« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

春の声を聞く

母を病院に連れて行く用意をしていたら、いきなりとても近いところで「ホーホケキョ」

どこで鳴いているのかとそっと濡れ縁に出てみたら、どうも庭のどこかの木に止まっているらしい。

良い声だなあ、と聞き惚れていると「ケキョケキョ」と練習してもいるような。

昨日まで寒くて寒くて、とても春が来るようには思えなかったのですが、確かに春は近づいているようです。

あんまり良い声だったので携帯をとりだしてムービーを撮ってみたら、丁度一声鳴いてくれました。

声はすれども姿は見えず。
次は姿を探そうと思ったら、迎えのタクシーがきて時間切れ。残念!

またきて鳴いてくれないかな・・・・。

こんなにうぐいすの声に癒されたのは初めてかも知れません。
なんだか嬉しくて何回も再生して聞いちゃいました。

猫の抜け毛、満開の梅の花、うぐいすの声、
寒いけど、春は確かにそこまでやって来ているようです。

| | コメント (4)

2009年3月30日 (月)

にょろり

にょろり
にょろり
にょろり
お天気です。
西日が細長い
猫もにょろりと出て行きました。


だから、カメラで追いかけ回さないでよ、と不満の爪とぎ。


しかし、今日も寒い!

| | コメント (8)

2009年3月24日 (火)

病院で拍手

今日は母の病院の日でした。
11時頃出かけていくと、ホールのTVの前にはすでに人だかりが出来ていました。
それだけでなく、内科の待合室のTVの前もまた同じように立ち見のひとが。

そうです。もちろんTVはWBCの試合がかかっていました。
私はTVと反対向きの椅子に座っていたので、ぼうっとしていたのですが、
いきなり、パチパチと拍手がおこりました。

「????」
何で病院で拍手が?

日本が先取点を取ったときでした。
さすがに控えめな拍手でしたが、やっぱりそういうアクションはでてしまうのですね。
反対にチャンスを潰したときは「あ~」というタメイキ混じりの声がこれまた控えめにでました。

日本人、野球好きだな~^^;

TVを置いていなかった病院の隣のスーパーは人影も少なく静かでした。
高校野球そっちのけで今日は一日WBCだったようです。

ところで私は今日はTVにかじりつく暇もなく東奔西走。

途中で家に戻ってみると、自動車学校へ行っているはずの次男と、銀行へ行く用事を頼んでいった長男が朝と同じ格好でTV の前にいました。

WBCの優勝を祝うどころか、私が雷を落としたのは言うまでもありません。
TV中継が終わるか終わらないかのうちに家から追い出し、私もまた出かけたのでした。

あ~、疲れた~。
なんか今日はものすごく疲れたような気がします・・・・・。orz


| | コメント (4)

2009年3月23日 (月)

赤い人生

090323珍しく図書館で、書評にのったばかりの本を借りることが出来ました。

いつも新聞の書評欄はチェックしますが見つけられないうちに題名を忘れてしまうのです。今回はちょうど返ってきたばかりの所だったようです。

1冊は「フリーダ・カーロとディエゴ・リベラ」

名前だけは記憶にあるメキシコの画家夫妻の物語です。

フィクションよりも数奇な運命をたどるフリーダ・カーロの人生も、初めて見るその絵画も衝撃的でした。
飾ろうとはとても思えないあまりに正直な“痛い絵”
しかし、目をそらすことができないとてつもない迫力があります。
展覧会があったら、一度は本物を見てみたいように思いますが、何度も見ることができるかどうか、わかりません。

病気、事故、恋愛、そして激動の世界情勢の渦中にあった人生。

20世紀初頭から前半の(ワタシが生まれるちょっと前の)世界のこと、そしてメキシコ(中南米を含む)の歴史を知らなさ過ぎたと自覚させられてしまいました。

著者が情熱を持って彼女について研究を重ねてこの本を書いたのはよくわかりますが、時代背景についてもう少し読みやすくても良かったのではないか、と思います。
改めてこの時代とメキシコの歴史を知りたい、と思ってしまいました。

ただ、自分にはない強烈な色彩と音楽が聞こえてくるような気がします。

もう1冊は「小林多喜二」

著者は米国人と日本人の間に生まれた方で日本語での著作はとても無理だと思ったそうですが、非常に柔らかな手紙のような文体で始まり、するりと本の中に入ってゆけました。

小林多喜二については「蟹工船」の作者であり、共産党員で、拷問死した人、と言うことしか知りませんでしたが、丁寧に資料を辿り、彼がどんな人間であったのか描き出されていたように思います。

映画やTVに描かれてはいますが、こちらも改めてこの時代のことをもっと読んでみたいと思いました。

この2冊に書かれた人たちは場所こそ違え、どちらも同じ時代に生きて死んだ人でした。

2人の赤い人生を思うと、自分の人生は無色透明なようにも思えてしまいます。

厳しい弾圧も抑制もなく、(それは幸せなことなのかも知れないが)激しい愛憎もなく(なくていいけど^^;)平和な時代、地域に生まれてしまった自分(&おおかたの日本人)は、激動の時代がやって来たら生きていけるのか・・・・・。

そんなことをちらっとね、思ってしまいました・・・・。

| | コメント (10)

2009年3月20日 (金)

怒っちゃいけない

090319 お彼岸のお花を買って、レジで紙に包んで貰ったはいいけれど、
サッカー台で他の物を詰めているときにするりと落ちて、
肝心の菊の花がころりと落ちちゃった・・・・・shock

がっかりして、どうすんのよこれ、と思ったものの、仕方がないので菊を1本買おうと、生花店へ。
すると、

「あ、取り替えますよ。」と、こともなげなお言葉。

わ~、よかった。
やっぱり、怒っちゃいけないよね。

090319a 長男の一人暮らしのための家電を買いにY電気に行ったらば、新生活セット人気のため在庫不足で納品が出来ないとのこと。

一人暮らしが始まって10日も20日もご飯が炊けない、洗濯もできないじゃ、しょうがない。

じゃあ、いいです、と断ってきたけれど、悔しいので「何で5日前に来たときに言ってくれなかったんですか?」(実は2回目だった。前回は現金を持ってきてなかった)
怒っちゃいけない、とは思ったものの、なんとなく納得できなかった。
まさか、セールの5日間のうちに在庫がなくなる品揃えってなんなのよ。
必要だから買いに行くのに待たせて当たり前なのかい・・・・

買うつもりの客をみすみす逃しちゃって、文句もいわれて。
商売下手だべな。catface

| | コメント (6)

2009年3月17日 (火)

春霞

Greeeen風が強く埃っぽい地上に比べて、空は青いのですが、コンタクトに埃が入って痛い、痛いsweat01sweat01

マスクをしているけれど、涙だらだら、鼻水ダラダラsweat01sweat01
090317

さてこの緑の物体はどう見てもどこでもドア・・・・

最近出来たモニュメントなんだけど・・・^^;
唐突すぎない・・・?

ホントにどこでもドアならなあ・・・





今日の夕陽はイマイチ輝きが鈍い様な気がしました。
薄い膜がかかっているかのような。

西の空はぼうっと二層に分かれ、低いところにはなにやら堆積しているような・・・・・とするとコレは・・・

思った通り、この西の街では今年初めての黄砂が観測されましたとさ。

やっぱりなあ・・・catface















| | コメント (2)

2009年3月15日 (日)

忘れちゃった・・・・

あわよくば、今日の一般販売で買えたらいいな、と思っていたんですよ。

でも、朝実家に出勤したら、すっかり忘れちゃってました。^^;

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのピアノコンサート・・・・

バッハのコラール前奏曲がかかっていたので、もしチケットが取れれば、なんて思っていたのですが。
やっぱり慣れてないから・・・・^^;

まあ、ヨハネだけで良しとしましょう。

はぁ~、でもコラール前奏曲のCDってあんまりないんですよね・・・・
仕方なく、またケンプのCDを聞いています・・・・・・。

| | コメント (3)

2009年3月13日 (金)

セーフ!

一家離散、引越し免れました!

よかった~!upwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardrightupwardright

| | コメント (11)

桜焙じ茶

090312昨日の朝はいきなり真っ白で驚きました。
大きな月が出ていたはずなのに、いつの間に・・・。

外灯や木立に雪が横から吹きつけて真っ白なのがわかります。
風が強いんです。

日が差してキラキラしていましたが、寒い。

真冬はもっと寒かったハズなのですが、少し暖かくなってくると寒さが身にしみます。




Sakurahoujicha 寒いのでお茶が美味しいです。

桜焙じ茶買ってみました。
しょっぱくない桜の香りのする焙じ茶です。

まだ春は遠いようですが、少しだけ近づいてきたような気になります。

桜の季節までまだまだですが、一足お先に。

しかし、可愛いお茶碗が欲しいheart04
と、形からはいる私でした。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

とっちゃった!

行けるかどうか解らないし、予定も立たないし、と半ば諦めていた今年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」

プログラムを見ていたら、俄然行く気が起きてしまって、昨夜はすっかり行く気になってあれこれやりくりを考えて・・・

とうとうチケット購入をクリックしてしまいました。

バッハコレギウムジャパン 鈴木雅明指揮 ヨハネ受難曲

これは行ってくるしかないでしょう。(しかし、後のことは考えてない・・・^^;)

すみません、私は東京に行ってきます。後のことはお願いします。
どうか何事も起こりませんように。

| | コメント (10)

2009年3月 9日 (月)

電線に

Karasu電線にカラスが二羽留まっていました。










Denkiyasann 電線に人間がぶら下がっていました。















それだけですが、初めて見たので記念に写真を撮りました。こわ。^^;

| | コメント (2)

2009年3月 8日 (日)

「題名・・・」見ながら

今日の題名のない音楽会ではケーキと音楽のコラボレーション。

お菓子をよく作るお友達を思い出しながら見ていました。
クッキーやら、シフォンケーキ、ロールケーキ
音楽を合わせるとしたら、やはり、明るくリズミカルな音楽になるのかな・・・。

私はお菓子はほとんど焼かないので・・・・。
肉じゃがや、おひたし作りながら、DIVOやクラシック聞いてますけど。^^;

日本人なのに、どうして日本の音楽じゃないんでしょう。

090308books
最近読んだ本は、そういうことを研究した本でした。

鎖国が終わって西洋の音楽が入ってきたとき、明治政府が西洋音楽を教育に取り入れようとしなかったら、クラシックもロックもDIVOも全く理解できなかった可能性もあったんだなあ・・・と。

鎖国以前も宣教師や長崎の出島で西洋の音楽が演奏されたりもしたけれども、日本人には耳障りで理解できなかったという。

世界的なヴァイオリニストやピアニストも育っている現代では考えられないけれど、最初の最初はそんなものだったのかもしれない。(と、想像しかできない。)

西洋の文化に追いつけ追い越せ的な明治政府の施策の試行錯誤ぶりは読むと少し笑える。
唱歌教育に賛美歌までお構いなく取り入れたおおらかさは私は好きだなあ!
なかには「耶蘇歌は歌えない」と学校をやめる騒ぎも起きたそうなのだが、お役人にはただの歌でしかなかったのだろう。
その割り切り具合のおかげで、私たちは教養として知っておくことができるのだし。

その後、今でも歌われている「童謡」運動がおき、作曲家も育ち、次第に世の中にも西洋音楽が受け入れられるようになり、反対に邦楽が民衆から遠ざかっていく。

学校で受けた音楽の知識程度があれば興味深く読める本だと思います。語り口も難しくなく、時々砕けた言葉も使われています。

これを読むと、江戸以前は庶民や子どもは何を歌っていたのかなぁ、とさらに興味が湧きます。
私には音楽的運動神経が欠けており、歌もろくに歌いませんが、学校に音楽の時間があって良かったなあと思います。泣きながら練習しましたけどね・・・・。^^;

ところで、「題名・・・」に戻りますが、ゲストのハープ奏者、グザヴィエ氏、以前NHKで見たときは長髪でしたが、今回短髪になっていて一瞬誰かと思いました。^^;
彼が弾くとハープが小さく見えますね。
それとあのゴージャスなハープはお見事。
後から出てきたオケのハーピストさんが少し気の毒でした。^^;

| | コメント (10)

2009年3月 6日 (金)

雨の子守歌

雨の子守歌
朝から雨音が止みません。
いつも寝ている猫ですが、今日は特によく寝ているようです。
この角度からは、いつも笑っているように見えて
こちらもにんまりしてしまいます。

聞こえるのは雨音と猫の寝息ばかり。

| | コメント (8)

そろそろ

Meganeそろそろ出番です。
今年は遅い方です。
花粉症の症状。

今年は花粉症用のメガネを買ってみました。
今まではスキー場で買ったサングラスで代用していたのですが、丸洗いできるというのでこれを選びました。

今朝めざましTVで紹介された柄入りの物もあったのですが、・・・ちょっとね。catface

090305b_2 昨日は快晴で風もなく暖かい日でした。
前の日に降った雪で山が白く輝いていたので撮っておきました。

うってかわって今日は雨です。

しかし、肌はなんだかピリピリ。
昨日の反応が今頃出てきます。
辛い季節になりました。^^;



| | コメント (3)

2009年3月 4日 (水)

春の雪

P1000542t昨夜は予想通りの雪で、軽くお化粧した世界は静かで美しい

地面は暖かく、凍っていないので車も走りやすい

すっかり春の雪

| | コメント (2)

2009年3月 3日 (火)

ただいま爆睡中

ただいま爆睡中
本日のお天気は晴れ曇り夕方雪になる予定

風が強く花粉も飛散している模様

猫が出入りする毎にくしゃみが出る日も近い

…かもしんない。

| | コメント (14)

2009年3月 2日 (月)

心配

3月はいつも落ち着かないんです。
子どもが3人おりますし、あ、もしかしたらこれから毎年卒業式?

それだけじゃなく、ウチには引っ越しという心配が毎年つきまといます。

今年はいよいよ一家離散・・・?

長男も寮を出て自活することになったし、
娘と次男は学校がこちらなので、通える範囲でなければ、夫は単身赴任。

どうやって生活するんだ・・・^^;

引っ越し、ありませんように・・・・bearing

| | コメント (9)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »