« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン | トップページ | 六本木のルーブル展 »

2009年5月 8日 (金)

国宝 阿修羅展

上野に着くと雨が落ち始めました。
国宝阿修羅展へ向かいました。
きっと混んでいるだろうと思いつつも、会期中にまた出てこられるとは思えないのでとにかく並ぶ。
30分待ちではあるが割合サクサク移動。
しかし、中も人でいっぱい。^^;

取りあえず、ガラスケースのなかの出土品はチラ見で失礼し、目玉の阿修羅像の方へ向かう。

十重二十重、というほどではないが、3重くらいに巻いた人波が本当は動かなくてはいけないのに一番前の人が動かないので、何度アナウンスされてもとにかく動かない。
仕方がないので外側で自分だけ動いて見てきました。

修学旅行で見て以来の再会ではありましたが、ライティングのせいか本来の赤っぽい肌の色がとんでしまって、黄色っぽくしか見えずなんとなく不満足。
こんなにライト当てて大丈夫なのか、と心配してみたり。

Ashura
これは私が持っている美術全集の写真ですが、これとは全く違う色です。もし、こちらを知らずに今回の展示の阿修羅しか知らないとすれば、それはちょっとどうなのかな、と思いますが。創建当時はさらに鮮やかな彩色だったはずですし。

それにしても後ろ姿も美しい。
衣紋の線も、背中側の斜めにひと筋流れた衣装にも彩色されたのが残っていて、そのセンス脱帽。
最初から360度どの方向からでも見られるように作られたとしか思えない。六本の腕を上げながら支えなしに自立する絶妙のバランス。
天平の仏師に“日本のルネッサンス”を見たような気がいたしました。
何故こんなに人間っぽい像が作られたのか、そして1300年近く残っているというのはやはり一つの奇跡なのだと思えます。

阿修羅鑑賞で終わったかに思えた展覧会、ところが第2会場の迫力たるや、圧巻!

鎌倉時代の四天王の大きさ躍動感に刮目。

筋骨隆々なだけではなく、風をはらんで膨らむ袖や衣装の細かい表現。
爽やかな涼風ではなく、これはまさしく後背の火炎の熱風を感じさせるものです。

そして薬王、薬上両菩薩の威容に、思わずひれ伏しそうになりました。
私は信仰心はありませんが、信仰を形としてわかりやすく現すのならばこれは効果的と実感。
偶像崇拝の意味がわかったような気がしました。

いや~、短時間でしたが国宝、素晴らしかったです。

興福寺の中金堂が再建されたら、本来の場所で見てみたいな・・・・・・confidentheart04

Kasa ところで、5日の入場者は1万5492人だったとか。

行列に並んでいると後ろでから、「あら、同じ傘だわ。」と声が。
続いて、「安いから。¥500だから。」

そ、そりゃそうですが・・・・。よりにもよって同じ柄の傘の人と出会う確率って少なくとも1/15492だったわけで・・・・これも阿修羅様のお導きでしたかね。(笑)

|

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン | トップページ | 六本木のルーブル展 »

コメント

真っ赤な朱塗りの顔に金箔の衣装だったという最初の姿も
今とは全然違ったんだろうなぁ~
興福寺の中金堂に戻ったら見に行きたいね!

投稿: March | 2009年5月 8日 (金) 12時56分

Marchさん

10日のBShiで阿修羅の番組があります。阿修羅像製作の謎に迫る、そうですのでもしかしたら最初の姿も見られるのかも。^^b
白壁丹塗りの柱、緑の屋根、金の金具、お寺はほんとはPOPな所、なのかも。^^;

投稿: ぴろ | 2009年5月 8日 (金) 23時59分

>お寺はほんとはPOPな所、なのかも。^^;

今は枯れた色合いになっているけど最初は凄かっただろうな~

おお!BShiで特集、見なければ!
先日は今回の展覧会のために阿修羅を奈良から東京へ運んだ人の特集してた^^
面白かったよ~

この秋には唐招提寺の金堂平成大修理も落慶を迎えるし
せんと君も可愛く見えてきた今日この頃(笑)
平城遷都1300年祭楽しみだなぁ!
記念行事として秘宝や秘仏の特別開帳もいっぱいあるし
2009年9月23日(開催100日前)に発売される「国宝周遊パスポート」なるもの
既に買う気満々なんですけど^^;

旧暦11月17日の「かぎろひを観る会」が
2010年は1月1日にあたるため、宇陀地域全域で展開
とか聞くと来年の正月は寝てないで見に行きたいなぁ・・

投稿: March | 2009年5月 9日 (土) 09時30分

「出会う確率って少なくとも1/15492だった」傘の袋、
落ちているのを、ま~ちさんが気がついて
後で「ほれ?これなぁ~んだ?」と見せようと企んだのは私(笑)

しかし・・・お2人の話し聞いているだけで
ドキドキします。すごく、その空間に行きたくなります。
私は博物館はガイドを聞きながら見ないとサッパリだから
羨ましいですhappy02

空いている時をみはからって私も、三度目のチャレンジ
上野に行かなくっちゃ。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 14時14分

Marchさん

東の野にかぎろいのたつ見えてかえりみすれば月かたぶきぬ
ですね。
そうか、奈良が地元ならお正月はお帰りになっているんですね。
来年奈良はツアー客でいっぱいかしら・・・。
ゎ~ん、良いなあ、行きたいなあ、奈良heart04

投稿: ぴろ | 2009年5月10日 (日) 00時34分

まいけるさん

平日なら空いていそうだけど、どうかなあ~。
次は九州だもんね。
阿修羅様も出稼ぎ大変だ。(笑)
東京におわしますうちに是非行ってらっしゃいませ。catface

投稿: ぴろ | 2009年5月10日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン | トップページ | 六本木のルーブル展 »