« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

URS(クマ)来る。

今月お誕生日だったのですが、家族はなんにもくれないのに、優しい遠くのお友達がお祝いしてくれました。(娘曰く、「あんこ大王と仲間達」略して「あんこ仲間」だそうで。^^;)

見せびらかすのもなんだし、どうしようか思案していたところ(昨日も)、力作なのでやっぱり皆さんに見て頂こうと思います。
Ursbear 胸板の厚いクマさん、やって来ました。(VUITTONのshopping bagに入って。^^v)

着せ替え出来るので、見た目より手足が長いんですよ~。思わず抱えて歩きたい存在感。
モヘアの手触りも滑らか。

あう~、これは着せ替え衣装作ってあげなくちゃねえ!

胸板、充分厚いんですけど、クマだからお腹も充分みっちりしていたんだわね。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
お腹でていて当たり前なんだけど、人間の方想像して笑っちゃいました。




Ursbear2 全身。
あ、なんか、このデカイ手のひらで叩かれたい。lovely





Photo_3 美味しいものやら、私好みのものやら、
お友達の暖かい気持ちに感謝しております。

少しでも気持ちをお返しできるように頑張りまする。

<(_ _)>

| | コメント (12)

誕生日ケーキ

Photo 誕生日と言っても家族は「今更嬉しい年でもないでしょ」というクールさですが、今日は全員集合するので長男にケーキを買ってきて貰いました。秋のロールケーキだそうで、5つに切ったらあっという間にぺろりと頂き。味はいいけど、上に載っているものがあか抜けないなあ・・・・。
まあ、白土屋のあるところですから、滅多に食べられないし・・・ま、いっか。









| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

キャサリン・ジェンキンスのHallelujah

41dtbzo4d5l_sl500_aa240_UKで10月20日発売のキャサリン・ジェンキンスのCDをチェックしていたら、聞いたばかりのメロディーでびっくり。

キャサリン・ジェンキンスの「Hallelujah」とIL DIVOの「Hallelujah」は同じ曲だった。
キャサリン・ジェンキンスの方は英語で歌っています。同じ意味の歌詞なのかは、解りません。(教養が足りなくてすみません。<(_ _)>)

してみると、DIVOのオリジナルではなかったわけだ。
由来はわからないけど、もしかして英語圏では有名な歌だったのかな・・・。(レナード・コーエンの“名曲”ってことですが・・・し、知らないorz)

さて、収録曲の方はというと「天使の糧」マニアの私いろんな人のを聞いていますが、女声のは初めてかも知れません。

「ピエイエス」見事な巻き舌のRの発音に娘とともに舌を巻きました。
「これが出来ないんだ・・・」「この歌練習すれば?」と、「るるるる」

最後は「アニュス・デイ」

いつもはソプラノで聞く曲ばかりですが、落ち着いて暖かみのあるCDでした。
日本版は12月3日発売「アヴェ・マリア セイクリッド・アリアズ」のようです。
日本版を買って、歌の由来の解説を知りたいかも・・・。

ちょっとLeonard Coenの歌詞を調べて、日本語訳を読んでみたら、聞こえる以上に膨大な意味が含まれていて、単純に短い言葉にするのかなり難しそう・・・・。

いろんなアーティストがカバーしているようで、果たしてDIVOはどのように翻案したのかしら・・・。

「Leonard Coen Hallelujah」で検索をするとすぐ見つかりますので興味のある方はやってみては?

| | コメント (0)

アリルイヤ

今朝は雨だったので、娘を車で学校へ送っていった帰り、TVでDIVOのPVが流れました。

ブログにも検索してきて下さる方がいらっしゃるのですが、私現在ちょっと最新情報はすべてお友達頼みでございます。ありがたや、ありがたや。

HallelujahのPVを見たのですが、日本語でうたってくれないかな~、とすごく思ってしまいました。

081008
Hallelujahは「神をほめたたえよ」と言われますが、その本当の意味はクリスチャンでない私にはわかりませんが・・・。

私には毎日生きていくことへの感謝の言葉のように思えます。

短い歌なので、ぜひ、日本語歌詞をつけてくれないかな・・・。

11月26日のCD発売後すぐ12月1日のプロモーション来日は早いほうですよね。
1フレーズでもちょっと日本語で・・・。

叶わぬ願いかなあ・・・。weep






| | コメント (4)

2008年10月22日 (水)

答えあわせ その二

Photo_4「モザイク」

とは、私が勝手につけた名前ですが。

アルファベットのように理路整然とびっしり細かく並びながら形作るのは
星のようでもあり花のようでもあり
八角形のようでもあり円のようでもあり。

古風なデザインで甘すぎずクールなところがぴったりだと思い、気が付けばさっさと編み終わっていました。

土日が入って郵便を出すタイミングがビミョーで。

ちゃんと、今日郵便が届いているか心配です。
郵便屋さんは着く、と言っていましたが。

お誕生日おめでとう。

| | コメント (4)

東京で西のものを

Gozen折角東京へ出たからにはやっぱり美味しいモノを食べたい。貧血も改善したのでお肉ではなく和風のモノを。

これは全く食べたことがない松江のお殿様好みのお膳。

私は東北人なのですが、なんで西の方の味付けが口に合うんだろうなあ。
西の料理は色が綺麗でお出汁の味が利いて好きだなあ!

Taimesi 鯛めしでございます。

炊きたてご飯に具をのせて、鯛でとったお出汁をかけていただくのです。これは私は初体験。

いっや~、おいしい!!
そのまま食べても美味しいのにさらに絶品のお出汁。

全く生臭さとは無縁です。

どうすればこんな風においしいお出汁がとれるのか、勉強してみようかしら。
生臭くなかったら、お魚でいいんですが・・・。
なかなか生魚を扱う魚屋さんないんですよねえ・・。鮮魚店というのが減ってます。
Toufu デザートは黒蜜の掛かった豆腐プリンなのですが杏仁風味。

杏仁豆腐との決定的な違いはどっしりした質感にあります。
寒天じゃなくて本当に「豆腐」なのかもしれません。

美味しいご飯も、美味しいお出汁もお代わり可能です。
あ~、お腹一杯でお代わりできないのがもったいなさ過ぎ。
Photo_3 大満足して出てきたにもかかわらず、「都路里」で全部入り(?)「古都パフェ」を頂いてしまいました!

ほうじ茶とほうじ茶カステラが美味しくて、お土産に買ってしまいました。

ところで、自分だけ美味しい思いをしたので、パン好きの姉と、家族にメゾンカイザーのクロワッサンを買って帰ったのですが、翌朝、暖めてやると連れ合いと娘が当然のように2個ずつぺろっと食べていきました。

お~い!^^;いいけどさ・・・・。
そんなに食べられるもんじゃないんだけど・・・。

姉の方はというと、弟と半分ずつ食べたら(夕食後だったから)美味しくて食べ足りず、さらに1個ずつ食べましたとさ。

だんだん。

| | コメント (6)

ちょっと夢を見た

Photo浅草にて

よんどころない事情で東京へ来ました。
泊まったホテルの隣はなんとバンダイ本社!!
次男、写真撮りまくり。

ま~、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)ファンには聖地。

あ~、朝からこんなことして・・・・。

いくら朝晩カツ丼と食べたからと言って、駄目なモノは駄目。

まあ、ちょっと夢を見た、ってことで。







Photo_2 御茶ノ水にて

ガンガン鳴り渡る鐘の音を探していくと由緒ありそうな聖堂がありました。
日曜日でしたからミサだったのかな。

もともと文教地区なのですか?古い建物を見るのが大好きなので、ちらほらある建物をニコニコしながら眺めてきました。

東京、やっぱり面白いところだ!

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

アナタの知らない私の午前中

Photo_3日暮里駅の南口を出て、左へ曲がるとこんな階段があって上っていくとそこは谷中霊園。折しも、法事で訪れたのであろう黒服の方々がちらほら。

お線香の匂いがただよう大通りは花の頃はきっと美しいのでありましょう。大木の並木道でした。

お天気が良く日が差していましたから、緑陰を気持ちよく歩けました。

大きな墓地でど真ん中に交番がありました。暗くなったら、勤務したくないな、と思いましたね。駐在所だったら、ちょっとヤダ。

“ギンナン通り”の標識をすぎると、本当にギンナンの香りが!時間があったら、ちょっと一回りしてみたいくらいでした。
隣の寛永寺の徳川家の墓所も、行ってみたいような気が・・・。^^;
Photo_4 この階段にはモミジが。見えますか?

私はどこに向かっているかというと、『谷中堂』さんへ向かっているのです。
ガイドブックを手に、1人でとことこ歩くのもいいものですね。

散策している方結構いました。
東京は歴史的な場所があちこちにあって、ただ歩くのもなかなか楽しいです。
Mゆきちゃんもこんなこと、してきたんだろうな、ってちょっと若返ったかも。

さて、そろそろ、このあたりかな、と思っているところに第一谷中猫さん発見。

Photo_5 猫さん、猫さん、ちょっとお写真いいですか?とお願いしましたところ、「ちぇ、しかたねえな。」と、目線向けて下さいました。
そんな、睨まなくたって、悪さはいたしませんよ。お邪魔してごめんなさい。

と、通りに戻ったら、すぐ『谷中堂』さんでした。
興奮してお店の写真を撮り忘れました。^^;


Tennkonya これが買いたかったのです。
「運勢上向き招き猫」

一つ一つ手作りで、同じモノはないそうです。てんちゃんがいました!でも、ほにゃうはいなかったので、また来るしかありません。
次に行くときにはどんな子がいて、どんな子に出会えるか、とっても楽しみです。
他にも猫グッズがあって、みんな買い占めたいくらい。(* ̄ー ̄*)

てんちゃんはこんなに機嫌良さそうな顔はしたことは無かったですが・・・^^;
猫仲間のお友達の分も求めましたが、今度緑の目のキジ猫もいるといいな!ね?

ごそごそと買い込んで歩く先にはもう、上野公園。東京芸術大学の音楽部の建物が見えます。赤煉瓦の塀、和洋折衷の洋館。
明治の香り、とでもいうのか・・・。これ、いつまでも残って欲しいな・・・。
Photo_6
そしてこれは、なぜか青いキリン。
上野には、本物のキリンもいるだろうに何故にキリン・・・。

え~っと、このキリンさんは旧東京音楽学校の奏楽堂の脇を歩いていくといます。














Ueno081019 そちらのお天気は?とメールが来て、移動場所が決定。上野に別れを告げる。
ふむ、この先に国宝があるのか・・・と横目に見ながら上野駅にむかう。
実は地図も見ていないので行き当たりばったり・・・^^;
ロケットランチャーがこんなカゲの方にひっそりとあるわ~、と柵の中を覗きながら歩いていましたとさ。bleah

う~ん、やっぱり、デジカメ買いたいわ。こうして書いててもやっぱり写真を撮っておけば良かったわ~、って後悔・・・。
赤煉瓦、奏楽堂、ロケットランチャー・・・携帯のバッテリーを気にしていたらやくにたたないわね。

と、いうわけで、短い東京散策はおしまいでした。
今度ご一緒しましょうか?

| | コメント (14)

答えあわせ その一

Photo「ゆり」

最初はやっぱりこれでしょう。
いやもう、これしかない、と。

少し堅い糸で、堅めに仕上がりました。
テキパキしてはっきりしているところはそこで現して。
意外に小心者のところは外側の細かい扇形。ピコットは感受性豊かなアンテナ。
ぷぷぷ。
ハリネズミの針にならないように力抜いてね。

お誕生日おめでとうございます。

| | コメント (4)

2008年10月20日 (月)

10月20日生まれは音楽を

1020ongaku10月20日生まれの人は美智子皇后が有名で、最近まで他にはあまり知らなかったけれど、脳科学者茂木健一郎氏がそうだとわかった。
茂木さんの著書は今まで読んだことがなかったけれど、以前見つけてに気になっていた本を買って読んでみた。

脳科学者が何を語るのかと思ったら、とっても安心する内容だった。

人は何故音楽を聞くのか、音楽から何を感じるのか。

音楽の素養のない私が音楽のことを語ってもいいんだ、と安心する内容が書かれていた。

簡単に言うと(文章自体も簡単だが)生の演奏会の音や感動は一瞬一瞬で消えていくものだけれど、何度もその音や感動を思い出しては増幅し、成長させることができるのだ、と。

私の体験からだと神尾真由子さんの音楽をずっと手放したくなかった夜のこととか、Martin Helmchenのバッハの響きを一所懸命覚えようとしてた夜のことなどがそれにあたり、いきなり共感してしまいました。

本当なら、もっと書きたいところですが、ゴメンなさい。眠い・・・・。(´~`)。゜○

要するに、同じ誕生日なもので、何か感じ方考え方が似ている部分が多々あるな、と。感覚でものを言って、言ってから理屈をつけてるようなところとか。
なんとなく、自分のこと肯定されたみたいな感覚でした。bleah
他にもこんな人間にるンやな~、って。



| | コメント (10)

2008年10月16日 (木)

撮れた。

Akaitsuki 上がったばかりの赤い月。

カメラを取りに行く時間も惜しんで携帯で。

あっという間に変わってしまうから。

実際よりも赤く写っているかも。

| | コメント (4)

和む

081015今日は朝霧で快晴

夕方、空の高いところには雲がなかった


















Tukitosironrko
再び、月と白猫

何で、同じなんだ・・・・
今日も猫集会があるのか・・・

明るい月の光の下で、猫の目は黒目が大きくて可愛い

因みにこのポーズは娘が「丸鶏」と言って大のお気に入り









Ookiineko

ブログパーツの猫時計がやめられない娘はついに、TVの42型の大きい画面で見て楽しんでました(それを写真に撮る私も相当・・・・^^;)

こんなことで和む、単純な家族でありましたcatface










| | コメント (8)

2008年10月15日 (水)

ちょっと怖い話

Tegami夏、娘がオーストラリアから帰ってきて間髪入れずガールスカウトのギャザリングに出かけ、私も母の入院で、さっぱり土産話を聞くことが出来ませんでしたが、ちらほらと聞くに・・・・。

ホストマザーはクラフトをする人で、どうも「紙漉」グループがいるらしいとのこと。

写真はハガキで、ホストマザーが作ってくれたらしい。
それに娘が書いて、オーストラリアから出したものでした。

「それがさ。」と娘が言います。

ホストマザーに紙漉仲間の集会に連れて行かれたんだけど、(場所は教会)そこに古紙がたくさんあって、その中に日本の古い紙もあったんだけど(和紙に筆字の文書)・・・・・

「べったり血痕が残っているのも平気で使ってた~shockshockshock

ひええ~~~~!shock

あれは血の染み、醤油とか、ただの染みじゃない、それくらい解る~、って。

そうだよね、女だもん。catface

それ、説明したの?

「いんや。黙ってた。なんて言っていいかわからないもん。」

この話題が出たのはアメリカにある浮世絵の番組を見ていたときでした。
美術品だけでなく、「古紙」も海外に行っているのねえ・・・まあ、詳しいことは解りませんが・・・・・。
いったい何が書かれていたのか興味津々・・・・。

| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

シュシュよさらば

夏中、髪を結わえていた。
髪を短くして10年くらい経っただろうか。

久しぶりに、シュシュを買った。
髪を結うと、何となく女ならでは気分が戻ってきた様な気がした。

しかし、昔と違って、なんだか髪が痩せたような?
髪の毛流れも長くなると妙にクセが出てきた。
後れ毛もなんだかやつれた感じにしか見えない。
髪のボリュームも無くなったようだ・・・。

やっぱり切るしかないか、といつもの美容室に。
↑の様なことを言ってみると、

「ぴろさん(いや、もちろん本当は名字だけど^^;)髪少なくないです。充分多いです。」
「ぴろさんは、髪多いですよ。娘さんもそうですけど。」
「髪の重さでぺたっとしちゃったんですよ。やっぱり(短くして)軽くしておいた方がいいですよ。」

だよね。
いつの間にか以前の髪の短い私に逆戻り。
でも、頭も軽くなり、顔もふっと明るくなったかも。
髪も長けりゃいいってもんじゃないんだよな、と
その年齢にあった髪型ってのがあるかも。

「(クセの出やすいところ)耳にかけるといいですよ。」

そっか。センスのいいピンか、たまにイヤリングでもするか。(ピアスはしない)

白髪は充分あるけど、なんだかきっとそのままかも・・・なんて思う。

やっぱり私はふわっとした猫スマイルしかないかもな~。

というわけで、折角買ったけど、シュシュよ「さらば」です。

| | コメント (8)

十三夜と体育の日

081013晴れの特異日は10月10日ではなくて、体育の日、だったのでしょうか。( ̄ー ̄)ニヤリ

体育の日、全国的に晴れの良い天気だったようですが、いかがでしたか?
夕方、東の空には月がくっきり。西の空はオレンジ色。
膨らみかけた形がよくわかります。

一昨日の十三夜の月、ご覧になりましたか?
風で雲が飛んで少し冷え込んだ夜、冴え冴えとした空に膨らみかけた月、輝いていました。








Tsukiyonosironeko で。
夜顔ならぬ、“月夜の白猫”
夜目にも白い、でしょう~( ̄▽ ̄)
きっと、十三夜には猫集会があったに違いありません。夜中に何度も出入りしていました。おかげで寝不足・・・(-ε-)
うってかわって昨夜はおとなしく家にいましたから。



Tubomi1013 で。
夜顔は今夜も咲いています。
蕾もいっぱいです。

で。

デカイ声量の誰かさんのお誕生日はいつでしたっけ?

あ。
結婚記念日、終わってた(今年も)・・・・・・・・・。catface

| | コメント (7)

2008年10月11日 (土)

10月10日

081010昔だったら10月10日は体育の日。
晴れの特異日と記憶していましたが、祝日は動いてもお天気は変わらなかったようで、久しぶりの晴れで、気温も上がりました。

空の高いところはさわやかそうですが地上に近い方はなんだか空気が見えるような霞具合。

気温も25℃以上になり、蒸し暑い感じでした。秋らしいからっとした空気ではなかったです。









Yorugao1
夕方夜顔の咲き始めるところを見ました。









Yorugao2
なんとか咲いてくれています。
ホントに、夜咲いてるでしょ?
まだまだ蕾がたくさんあるので、気温も、もう少し下がらないでくれ~^^;
















| | コメント (7)

2008年10月 9日 (木)

道元の冒険

Dougen 道元の冒険

6月に珍道中したKちゃんと、Bunkamuraでポスターを見ました。
Kちゃんが、「これ、見に行きたいんだよね~。」と言っていました。

なんせ、あべちゃんの表情がすごくて。
私も「なんじゃこりゃ!!」と思ったんですよね。

それがWOWOWで放送されたんです。

危なかったです~。見落とすところでした!
「僕のピアノコンチェルト」を録画したときに、ちらりと坊主頭のあべちゃんが写り、急いで調べたら当日のこと。あわてて予約しました。
で、録ったはいいけど、Kちゃんちの状況は・・・・・よかった、PS3を持ってた!

一安心して、私もあべちゃんを鑑賞。

イヤ、これが・・・・・^^;
おもしろい!!

そっか、これ井上ひさしの脚本。
「吉里吉里人」読んだときのおもしろさとハチャメチャさ、思い出しちゃった!

ネタバレになるから詳しくは書きませんが途中から見始めた(なんせ3時間あるから)娘と連れ合いが、クスクスと笑う。
「何この歌、つ、ツボにはまった~」(娘)とか。

WOWOWでやってくれて見られて良かったけど、やっぱり生で見て、あべちゃんの大きさを感じてみたかったかもなぁ・・・。無理だけどさ。

| | コメント (9)

2008年10月 7日 (火)

普通に回復

鉄剤が無くなったので、病院に行ってきました。
採血の結果、13にまで回復していました。

普通の人に戻りました。^^;

先生曰く、
(貧血では)「使い物にならない人になっちゃうからね。」

せ、先生、キツイです・・・・・。(T^T)
好きで貧血になったワケじゃ・・・・

普通の人に戻ったので、3階まで階段を使って上りました。
息切れしませんでした。bleah

| | コメント (16)

2008年10月 6日 (月)

MAMAだ!

そろそろ、IL DIVOの新しいCDも発売されますが、さっぱり情報を追っかけていなくてすみません。CD情報もすっかりKちゃんに教えて貰う始末・・・・・。

いろいろ収録曲情報もでていることでしょう。
ところで、しばらくCDのでていなかったUKのCORTES君、どうしているかと思って覗いたら、6月にCDがでていました。
41b0qycaqyl_ss500_
なんと!
「SHE」歌っています。
え!
そして「MAMA」歌っていますね!
おお~!カバーされてるじゃないですか~!
果たして「みまんけら~い!」を叫んでいるかもっと聞いてみたいですが。smile

うん、UKはなかなか賑やかそうだなあ!
ソプラノ、ナターシャ・マーシュも、メゾソプラノ、キャサリン・ジェンキンスも新譜が。

どうしてでるときはまとまって出るんだろ・・・。catface

| | コメント (0)

生の迫力

Cd結局密林で購入したMartin Helmchenの新しいCD。
まだ2点在庫があります。^^;
しかし、これを買った人がIL DIVOを買ってる人って・・・・・^^;それ、私のせいでしょうか・・・^^;ちょっと焦りまくっています。共通点ないですよねえ・・・^^;
すみません、買ってくださった方はブログを読んでくださった方々でしょうか。^^;
Martinの演奏、いかがですか?

このCDは2007年10月の録音ですから、時間的に一番新しい演奏はNHKのベートーベンになりますね。

今年の3月にリサイタルで聞いたのがこのシューベルトのピアノソナタ20番でした。

最初にCDをかけた時、2chではあまりに物足りなく感じて、5.1chにして聞いてしまいました。
SACDなのですから、もちろんそれが一番いいのかも知れないな、とも思いますが、ホールで聞いた臨場感を家で得るには結構ボリュームを上げないと再現できていないような気がしました。

CDではかなり繊細な表現が美しく再現されていますが、大胆で強い音の表現はCDではなかなか難しいのではないでしょうか。
あの細い指からは考えられないような力強い音が降ってきたのを思い出します。

ピアノとピアニストと会場の三位一体。LIVEでしか感じられないことの違いがよくわかってしまいました。

だから、通の人はスピーカーとか機械にこだわるんだろうな・・・

モーツァルトのピアノコンチェルトがキラキラして美しくて聞きやすかったのに比べて、シューベルトはひと言で表現できないです。^^;

モーツァルトも、ベートーベンも、ご本人が弾いたのはこんな感じだったのかな、と思わせる演奏でしたから、してみるとこれがシューベルトの音楽なのかな。

21歳のMartin の映像を見ると、ちょっとふっくらした顔で、メガネをかけて、くるくる巻き毛で私は思わず「シューベルトみたいだ!happy01」と思ったんですよ。

実はこれから多分発売されるであろう、シューベルトの室内楽のほうも楽しみで仕方がありません。Martinの演奏は実に歌心があるので、きっと魅力的なアンサンブルを聴かせてくれると思う。

さて、第3曲がとっても有名な「楽興の時」ですが、これをケンプの演奏と比べてみたら、テクニックの差が一目瞭然で唖然。

何と言っても第1曲の三連符、Mertinの演奏に比べたら、ケンプの指はまるで動いてない・・・・。shock
もともとケンプはテクニックはあまり信用されてない人ですが、それにしてもまるでろれつが回っていないような弾き方。素人の私が聞いても解るくらい違う。

きっと弾ける人が聞いたらもっといろんな事が解るんだろうな、と思うのですが私に解るのはこの程度・・・・。

軽々と弾きこなすテクニックと、感受性と、暖かい音と、のめり込まない理性。

これから彼がどんな風に変わっていくのか見ていくのがとっても楽しみ・・・。

やっぱり生は違う、と解っていても彼はなかなか来てくれないからなあ、とまた今日もボリュームを上げて聞いちゃう近所迷惑な私であります。catface

| | コメント (2)

2008年10月 5日 (日)

レース編み

Photo太い糸も出来上がりが可愛くて好きですが、レース編みの醍醐味は何と言っても繊細な模様の編み込みにあり、太い糸のを途中にして(笑)猛烈に細かい作業がしたくなり、ちょっと古風なデザインの作品を編み始めました。

何でこういうのが出来るの?と言われますが、こうして段々出来上がっていくのが楽しいのですね。
楽しいから出来るんですな~。やっぱりそこです。
最終的に綺麗に模様が浮かびあがったら、大成功。

| | コメント (6)

2008年10月 2日 (木)

家電おばちゃん?

最近「家電芸人」と呼ばれる人たちがTV番組で新しい家電製品について解説していますが、見たことがありますか?

我が家は白物家電(冷蔵庫洗濯機掃除機炊飯器等)はまだ古い世代ですが、TV、DVDは新しいモノに変わりました。

これが、今までの考え方が全く通用しない世界なんですよ~。

今までのアナログ放送はDVDに焼いてコピーすることが出来ましたけど、地上波デジタルに移行すると、著作権保護がかかってCPRM対応のDVDディスクじゃないとコピーができないんです。
また、そのコピーからさらにコピーすることはできません。
D10(ダビング10)になったので、10回まではコピーすることが出来ますが、WOWOWなどの有料放送は1回しか出来ません。

このCPRM対応のDVDディスクはうちの古いDVDプレーヤーじゃ、全く歯が立たない。ガードががっちりで再生しません。
地デジに移行したら、DVDプレーヤーもそれに対応したのじゃなくちゃ見られないってことなんですね・・・・。

ほんとに、カセットテープやビデオテープって、なんて簡単だったんでしょう・・・・。

録画を友達にあげたいときは、相手が見られる機械を持っているか確認しないとダメなんです。

ここで、もしソニーのPS3をお持ちの方がいたら、それはすごいお宝ですから、ゲーム機だけにしておかないで、DVD再生に使ってください。CPRM対応のDVDだけでなくブルーレイディスクも、今までのDVDも、綺麗に再生します。
是非、LANに接続して初期設定してアップデートしてください。とっても使える機械です。

で、私は地デジ放送をどうやってアナログに焼いているかというと、TVで再生しているのをPCでさらに録画するんです。
アナログになりますから画質はデジタルよりは落ちるのですが今までそれをみていたんですから充分見られます。

AV家電は劇的変わっています。付いていくのが大変・・・。CPRMも、やっと覚えた(;´▽`A``
私でもこれは今までとかなり違うと思います。
ハイビジョン放送ををフルハイビジョン対応のモニターで見たあと、アナログ放送を見たら、もう、見なかった頃には戻れないです。
初めてコンタクトレンズをつけたときの感動に似ています。

もし、これから新しいDVDレコーダーをお買いになるなら、ダブルチューナーが便利です。録画したい番組が増えたので、子どもの予約と重複してもOKです。

そうだ、もう一つ。
最近のTVやDVDレコーダーにはそれぞれB-CASカードが付いています。(B-CASカードとはなんぞや?)
デジタル受信機1台につき、NHKとか、WOWOWとか受信料を払わないといけないことになっています。
私も、「え~、なんで?」と思ったのですが、そういう決まりなんですな・・・・。
というわけで、何となく納得できない人たちは(いや、ただの貧乏人^^;)TVはただのモニターとして使って、B-CASカードはDVDレコーダーに入れて使ってる、というわけでして。

これから買う方、「なんかそんなこと言ってたな・・・」と思い出して頂ければ幸いでございます。<(_ _)>

| | コメント (18)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »