« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 抽選の行方 »

2009年5月10日 (日)

六本木のルーブル展

Miyage2混んでいるかも知れないと思って、だめもとで六本木の国立新美術館へ行ってみた10時ちょっと過ぎ、思いの外行列もなかったのですんなり見られました。

5日の上野のルーヴルの方は大行列だったので、もしかしたら時間がないかも・・・と危惧していたのですが、これは運良くじっくり見ることが出来ました。

ルーヴル美術館展「美の宮殿の子どもたち」

家族と子どもに関する収蔵品を選んで展示した、面白い展覧会でした。
しかし、ルーヴル美術館世界中のあらゆる所からいろんなものよくもこれだけ(でも、ほんの一部)蒐集したわ、とまず感嘆!

上野の展示が絵画だけなのとは違ってこちらはホントにいろんなものが展示されていました。
道具、玩具、副葬品、彫刻、絵画、織物、工芸品、etc.果てはミイラまで。

特に玩具がツボで、テラコッタ製の関節が動く人形などは、ウチのどの子かが昔工作で作った人形を思い起こさせて、一人でニヤニヤしてしまいました。
それから、フィギュアつきストラップになってしまったハリネズミの引き車のおもちゃ(奉納品?)ガラスケースに入って展示されているんだけれども、妙にカワイイ。(笑)こんなの見たことない。
見たことがない、といえば18世紀のミニアチュール。肖像画の描かれた美しい小さな陶板は何も説明書きがないけれど、マリー・アントワネットの息子だったりする。
周りに美しい装飾を施してあるものもあり、単眼鏡を持ってくるべきだったと後悔。
実際、使っている人を何人も見かけましたので、今度でかけてくるときは持って出ようと思いました。

そして反対に大きなタペストリー。これまた日本家屋には絶対にあり得ない大きさに、圧倒されてしまいます。

大きなものから小さなものまでバラエティに富んだ展示は、とにかく「面白かった!」のひと言!

Miyage1 そういえば、こんなカンペンケースを国際フォーラムで買ったんでした。^^;
まさか六本木に本物が来ているとは知りませんでした。^^;

ルーヴル展で、カンペンケースは買えませんので、念のため。smile

|

« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 抽選の行方 »

コメント

ぴろさんって凄いアンテナ!
あそこでペンケースを即買いしたのもピピってきたのですね!

私も20歳でパリに行った時、名画のよさがイマイチわからない子供だったのですが
>>>道具、玩具、副葬品、彫刻、絵画、織物、工芸品、etc.果てはミイラまで
のあたりはすっごく面白かった覚えありますsun

投稿: まいける | 2009年5月11日 (月) 12時49分

まいけるさん

あはは、アンテナ?そっか、ピピピ、ってきたのかもね。そして、やっぱり六本木に行っちゃったのも呼ばれたのかもね。
もう、書字板なんか持って帰りたいぐらいだったですよ~。cat

投稿: ぴろ | 2009年5月11日 (月) 18時08分

何がビックリって、うちにも似たカンペンがあるって事ですね(笑)
その玩具のストラップ、可愛い~(*^-^)b
この展覧会は大阪に来るので今から楽しみです♪

投稿: みゆき | 2009年5月11日 (月) 21時14分

みゆきちゃん

え?カンペンあるの?^^;
いやあ、そうだよねえ、私の他に持ってそうな人ってやっぱりみゆきちゃんしかいないよね~。coldsweats01
全部で3,4パターンあったと思いますが、へ~~~。
ハリネズミ(アルマジロみたいだよね^^;)是非、実物見てください。heart01

投稿: ぴろ | 2009年5月11日 (月) 22時37分

六本木のルーブル、元気だったら今週のお休みで行きたかったんだけど、
いまいち風邪が抜け気っておらず、怖くてどこにも行かれませんshock
今日も明日もお休みなのに、なんだかもったいないな~。
と思って、めいっぱい予定入れちゃうから寝込んじゃうんだよねcoldsweats01

投稿: きよみ | 2009年5月13日 (水) 12時54分

きよみちゃん

一緒に行けたら突っ込みどころ満載でとっても面白かったと思うよ~。
会期内に行けたら是非行ってみてね。
私は今のところ丈夫です。
ウィルスも寄ってこないみたいで・・・^^;
ソレが1番ですが。

投稿: ぴろ | 2009年5月13日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 抽選の行方 »