« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日

0912312009年の12月31日月は薄い雪空の中で見えています。

今、紅白を見ながらお煮しめをつくっていました。なんだかんだで今になってしまいました。明日は夫の実家でお正月です。

1年が早いですね。
毎年毎年早くなっていくようです。特に今年は11月くらいがクリスマスで、クリスマスの頃はもうお正月で・・・娘は福袋も大晦日の今日、買ってしまいました。^^;
世の中前倒し前倒し、でしょうか。
さて、今年の目標、何か立てたんでしたっけ?^^;
とにかく、今年も無事に過ごせた、それが一番かも知れません。
自分自身は体調が悪くてちょっとしんどかった。
でも、なんとか行きたいと思っていたところには行けたし、コンサートにも結構行けた。
DIVOも見られたし、なかなか頑張った年だったんじゃないかと思います。
来年は何が待っているでしょうか。
091231luna 今年最後の月はほぼ満月なのだけれど、雪雲で微かです。
2010年1月1日は満月で月蝕があるらしいですが、この分では見えないかも知れないですね。
コンサートのレポも、音楽の感想も、読んだ本のことも、空の写真もやり残してしまって、宿題を終わらさないうちに1年が終わってしまった感じ・・・^^;
来年はもう少し真面目に更新したいと思いますので、また訪問して下さいね。
それでは皆様、よいお年を。

| | コメント (2)

2009年12月29日 (火)

ぶたのコロッケ

Photoかわいい豚のコロッケをあむっと食べちゃいました。
きむかつ

全然知らなかったのですが、今年地元に出店してきたお店だったのです。
地元百貨店で最後の1箱を買ってきました。

昔おにぎりで猫を作ったことがあったけど、コロッケで豚かぁ。
とんかつ屋さんだから豚なのかな。
娘は耳とかしっぽとかディテールに感動。
オーブントースターで温めましたが、みっちりした具にまた感動しておりました。
お店に1度、行ってみようかな。

| | コメント (2)

2009年12月28日 (月)

プッチンプリンいちご

Photoプッチンプリンのいちご味、食べましたか?
東北地方では販売中止になった模様ですが、店頭から消える直前に2個買っておきました。

ハッピーサイズの400gなので、子どもたちと4人で食べました。(念のためsmile

星形ナタデココは食材の卸屋さんの処分品。
楽しい、カワイイ。

イチゴミルク部分が全く毒々しくなくてこれまたカワイイheart04
あまりの人気で東北地方出荷停止になりましたとさ。
味見できてよかったよかった。

| | コメント (2)

2009年12月26日 (土)

リコーダーコンサート

091223吉澤実&栗コーダーカルテットリコーダーコンサートへ行って来ました。

ず~っと生の演奏を聴いてみたいと思っていた吉澤先生の音をやっと聴くことが出来ました。

初めて吉澤先生を知ったのはかれこれ20年前の子育ての頃。
教育TVの「ふえはうたう」という番組でした。
そのとき聴いた先生のリコーダーの音がとても美しくて感動して、以来ずっと忘れられなかったのです。
その音は、小学生が出す音とは似ても似つかぬ、深くて穏やかで優しい音でした。
小学生向けのこの番組を欠かさず見ていたように思います。
だから今でも「吉澤先生」なのです。(笑)

実際に吉澤先生にリコーダーを習っていらっしゃる友達と知り合ったときは本当に驚きました。そしてと~っても羨ましかった。bleah
それから彼女を通じて、少しずつ先生の情報が入ってくるようになりました。

今年はNHK教育TVの趣味悠々という番組も持たれ、拝見する機会も多かったのですが、極めつけはこのコンサート。楽しみに楽しみに待っていたのです。

11時の開場の前に並んで待っている時にリハーサルを終えた栗コーダーの面々と先生を拝見することが出来ました。
そして“柱の陰からそっと”見るだけで良い、なんて言っていたのに、1人最前列の左端に座ってしまいました。coldsweats01

栗コーダーカルテットは11月にライブを聴きに行ったばかりだったのですが、なんだか聴くほどに面白くなって、まるで中毒のようです。
栗原さんのリコーダーの音は非常に特徴がありますが、もしかしたらわざとそこを狙っているのかなぁ、なんても思うんですよね・・・。
近くで見ていたら、川口さんの笛の指の動きは何かパーカッション的だナァ、なんて思ったりして。

緩いトークと温い演奏(笑)でも、とても暖かい音。
吉澤先生の美しい音と軽妙なトークのギャップに大笑いして涙が出ました。
生で聴いて初めて小さいリコーダーの音の大きさがわかりました。
そして前衛的なリコーダーの演奏まで聴けて感激でした。まさか聴けるとは思わなかったので。
そして最大の収獲はなんと先生の演奏が入ったCDが付録に付いているという雑誌が発売中だというお知らせ。(先生自ら宣伝^^;)

ああ、本当に行ってよかった。lovely
予想しないほど盛りだくさんで楽しかったsign01

あんまり嬉しくて友達と銀座でスキップしちゃった。smile

来年も行きたいな~、行けたらいいな~、いや、きっと行くゾ~rock

| | コメント (4)

2009年12月25日 (金)

萩尾望都原画展

Hagiomotoデビュー40周年記念萩尾望都原画展に行って来ました。
丁度、東京へ行く予定にしていた期間の開催に迷わず、「行く!」と叫び、そのタイミングの良さに感謝感激。

思えば私もファン歴37年くらい・・・・・。
「萩尾望都」は私の青春でもありました。
ちょうど中学生の頃の連載は毎月発売日を心待ちにし、なんどもなんども読み返し、しまいにはセリフも場面も暗記しちゃったほどで・・・・・・・^^;
雑誌予告に使われる小さなカットも、あれはこの話のこのカット、とすぐにわかったほどの・・・・マニアでした。

それほどのマニアでも原画を見るのは初めて。

いやぁ、カラー原稿の綺麗さと言ったらsign03絶句。
印刷されたものとは全く違います。
持って帰りたいぐらい、綺麗。
こんなに美しいものだったのかと40年で初めて知ったのです。
その長い間に複製原画が発売されたことがありましたが、
やっぱり複製は複製。
線の細さとか、色のにじみ具合とか・・・原画の持つオーラが燦然と輝いていました。

その原画に添付された原稿返却の札。
萩尾先生直筆の注意書き。
「原稿にはさみを入れないこと。切り離さないで。」

原稿を大事に大事に保管されてきたのが伺えます。
(そんな方でも原稿紛失の憂き目にあった作品があることを私は知っている)

年代別に並べられた原稿を見ながら、いきなりそれを読んだときの気持ちを思いだして、泣きそうになりながら眺めてしまった。
ポーの一族連載中の頃に父を亡くした私には、
生命とか、時間とか、存在とか、孤独とか、
作品の言葉は深く深くしみこんでいったのだな、と改めて思いました。

萩尾先生にもファンにも等しく40年の時が流れましたが、原稿はさらに輝きを増しているようでした。

東京に住んでいたら、毎日見に通ってもよかったくらいで、
また開かれれば見に行きたいと思っています。

何故、そんなに好きなのか私にはわかりませんが・・・。
萩生先生、また原画展やって下さいね。

| | コメント (2)

2009年12月22日 (火)

富士山

富士山
今日の富士山
行こうと思えば行けるもんですね。
今日は穏やかな富士山
運良く晴れ。
私は歓迎されたのかな。

東京に出て行くのに慣れてきた私は、その先まで足を伸ばしてみることにしました。

箱根の宿は敷居が高そうと思っていましたが、じゃらんで検索してみたら、¥5000程で素泊まりできる所がありました。

天然温泉露天風呂有り。畳にお布団の和室。それは私にぴったりではないですか~。

そして、交通手段は新宿から出ているバスが¥2000かからず宿まで2時間半ほど。それなら行けるかな、と思ったんですよね。

おそるおそる、家族にお伺いをたてると、「ご飯を作っておいてくれるならいいよ。」という返事。

そこでカレーと豚汁を作って、洗濯物を畳んで、アイロンをかけて出かけたのでした。

東名高速を走るバスから見える富士山の姿が次第に大きくなって行くのをわくわくしながら眺めて、眠る閑もありませんでした。(笑)

宿まで行くつもりが、運良く仕事が休みになったお友達が御殿場で出迎えてくれたので、予定を変更。後はお任せして案内していただくことにしました。

いつも富士山の写真を送ってくれていたKちゃんが、撮影ポイントを案内してくれました。

この日は暖かく晴れて、富士山に雲が全くかかっていなかったのでした。

雲があっても良い風情ですが、そういえば以前のDIVOのコンサートの帰りの飛行機から見た時も快晴で、こんな静かな富士山だったな、と。

Photo_3 箱根スカイラインの三国峠から撮影。

スカイラインは数々あれど、これぞスカイラインというのはここではないかと思えます。

山、空、海、太陽、そして月。

雄大な景色は地上の細かいことを忘れさせてくれます。

Photo_4 ここでも月は変わらずくっきり見えます。(当たり前^^;)

Photo_5 ただ落ちていく太陽と、急激に下がっていく気温が時間を感じさせました。

空好きの私たちには極上の贅沢でありました。

前日までの荒天が嘘のような静かな晴れ、お休みになった友達、いろいろな偶然が重なって、このときそこにいてこの時間を持てた、そのことに感謝したいと思います。

勿論、案内してくれたKちゃんにも。ありがとうございました。happy01heart01

夜は星空を眺めながら露天風呂に浸かりました。

大涌谷から引いているという温泉は白い濁り湯で、ぬるぬるとし、しょっぱいので身体が浮いてひっくり返りそうになりながら入ったのでした。

初めての箱根は観光ではなく、1泊の湯治でありました。(1泊で湯治って言うんかいな。^^;)

| | コメント (4)

2009年12月18日 (金)

紅ほっぺ

Photoイチゴの季節になりました。

これは『紅ほっぺ」という品種です。
果肉は赤く、香りが甘~い。
直売所から奮発して買って参りました。
お友達に食べさせたいけど・・・
この季節にぜひ、いらっしゃいませ。
イチゴと温泉で雪見酒。
私は飲みませんが。happy01


Photo_2 先日、お友達と話題になった「幻の白イチゴ」
彼女は昔、地元百貨店で白イチゴを買って食べた事があるのだそう。
ものすごく美味かった、って。
しかし、最近は見ていないそうです。
コンビニで見かけたので、チロルチョコ買ってみました。
あんみつの方はあんこが粉っぽくてイマイチでした。

091217yuki 昨日はハラハラと雪が降りました。
寒い!

| | コメント (7)

2009年12月15日 (火)

今度はブラームス

Brahmsこの前シューマンのアルバムの話題を書いたばかりなのですが、今月新たにもう1枚、こちらはドイツのレーベルのCDが出ました。
HMVさん、ありがとう。happy01

まだどっぷりシューマンをヘビロテ中なのでコメントは出来ませんが・・・^^;

去年の6月には日本に来ていたんですよね。
その後レコーディングの嵐だったわけですね。
その結果がこの枚数。実に4枚。

いやあ、仕事しているなあ!

| | コメント (4)

2009年12月 9日 (水)

海のエジプト展とトリノ・エジプト展

2DIVOのコンサートの日、海のエジプト展を見に行きました。

午前中に横浜まで足を伸ばしました。月曜日なので空いているかと思ったらさにあらず。
結構な人出でした。

会場入り口のバーチャルな水の映像は、障害物に反応し、まるで水際で遊んでいるかのような感覚で、しばらく行ったり来たりしてしまいました。

大きいものと小さいものの差がものすごく大きい展覧会でした。
メインのファラオ像を見ながら、
「Ursの胸板みたいだよね・・・」
「でもUrsは・・」
二の腕こんなもんじゃないよね。」(笑)

他の人が遠巻きに見上げているのに、脇に立って大きさを実感して参りました。

小さいものを見ていると、エジプト人も日本人もあんまり変わらないような。
八百万の神様がいる日本と、沢山の神様がいるエジプト。
同じだよね。

Photo ほとんど目玉のフィギュアのガシャポン。
これ、ちょっとヒドイ商売だよね。

どうしても出なかったスノードーム、お友達に譲って頂きました。

海のエジプト展なら、やっぱりこれが無くちゃsign03

ありがとう~paperようやく完結。happy01


さて、続いて翌日は上野でトリノエジプト展。

Photo_2 海のエジプト展で希望の品を手に入れられなかった反動か、重いのに図録買ってしまいました。

山岸凉子のイラスト入り限定チケットを購入したのですが、入り口で交換してくれなくて焦りました。
こちらから確認して交換して貰いましたけど、忘れてたらがっかりするところでした。
でも、お土産でその図柄のクリアファイル売っているんだもんなぁ・・・orz

会場はこのところ行く頻度が高い東京都美術館。
あの古びた美術館が、なんとまあ、モダンに変身していました。

トリノ・エジプト博物館の内装を模した展示で、お金かかっている(?)・・・・^^;

暗い鏡張りの内装は時に合わせ鏡のように果てが無く、現実の世界からすとんと落ち込んだような気になりました。

黒光りする大きな人型棺の蓋。
その大きさと美しさにぞくぞくしてしまう。これが2600年以上前に作られたものだとは・・・

そして葬送用模型船の向こうに壁には大きな月のような明かりが。

もう一つ印象に残っているのは焼け焦げた彩色木棺。
その木棺が今ここにある来し方に思いをはせて、しばらく裏表見入ってしまいました。

すでに行ってきてから3ヶ月経ってしまいますが、年内に書けてよかった。
あ~、宿題終わらせた感じ。(笑)

| | コメント (8)

2009年12月 8日 (火)

見上げれば飛行機

091208a交差点で見上げると飛行機が飛んできていた。丁度光が当たって輝いていた。
























091208b ちょっと先まで見送って歩き出したら、もう一機。

飛行機雲並んだ。






















091208c さらにもう一機。

2本目はすでに流されて微か。























ほんの数分の間に北へ飛ぶ飛行機がこんなに。
さらに歩き出すともう一機飛んできた。^^;

15時半周辺の数分、空は飛行機ラッシュだった。
そんな短い時間の間に密集しているとは知らなかった。

今日は晴れているから月が見えるかな。
今晩は冷えるかも知れない。

| | コメント (4)

Martin HelmchenのSchumann

Schumannつい先月室内楽のCDが発売されたばかりなのに、畳み掛けるように発売されたアルバム。シューマンとドヴォルザークのそれぞれ唯一のピアノコンチェルトをレコーディングしています。

室内楽も良いけれど、やっぱりソリストでしょう、この人は!!

恥ずかしながら、シューマンの曲はあまり知らないので、この曲も知りませんでした。
娘が合唱で歌っている歌曲くらいしか・・・。^^;

まあ、驚いた。

あまりに美しくて涙ぐんじゃった!
それからずっとヘビロテ中。

曲自体が美しいのだろうけれど、アルゲリッチとアーノンクールのCDと聞き比べてみると、
そちらが重い印象なのに比べて、こちらは軽やかに音が飛びだして飛び込んでくる。
音色が豊かでカラフル、だと思ったんですよね。(素人なので^^;)

Martinの音の響きとこの曲がベストマッチ・・・・・彼のピアノの鳴らし方、好きだなぁsign03

勿論、管弦楽も同じように軽やかで美しい響きを奏でているのでその両方でこの仕上がりなのだと思うけれど、まあ、切ないオーボエの響きsign03

Martinの演奏でこの曲を知って幸福感でいっぱい。
アルゲリッチやブレンデル(図書館で借りた^^v)の演奏ではこんなに感動しなかったかも・・・

この曲について彼が喋っている映像があります。
訳すすべがないのが非常に残念。^^;
これはCDの録音のものではなく、ヘレベッヘ指揮の演奏会のリハーサル映像のようですね。

あ~生で聴きたいです。

カップリングのドヴォルザークの協奏曲も初めて。
第一印象は、「ドヴォルザークらしいけど、ピアノコンチェルトじゃないみたい・・・」
(Wikipediaで調べたら、作曲家自身もそういうつもりで書いたらしい。^^;)
こちらもいいんですけど・・・・・・・^^;

今はSchumannの方に夢中でそればかり聴いています。heart04

| | コメント (5)

2009年12月 6日 (日)

ブルーレイ来ました。

Photo初めてブルーレイのソフトを買いました。

それは「AN EVENING WITH IL DIVO」です。
今回、HMVで輸入盤ですがブルーレイのソフトがあったので、迷わず購入しました。

日本のブルーレイのソフトはバカ高いですが、これは¥3000程でした。

早速再生してみました。
ついでに灯りも消してライブ気分で・・・。

結論、いや~、やっぱり綺麗だわ~。
会場も綺麗だし、画像も綺麗、音声もクリア。
わ~ん、うれしいよ~。
こういうのが見たかったんだよな~。
武道館を思い出してしまいました。
武道館もこんなセットだったらと思いましたが・・・。
あ~、みんなピカピカしてました。汗が光って。(笑)

そうそう、アエラEnglishを読むと今回の日本公演では観客の反応が良くてUrsは嬉しかったみたいですね。

私たちも嬉しかったんだよ~。happy01

| | コメント (8)

2009年12月 1日 (火)

間違い探し

久々に、食玩を箱買いしてしまいました。^^;
リーメントの「自慢のうちのにゃんこ」
ついでにコタツも買ってしまいました。^^;

ちょっとナーゴの国っぽいパッケージですが・・・。
手持ちと合わせて遊んでしまいました。smile

Photo Photo_2 違いは何カ所?
コタツ、楽し~。
娘に綿入れ半纏作るように指示されました。わはは。

| | コメント (6)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »