚いております。

なるべく検索ワードに引っかからないように書く小心者なのですが。(笑)

かなり専門的に解析されているブログなどもありますが、元有名選手のT様のこちらがなかなかよかったです。ご自分の体験談なども書かれてあり、今回の織田君の気持ちももしかしたらこんなだったのかと想像できます。織田君、関大で笑顔でしたね。よかった。

| | コメント (8)

2010年4月 1日 (木)

信用できない

フィギュアスケートのシーズンが終わりました。
終わってみれば、ジュニアシニアともに男女制覇、という驚くべき成績。

まずは優勝おめでとうございます。
お疲れ様でしたsign03

今時アベック優勝なんて表現を使うのか?と娘と話題になり、「死語じゃね?」とかいっていましたらば、TV画面にでかでかと出て思わず顔を見合わせて苦笑いしました。

27日の深夜、早々と結果はわかったわけですが、どうして「優勝おめでとう」というエントリーが出来なかったかというと、TV放送までに丸1日弱の時間があってその翌日のTV報道などを見ていて血の気が引いたというか、恐怖したというか・・・・・。
何度も、頭の中で下書きをしたんですよ。
でも、冷静に理論的に書く自信がなかった。

髙橋選手の時は早朝からLIVE放送だったのに、女子は速報はしたものの、翌日の夜まで放映は無し。
放映権を持っているTV局が放送しないもんだから、各局のニュースで映像は使えない。よその局はSPの映像を使っていましたね。
今はネットの方が早いですから、CS放送やストリーミング放送を見ていた人からの情報はどんどん上がって来ていました。
結果はわかっているけれども、やはりTVの大きい画面で見てみなければ、夜を待ちました。

キスアンドクライでの浅田選手の表情、忘れられません。
採点の話はまた別にするとして、表彰式、唖然です。
普通、日本人が優勝したときに表彰式をちゃんと流さない、ってないでしょうよ。

そしてエキシビション放送が・・・・・31日深夜、つまり4月1日の午前2時からの放送。
地方の系列局の我が県では新聞の番組表にでていませんでしたからおそらく放送されていないと思います。
こんなことあるでしょうか。
男女アベック優勝(笑)した国の放送なんですよ?
フィギュアスケートが日本ではマイナー競技だとしても、世界でトップレベルの選手がいるのに・・・・・・

BSフジでまとめて放送がありますから、そちらを見ますが、地上波頼みの方もいるわけで、こういう放送をするなら放映権なんかとって欲しくないと思います。
NHKで放送して欲しい。

ホントに見たければお金を出してCS放送を見ればいいと言うことかも知れませんが。

そして、月曜日の各局の報道です。(NHK除く)

呆れました。

どの局も基本的に「オリンピックの金メダリストに何が起きたか」
そして「浅田真央は真の女王か」には心底恐ろしくなりました。
絶句、です。

オリンピックに出場した後世界選手権に参加した選手は皆同じでしょう。
その中で皆全力を出しているのです。
一人の選手だけことさら強調されることではないです。

そんなことよりも、安藤選手や鈴木選手の事も報道して欲しかった。
報道ってそういう事じゃないのですか?

今まで他国の金メダリストのことをこのようにしつこく報道したことがあるのでしょうか。
ここは日本という国ではなかったのですか?

何かがおかしいです。



| | コメント (6)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »