« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

宿題を提出

Shukudai“水面に浮かぶ花束”

一見、静かな水面にさざ波が立つ。
それは、音楽だったり、出来事だったり、人だったり。

周りの景色を映す水面の奥深くで、何か湧きたっているのか、人には杳として知れない。

さざ波を立てに、花が1輪、2輪、あちらこちらから集まって、いつの間にか花束になって、つながっている・・・・・

花たちのお喋りが聞こえるような気がしませんか?

そして、水面もなにかクスクス笑っているようでしょ?

色は、氷河の雪解け水の色。
ネット編みは、太めの糸でも繊細さが出て好きです。
技術的には難しくありませんが、出来上がりは結構いい感じかな~と。

今まで、人にあげられるものを編んだことは無かったのですが、
初めてイメージを膨らませて編むことをして、編んでて楽しいことこの上なかったです。
このシリーズ、またやろかな。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (9)

ほにゃです。

Photoほにゃです。

今日はお姉ちゃんが来て泊まっているから、オイラ、留守番じゃないんだ。

大好きなばあちゃんがいきなり帰ってこなくなって、留守番していたんだけど、オイラ、留守番は嫌いなんだ。

外から帰ってきても新しいおかか出して貰えないし、誰も声を掛けてくれないし、誰も撫でてくれないんだ。

だから、夜まで兄ちゃんが帰ってくるの1人で待ってたんだ。

ちょっと寂しかったから、いままでは逃げてたうるさい奴らの相手もしてやるんだ。
結構ブラッシングもマッサージも上手くできるようになったじゃん。
おかか新しいし、海苔shineもトッピングしてくれるじゃん。
「留守番頼むね」ってごますりやがって。ふ。ま、イイケド。

しゃーないな。じゃあ、お礼に雀でも捕ってきてやるか。

オイ。
折角膨らました毛皮に手形つけて遊ぶな。annoy

| | コメント (9)

2008年9月27日 (土)

いったい何事?

実は母が入院中で、毎日病院がよい。
もちろん、行かなくとも看護はしてくれる。
でも、言動が怪しくなってきて、行かないとかえってこちらが心配になる。

いきなり話のつじつまがあわなくなり、同じ話を繰り返す。
この先、一体どうなるんだろう、そんな矢先。

私に代わって病院へ行っていた姉が、焦って電話をかけてきた。

同室の人に
「朝方、お母さん、私のところに歩いてきて、カーテン開けて顔覗いてる。」
と言われたと。

ちょっと待って。
マジですか?
あなたも頭大丈夫ですか?

母、歩けるはずないです。
身動きするのに介助が必要です。
点滴引きずって、バルーン引きずって、歩いていけるはず、無いです。
そんな体力も筋力もないです。

姉に看護師さんに確認して貰うように言って電話を切りましたが、
「絶対、不可能だ」と思う反面、もしかしたら動けるのか、という気持ちも。

「看護師さんも知っている」という自信ありげな主張と裏腹に、
看護師さんも聞いてびっくりだったそうで。
そりゃそうだわな~。
自力で歩けないのは看護師さんがよく知っているもの。

結局、反論も何もせず、部屋を変えて貰いました。
病人相手に騒いでいることはないし、
他の人まで構っていられない。

姉が言いました。

「それを言われたとき、『え?お母ちゃん歩けるんだ!』って嬉しくなっちゃったんだよね。」

私もさ、それが本当なら・・・・・と思ったわよ。
とんだ大騒ぎ。
なんだか、笑いたいような、怒りたいような、とほほ、な気分。
だからさ~、思わず書いちゃったよ!!bleah
誰か、怒るか笑うかして~。

| | コメント (16)

2008年9月25日 (木)

9月28日 N響アワー

9月28日(日)NHK教育TVの「N響アワー」にて、Martin Helmchenの6月の公演が放送されます。

ピアニスト・ベートーベン

前々回、マッシモ・ザネッティ指揮のレスピーギが放送されたのでもしかしたら、Martinの演奏も放送されるのかな~、なんて、考えていましたが早かったです。denk-pauseさんから連絡がなかったら見逃すところでした。

演奏は録画で何回も覚えるほど聞いたのですが、池辺晋一郎さんの解説で聞くとまたちがいますかねえ・・・・。
ただ、Mertinの演奏はベートーベンのオリジナルのカデンツァではないみたいなんだけど、ベートーベンのオリジナルよりは私は聞きやすくて好きです。
後からポリーニの演奏でオリジナルを聞いたら、雰囲気が全く違ってちょっとがっかりしちゃったので・・・^^;

しかし、モーツァルトもベートーベンも、こんなにピアノが弾けたのか・・・・・catface

「ベートーベン不滅の恋」のなかで、ベートーベンは一生懸命甥っ子(実は息子?)をしごいていたけど・・・やっぱり、血筋や努力だけでは・・・・。gawk
才能ってどこに現れるか、わからないんだよね。




| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

チューリップ

Photoやっとできました。「チューリップ」
今回は集中力がなかったのか、編んではほどき編んではほどき・・

ほとんどやり直し同然くらいほどきましたけど、出来上がりはまあまあ^^;

ちゃんとピンを打ってアイロンをかければもっとちゃんとするんですが、ピン・・・どこにしまったっけなぁ・・・・。

次はまた細いので編むか、太い糸にするか、大きいのにするか、小さいのにするか、はたまた毛糸にするか、思案中。

それとも、新しい本を探そうかな・・・。
こうして考えてるのが案外好きなのかも・・・。
そうだ、この仕上げの縁を編むのが一番好きかも知れない、って編みながら思ったんだっけ。

| | コメント (14)

2008年9月21日 (日)

渋谷区千駄ヶ谷五丁目

父はこちらの出身ですが、養子に出て東京に住んでいたことがあります。
早くに亡くなったので、詳しいことを直接聞いたことはありません。
母からの又聞きです。

末っ子に生まれた父は小学校に上がる前に母親が死んで、その姉妹の伯母(叔母?)に引き取られたそうです。
最初、ランドセルを背負って学校へ行く、といって喜んでついて行ったようですが、行ってみればそれは寂しくて泣いた、そうです。(そうだよね。)

引き取ってくれた養母はキクさんといいました。
キクさんも和裁をしていて、よく物差しが飛んできた、(叩かれた)と言っていました。
キクさんには子どもがなく、何人か育てていたらしいのですが、成人したのは父だけらしいのです。

父が亡くなったあと、東京のお墓を整理して、お骨をみんなこちらに持ってきたのですが、お寺は確か、上野か、浅草あたりだったと聞いています。
私は留守番だったのでよく知らないのです。
東京と言っても、上野か、浅草あたりと思っていたら、「渋谷区千駄ヶ谷五丁目」と書かれた戸籍謄本が出てきました。

渋谷だ。

なんだか渋谷に行く回数が多いのは、呼ばれてたんかいな・・・・・・。
「渋谷区千駄ヶ谷五丁目」丁度、代々木駅と新宿御苑にはさまれた狭い界隈ではあります。

母が言うには新宿駅で下りて、新宿御苑のほうへ歩いた、といいます。
もう、面影は御苑のあたりしかきっと残っていないだろうなあ。
今度、深夜バスで新宿に午前5時頃ついて、人影まばらな道を千駄ヶ谷に向かって歩いてみようかな。
新宿御苑に行ってみないとな・・・・。
本当はこういう事は20年も前に母と一緒にやっておけばよかった。
でも、その頃は全くそんなこと、知らなかったんだもん。

・・・・・あのさ、もしかして父は東京の小学校卒業しているの?

全く気が付きませんでした。
千駄ヶ谷五丁目付近に小学校残っているんだろうか。
今頃そんなことに気づいてもなあ・・・・・。

だけど、「キクさん」遠いけど、血が繋がっているんだよね。
まあ、私はよそのお墓に入る人だけどね。catface

| | コメント (2)

2008年9月19日 (金)

褒められた

Photo_2最近のお気に入りの靴です。
見つけたときは細身で履けるかなぁ、と思ったのですが、履いたら緩からずきつからず、吸い付くようにフィットしたので、即決で買ってしまいました。

だって、私の足でも格好良く見えるんだもん。

またこれが一日履いていても疲れず、いい靴です。

写真では解らないんですが、このとんがり具合と反り返り具合が某スイス人のお父ちゃんにも、某オーストラリア人のお兄ちゃんにも負けて無いと思い、1人でクスクス笑っていましたが、今日、バッグ屋さんの店員さんに褒められちゃった。

バッグをお勧めされてる最中、「その靴変わっていますね、カッコイイ!」

えへへ。そぉぉぉ?

バッグを売るためのお世辞でなく、ふと気が付いたみたいなのが、面白かったです。その店員さんは靴も好きなんだと言っていましたから、そういう人に気が付いて貰えてちょっと嬉しい。note

お気に入りの靴を履くのは気合いを入れるのと自己満足以外の何者でもありませんが、この靴はちょっと違った反応が貰えてさらに楽しいのです。

この間も病院で「カッコイイ」といわれちゃったし。

いいの。例え、カッコイイ=変 でも。( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (6)

2008年9月18日 (木)

ふわふわ卵かけごはん

某所で卵かけご飯用の醤油の話題が出て、自分の食べ方を言ったらどうも、他の人と違っているみたいなので、^^;ちょっと紹介してみようかと思いました。( ^ω^ )

1 ご飯茶碗よりちょっと大きい器に卵を入れて、私は「白だし」を入れます。さらに醤油をちょこっと入れるときもありますが、気分次第。( ^ω^ )







2 普通に混ぜます。
ごくフツーでしょ?









3 ここに、ご飯を投入。
今日は冷凍ご飯ですが、炊きたてほかほかご飯がそれは美味しいです。








4 入れたら、かき混ぜますが、「ぐるぐる」っと、納豆とかオクラの粘りを出すくらいいっぱいかき混ぜます。
そうすると、口当たりふわふわのタマカケご飯ができます。

子どもの頃は白身のきょろきょろが苦手だったり、または、そこをわざわざたべたりしたのですが、最近はこればっかりです。smile

たまたま、卵を用意したら、ご飯が少ししかお釜に残っていなかったとき(子どもにみんな食べられた^^;)にひたすらかき混ぜたら、美味しかったんです。

まあ、人それぞれですけど・・・・。しっとりふわふわマイルドなタマカケご飯になります。
お嫌いでなかったら、一度お試しあれ。

| | コメント (9)

2008年9月15日 (月)

撮れました

0809150tukimi昨夜の月です。

撮影、ウチの次男。
露出を調節すればウチのカメラでも撮れたんだわ~。

もっとちゃんと模様が映っているのは残念ながらぶれてるんです。^^;

これは面白そう。私もやってみたい!lovely

| | コメント (8)

その後

080915お月様、皆様見られましたか?
深夜、このあと月は雲に隠れてしまいました。

最近更新が滞っているのでその後の報告を少し。



Photo_2 夜顔

九月に入って晴れの日が続いたので、花芽も大きくなってきました。


寒くなるけど何とか咲いて欲しいcoldsweats01





Cd

CD

MartinのCD、結局密林で買ってしまいました。

HMVからは、まだ何の音沙汰もありません。(´;ω;`)ウウ・・・

感想はまた後日。


Keikahoukoku レース編み

ええ、一度完成間近まで編んだんですよ~。

でもなんだか気に入らなくてやり直ししています。

(^凹^)ガハハ


| | コメント (4)

2008年9月13日 (土)

お月見

九月に入って、月が綺麗に見えるようになってきました。

晴れて暑いくらいですが、空気はぐんとさわやかになりました。

Photo お月見のお菓子もすでに出ていました。

モミジもキキョウもコスモスもありと、なんだか盛りだくさん。^^;でも、ころころのうさぎさんがなんだか可愛い~。

そんな折り、ピンポーン、と届いた箱はHMVの箱。

え?HMV、発送メール来てないけど???と、びっくりしちゃったですよ~。そこも計算のうちだって。

開けたらまたびっくり。

Photo_2 箱一杯に入っていたのはカルシウムと鉄強化のウエハース。(幼児向けhappy01

わははは!!

このインパクトは是非、見て貰わなくては!と思い、写真に撮っておきました。

中秋の名月には遠くの友人に贈り物をする日なのだそうです。

この日には丁度、遠くの友人からまあるい贈り物も届きました。

いつも気にかけてくれて、ありがとう。

明日の夜、どこからでも月が見られると良いですね。

今年は間に合わなかったけど、来年は私も贈り物をしてみようっと。

| | コメント (12)

2008年9月 8日 (月)

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

Millais 何故か人の多いところは苦手なはずなのに、どうも人一倍人の多い渋谷に行く回数がめっきり多いのはどういう巡り合わせなんだろうか。^^;

20年ぶりに東京へ出てきたときも渋谷駅で真っ青のなったっけ・・・。

それなのに、またもやBunkamuraに行くことになった。

今回フェルメールを見に東京へ行ったのだけれど、運良くMillais展も始まっていたのだ。

6月に薔薇空間を見に行ったときに、すでに案内が出ていて、これは是非見に来たい、と思っていたのだ。

ミレイの名前は記憶になかったのだが、このオフィーリアの絵は「ラファエル前派」の名前とともに、実に40年私の記憶の中にず~っとあった。

小学生の頃の愛読書(?)百科事典の別冊の「世界の美術」飽かず何度も眺めた本の中で初めてであった。

少女趣味といわれればそうなのだが、12~13歳ごろ「海潮音」とともに、ダンテ・ガブリエルとクリスティナのロセッテイ兄妹の名前は私の中にすり込まれてしまったのだろう。だから「ラファエル前派」と言えば自分はロセッティが好きなのだと思っていた。

でも、40年も経って一目で「オフィーリア」と解った自分にも驚いたし、まさか日本で本物を見ることが出来るとは思ってもいなかった。ミレイの絵はこの「オフィーリア」しか知らないので、今回の回顧展は非常に興味深かった。

Bunkamuraでは絵を舐めるように眺めることが出来るので本物がかなり大きいことも、画面の植物が精密に描かれていることもオドロキだった。そして私はその絵の額をまじまじと眺めてしまった。

大柄で派手な額ではなく、控えめにヒナギク(?何か可憐な花であった)をあしらい、精密な連続模様の描かれた美しい額だった。絵はがきや図録は絵そのものしか載っていないのでこれは実際に見た人しか解らない。その絵を現実から切り取ってみせる額縁が、「オフィーリア」にこんなにぴったりな工芸品だったとは。

ところで、「ラファエル前派」以後のミレイ氏は肖像画をたくさん描いていて圧倒される。人物においても風景においても、その技量は素人目に見てもスイスの画家、アンカー氏(同じくBunkamuraで回顧展がおこなわれたので)よりはるかに上をいっているように見えて、思わず唸ってしまった。^^;

フェルメール展と違うところは私が見たことのない絵が多かったので1点1点じっくり友達と変なところに突っ込みをいれながら見られたことが非常に楽しかった。

次はいつ何がBunkamuraに来るのか楽しみではある。あ、その前に同時代のウイリアム・モリスが東京都美術館に来るんでした。これもすでに前振れが出ていました。そういうこともちょっと知っていると楽しいですね。

因みにダンテ・ガブリエル・ロセッティとその妻エリザベス・シダル(この「オフィーリア」のモデル)とウィリアム・モリスとその妻ジェーン・バーデンにはなにやら因縁があるようです。まあ、退廃的というか、十九世紀末的、というか・・・・ロセッティのばっけあろ~、って感じですけどね・・・・。芸術家ってなんか不健康。

| | コメント (10)

2008年9月 5日 (金)

メインディッシュ

Photo 実は平日にもかかわらず、東京へ行ってくることが出来ました。

ちょっと健康上の不安を抱えたままでしたが、新幹線でbullettrainばびょ~ん、と。

絵画だけ見てとんぼ返りのつもりが、ラッキーな事が重なって、結構ゆっくり出来ました。

上野でフェルメール展を見たあと、なんだかすっごくお腹の空いていた4人は新丸ビルでランチ。

貧血が解ってから初めてしっかりお肉を食べたような気がします。^^;

偶然選んだお店は飲めない私でも美味しそうなシャンパンのお店でした。せいぜい40mlが限界の私も飲んでみたい、と思ったんですよね~。

選んだのは他の人の半分。でも、飲みきれるか心配でした。

いや~、昼間っからアルコール、贅沢で幸せ~。一口飲んだらフルーティ。美味しい。甘過ぎもしない。それから温度。

時々家で飲む発砲カクテルは冷えすぎなのだと解りました。(だって、飲んべえじゃないも~ん)

しかし、これ「腰が抜けたらみんなで引きずって行ってね。」といいつつ、コーヒーがでる前になんとか飲み干したのでした。coldsweats01

さてお料理はサラダかスープを選びます。(サラダの器が可愛い!)

私はスープを選びましたが、これが飲んだことのない「栗の冷たいスープ」

栗の甘さがマイルドで、ほんの少しスープらしい塩味が感じられる程度。

氷を囓りたいなんだか火照り気味の私にはぴったりでした。

そしてメインがこれ、“豚肉のロティ”

その大きさにびっくりして写真撮ってしまいました。(ここでSDカードが入っていないのに気づき、その後写真はNG^^;今回はとにかく東京へ行く事に意味があったみたいです。)

貧血の私に「食え!」とばかりな存在感。smile

ローストした豚肉ってあんまり作らないし、食べないんですけど、お腹一杯になりました。

この大きな豚肉の下には小さいジャガイモがゴロゴロと、シメジが。ジャガイモもきっと一緒にローストしたのかな~、なんて思いましたが、シメジがちょっと私にはしょっぱかったかも知れません。

ほろ酔いで、ふわふわして、まだお昼なのに、なんだかすでに一日が終わった様な充実した時間でした。wine

ああ~、楽しかったな~。

新丸ビル、お値段もそれなりにお高いですけれど、出して損した、とは決して思わせないですね。さすが東京。

| | コメント (10)

2008年9月 2日 (火)

当たり

Atari ガリガリ君の梨は期間限定品だったので、最後にあるだけ買い占めた。その数9本。

そしたら、そのなかに1本当たりが!!!

初めて見ました。

5本くらいはまとめて買ったことがあるのですが、今まで当たりが出たことはありませんでした。

しかし、こんなに買ったのはこの梨だけ。

新しく出た「ぶどう」はそんなに食べなくてもいい・・・・・。

梨がなくなってとっても残念です。

実はここだけの話ですが、9本買ってきて、4本、立て続けに、食べちゃったんです。

考えられないでしょ?普通お腹壊すよね?

実は今日はわざわざ冷凍庫から氷を出して、アイスコーヒーに入れて食べちゃったんですよ。

自分でもこれはやばいんじゃないかと思い、さすがに病院に行ったら、今までで最高(最低?)のヘモグロビン値6.9g/dl

およよ。採血の結果を見るまでもなくいっしょに注射もされちゃった・・・・orz

大丈夫か、私・・・・^^;

通りで最近からだが動かないと思った・・・・・・orz

貧血になると氷が食べたくなるのって本当です。

さすがに4本立て続けは自分でもおかしいと思ったんですよ・・・^^;

当たってました。貧血。あ~あ。

こういうのは当たらなくてもいいんですけどねえ・・・・shock

| | コメント (18)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »