« 日々是好日 | トップページ | 濃い夫婦 »

2008年4月23日 (水)

まじめな話

この前ふと、源泉徴収票をどこにやったかな?と思い出した。

ここ数年同じ事を繰り返しているので、今年はちゃんとしておかなくちゃ、と思ったのは覚えている。だから、明細書とは別にしたのだ。それが徒になった。

どうしたのか覚えていない。^^;

明細書はちゃんとあるのに肝心の源泉徴収票がない。なまじちゃんとしようとしたのが悪かった。いつものように、とりあえず入れておく引き出しに放り込んでおけばよかった。(それが一番安全^^;)

昔はそんなことなかったのになあ・・・・。アレはどこに置いたっけ、なんてそうそうはなかったのになあ・・。

で、まだ探していない。探さなくちゃ・・・^^;

それに関係しなくもないんだけど、文房具売り場でこんな物を見つけた。

Pap_0463

「家庭の医療ファイル」というもの。

今まで医者いらずの家族だったのですが、段々歳をとってきたし、誰が見ても解るようにしておかないといけないかなあ・・・と思って。

保険証もカードになって、個人で持つようになったので、すべては自己管理かな、とも思うけど、いずれ老人二人になるんだろうしなあ・・・・。

まだ入れる物はそんなにないけれど、そのうち一杯になったりして・・・。

医療といえば今話題の後期医療制度、母もその対象なのですが、母の場合以前は兄の扶養になっていました。しかし、兄はもともと事務畑に詳しいので、すでに手続きをして扶養からはずれて国民健康保険になっていました。おかげで混乱もなく、次の年金支払いの時に引き落とされるらしいです。

この制度が決まったのが2年前の小泉政権。郵政民有化選挙で圧勝したときでしたか。あのとき、私は今後世の中どうなっても諦めるしかないわ、と思ったのですが、思った以上に生活が厳しくなっています。

古い源泉徴収票のほうが大きい数字で、これから学費の負担も重くなってくるのかと思うと、おちおち病気もしていられない。

何でも先送り先送りしてきたツケがここに来ているのかもしれない。

確かに目先の生活が何とかなってくれるのはありがたいけれど、(ガソリンが下がったこととか)しかし、うちの脇の国道なんか、私が高校生の時から工事をしているけれど、いまだに未完成だし、地方道に至っては息子に「コレのどこが環状線?」といわれるほど、30年経っても直線部分しかできていない道路がある。連れ合いと「コレが本当に環状線になるには100年くらいかかるかもね。」としみじみ言った。道路はもういい、ってどこの基準ですか。道路だけど、そうじゃなくて要は公共事業がなくなったら困る人がいっぱいいるんだろうと思う。

話し出すと止まらなくなるからもうやめにしておきますが、真面目な話、こんな世の中になるなんてね・・・・。ちょっと今日は後ろ向き。despair

|

« 日々是好日 | トップページ | 濃い夫婦 »

コメント

だんなの会社、源泉徴収票は待ってたらもらえないんだよ。言わないと。給料明細だって何もかもペーパーレスでだんながコピーをとって来てくれるからわかるけどthink
毎年医療費控除をやってるけど(うちの場合母も一緒なので)個人別にまとめて計算するのも面倒だよね。1年分をまとめて箱に入れておいて、翌年のはじめに計算するんだけどね。

ガソリン値下げは嬉しいけど、そのツケはどこに回るか考えたら怖いcoldsweats02
道路工事のためのお金をどっか関係ないところに使ってるのをやめたら、道路もできて、税金もあげなくてすむんじゃない?ってのは素人考えなのかしら?

こっちは新しい知事と市町村長のバトルが大変だよbomb
改革には反対はつきものだけど、涙はどうかなぁ~・・・・

投稿: まなみ | 2008年4月23日 (水) 15時38分

まなみさん

うわ、パーパーレス!そこまで進んでるか~。
うちはまだまだlow-techで文書がいっぱいだけど。
段々なりつつあるよ、ってさ。

>>>こっちは新しい知事と市町村長のバトルが大変だよ

見た見た!全国の注目の的だもんねえ!
Mゆきちゃんとこの市長さんも噛みついてたね~。
そうそう、泣いたらアカンよね。
泣きたいのはこっちだし。think

投稿: ぴろ | 2008年4月23日 (水) 21時16分

どうも、噛み付いてた市の住民です(笑)
でもうちの市長もたいしたヤツじゃないんですよ、実は。
噛み付いてる場合じゃないっつーの。pout
知事もねぇ...泣くなんて...子供じゃないんだから...

後期高齢者医療には泣かされてます...
持って来ない(分かってない)人の手助けをしてやれって通達も来てるんですよ。役所に電話して問い合わせてあげなさい、とか。
医療点数算定も厳しくなってるのに仕事は増やされてweep
道路の基準は都会なんでしょうかね。
うちの田舎も中途半端なのが...
でも大阪では「何回掘るねん、その道路」ってとこもあるし。
小泉改革はニュースで聞くよりずっと過酷な改革やったんですね...

投稿: みゆき | 2008年4月23日 (水) 22時47分

みゆきさん

あら、ありがと、出てきてくれて。
そ~なの、みゆきちゃんところでいろいろ聞いてたもんだから、TVで、まじまじ見ちゃったのよ。コレが例のお役所の親玉かい?なんてね。

>>>小泉改革はニュースで聞くよりずっと過酷な改革やったんですね...

ほんとだねえ・・・。
財布を預かる身としては、借金で首が回らなくなっていたらとにかくどうにかしなくちゃならないって言うのもわかるから、改革って言うのも仕方がないし、税金が増えてもある程度仕方がないと思うけれど肝心の無駄使いがどうにもなっていないみたいだしねえ・・・ーー;

後期高齢者医療制度も、きっとそのうちまた、変わるよね。
泣かされるのはいつも現場の人になるんだよね。
手助けしてやりなさいって、役所の尻ぬぐいをなんでせなならんの?って思うよね~。pout


投稿: ぴろ | 2008年4月23日 (水) 23時51分

お久しぶりです♡

こういう問題って、ホントに難しい。
サービスをどこまでアタリマエと感じるかということにも
大きく関係してくることなんですよね。ここまでは国の責任とか行政の責任とか。アメリカ輸入の「自己責任論」がアタリマエになると、それはもう恐ろしいことになるけれど、全てを税金で賄えるものでもない。(書店に並んでいる岩波新書「ルポ 貧困大国アメリカ」を読むと、深刻さにがく然としました。)
もっとよく考えて考えて行動することが大切ですよね。

というわけで、私は歯が痛いのを「このくらいで歯医者に行っていたら大変だーー」とずっと我慢していました(笑) そうしたら、
全身が酷いことになってしまって(笑) 歯医者では「脳天まで達する痛みだったでしょ。大人にならなきゃダメだよ」と言われましたわ。大人になるって・・我慢をしないことなの? 足の指を骨折しても39℃近い熱が出でも仕事をしていた私は子供だったんだねーー(涙) ああ、医者に行くポイントがわからないーーー。

投稿: かろちゃん | 2008年4月24日 (木) 06時47分

ごめんcoldsweats01
まじめな話もそうだけど、私、源泉徴収をどこにしまったかわからなくなったっていうほうに、激しく反応しちゃったわhappy02
そうなのよ、今度からこの大切なものは、こちらにしまっておこうと、わざわざ気の利いたことをすると、その場所がどこだったか忘れてしまうのよね・・・。まずいよね・・・。

世の中は、一国民が苦言を呈したところで、なにも変わらないのがなんだか空しくて・・・。
わずかな年金から天引きされる一般庶民のお財布事情なんて、政治家の方達には想像も出来ないんでしょうねぇthink

投稿: きよみ | 2008年4月24日 (木) 12時01分

かろちゃん

歯は放っておいても直らないでしょ?それは早めに行かないと・・・。^^;
いずれ下がる熱とか、いずれくっつく骨とは訳が違うでしょうよ~。coldsweats01

>>>医者に行くポイントがわからないーーー。

私も実はわからないのよ。
滅多に病気をしないので、かかりつけの病院もなかったし・・・。
私が行くポイントはなんかヤバイ?と思ってから・・・。^^;
それも、アヤシイかかり方だよねえ!coldsweats01
そんなことしていると手遅れになっちゃうかもね!hehehe!


きよみさん


あはは!出てきたよ、源泉徴収票!
揃いましたから今度こそちゃんと保存しなくちゃ。^^;


>>>一国民が苦言を呈したところで、なにも変わらないのがなんだか空しくて・・・。


そうなのよね、そう思うと、なんにも言う気がしなくなるんだけど、それじゃいけないのかしらね。think

投稿: ぴろ | 2008年4月24日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々是好日 | トップページ | 濃い夫婦 »