« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

ぼたん雪

080331朝起きたら雪だった。

080331b ぼっさぼっさとぼたん雪。

直ぐに溶けてしまうけれどね・・・。

花の便りをきいたのに、こちらはまだこんな気候です。

| | コメント (8)

2008年3月30日 (日)

アラバマ物語

今日はWOWOWで映画「バッテリー」を見ました。

本の感想も何だか半端になってしまったのですが、最初の1冊目が一番まとまっていたというか、主人公が生きていたように思いました。巻が進むに連れ主人公が動かなくて、周りのキャラクターが立ってしまっていた。

そのあたりを映画はなんとかまとめ、本ではなんだか解決の付かなかった親子関係まで何となく無難に収めてしまったようで・・・・私としてはなんだかな・・・・。

今頃こんな感想を書いてしまってすんまそん。

さて、逆に映画から本を読んでいました。ここのところ。

アカデミー賞がらみでBSで「アラバマ物語」を見ました。

すると連れ合いが昔、家に本があって呼んだ記憶がある、といい出しました。ちょっと調べてみると、いまだに絶版にならずに出ています。丁度買う予定の本(ビーズニッティング)と一緒に買ったのでした。

Hi360337 舞台は1935年のアメリカ、アラバマ州メイコームの町。

母を早くになくした、弁護士の父と3人暮らしの兄妹。

その女の子の視点から描かれた物語。

その時代まだアメリカが貧しく人種差別がまかりとおっていたころ。兄妹の父親は無実の罪をでっち上げられた黒人青年の弁護を担当することになります。

アメリカ南部の人々に存在する階級や偏見、そして良識。

原題「TO KILL A MOCKINGBIRD」の意味が深く重い。

映画ではその場面が一つの山場ですが、この女の子が生き生きとしています。

小生意気で男の子並に乱暴で、頭が良い。

子どもには謎の住人が想像をかき立てる。しかし子どもはいつまでも子どもではない。成長してゆくのだ。

そういえば、自分の子ども時代にもそういう存在があったなあ・・・・。

彼は「イサオちゃん」と呼ばれ、小学生にはちょっと知られた存在だったのだ。後年、私は「イサオちゃん」のお父さんと同じ職場になった。

ということを思い出しもした。

今となっては前世紀のお話しなのだろうな。

しかしこの本が出版当時と全く変わっていないようなのだ。平成18年で35刷。パーパーバックの体裁をとっている。初版は1964年くらいのようだ。さすがは暮らしの手帖社・・・。

世の中すべて変わったような気がしたけれど、変わっていないものもあるのね。

時々忘れられた本に目を向けるのも一興かと思う。

| | コメント (2)

2008年3月29日 (土)

Martin Helmchen 追記

5186305 ちょっと探してみたところ、PentaToneのHPでボーナスDVDの映像がまるまる見られます。

彼の演奏はこれです。

興味のあるかたはご覧になって下さい。

最初はうまく再生しないかも知れませんが一度読み込むと2度目はスムーズに再生します。

7分余りまるまる聞かせるなんて気前が良い。

でも買った私はどうよ・・・・・・orz

ま、いっか。

| | コメント (12)

ピアノ・モード

マーティン・ヘルムヘンピアノリサイタルの翌日、BS2で「ピアノの詩人 ショパンのミステリー」という番組の再放送があった。以前BShiで放送した物のなのでそのときも見たはずなのだが、改めて見て、肝心のところよく見ていなかったんだと感じた。なにしていたんだろう・・・。

内容はピアニスト仲道郁代さん母娘がショパンゆかりの地を巡る旅、という体裁をとりながら、ショパンの創作の秘密に迫っていく物だった。

ショパンの楽譜に細かく指示された指番号と、ペダル記号、それは何故なのか・・・単に合理的な運指ではないので、仲道さんは疑問に思っていたのだった。

ショパンは指にはそれぞれ力の入り具合に役割があって、それを考えた運指をしていたのだと言うことが解る。それが実際にどういう事なのか解る最後が圧巻だった。

ショパンの使っていたのと同年代のプレイエルのピアノ(非常にコンディションのよいものを見つけ出して)を弾かせて貰ったのだ。

これは素人でも、現在のピアノと全く違うのが直ぐ解る。

最初はおそるおそる弾いていた仲道さんがだんだんこのピアノの魅力に取り憑かれて行く様子は鬼気迫るものがあった。

プレイエルのピアノがどう鳴ったのか私の言葉でどう表現できるか伝えられるかわからないけれど、ひと言で言って、陰影が深い、ということかと思う。現在のフォルテピアノの低音も高音もある種金属的な音色とちがって、とても柔らかい音色なのと、それが重なり合って響くとき一色ではなく何か、多彩、なのだ。どの指を使うかで音色が違う、とでもいうべきか、それぞれの指の力加減が即反映されるのだ。

構造的な違いで、ペダルの指示もこのピアノを使うときの指示なのだと言うことがあっさり解き明かされる。

今はかなわないけれど、このショパンの時代の音、非常に豊かで、できるならもっと聞いていたいと思わせるのもだった。

ちょっと一挙にピアノモード突入の予感・・。

| | コメント (2)

2008年3月28日 (金)

マーティン・ヘルムヘンピアノリサイタル

Hi360353

以前ちょっと予告していました「マーティン・ヘルムヘンピアノリサイタル」へ行ってきました。

昨夜はあいにくの雨のなか、隣町へと車を走らせました。ここは玄侑氏在住の小さな町ですが400席ほどの立派なホールがあります。

驚いたことにホワイエにて飲食コーナーも用意され、本格的。CDも販売されていたので(サイン会つきだあ!!heart04)65枚限定、早速買っておく。

何とこれ、SACDだ!

Hi360351 席はこの位置。コンサート経験値豊富なYこさんにアドバイスを受けて、前が塞がっていない席をなんとかGet。手元はあまり見えないけれど、表情はばっちり見えました。

わ~、かわいい。写真より、実物はもっと可愛いです。

しかし、演奏が始まったら、容姿がどうのこうのミーハーするのがおこがましいほどのテクニックと、「堅実さ」とでもいうか、(私の好きなケンプに似た)ドイツ人らしい質実剛健な印象。彼は6月にN響の定期演奏会でベートーベンのピアノ協奏曲4番を演奏するようです。(これならTVでも見られるか・・・)

演目はバッハ パルティータ6番

メシアン 「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」から17番13番15番(は、変更になったけど何番になったか聞き逃した・・・^^;)

シューベルト ピアノ・ソナタ20番

リスト スペイン狂詩曲

うわ~、遠目に見ても横顔のラインがはっきりくっきりなんて見ていると、いきなりメシアンの不協和音ががーん、と襲ってきてびっくり。これは初めて聞く曲でしたが、どうして近代の作曲家の曲って、ふきょってたり小難しいフレーズが多いんでしょうか。にもかかわらず、なんだか滑らかで眠気が襲ってくる。気持ちいい?(^^ゞ

楽譜(どう見てもA3くらいの紙、数枚)を1曲終わるごとに床に置くのも初めて見ました。^^;な、なんで?(床に置かれたままの楽譜は休憩時間に回収されたようでした。)

後半はシューベルトとリスト。

うっひゃ~もう、これでもかってテクニックの見せつけてくれました。

しかし、ピアノってこんなに鳴るのね。

弾く、というより、鳴らすと言う表現がぴったりのような。

だだだだだだだ~と音に叩かれながら、あっという間に終わっちゃった。

アンコールが3曲あったのですが、ドイツ語で話されても何が何だか。^^;

ふ~、しかし本当に染みこんできたのは何だかテクニックで圧倒された演奏会ではなく、帰ってから聞いたCDのモーツァルトの方。

私はモーツァルトは苦手にしていたのですが、これはなんて優しい。音がshineキラキラshineしているではないですか。わ~、なんで生でこういう選曲をしてくれなかったのかな・・・。

これはボーナスDVDつきで、録音のリハーサル風景とか、インタビューなどが入っていますが、なんと、彼メガネeyeglass掛けてます。デジャヴ・・・メガネに巻き毛・・・そうです、ダサウルスにそっくりです。思わずぎゃ~、っと悲鳴。(で、息子に「めがねっこ・・・」と言われる)

ダメだ、ツボすぎる。thunder

ど、どうしよう・・・。

ところで、サイン会ちゃんと並んでサイン貰ってきました。(^^)v

なんだか間近で見てきたのによく覚えていないんです。

図々しく写真も撮って貰いました。

写真を撮るときにわざわざ隣に来るように手招きしてくれたし、こんなおばちゃんなのに優しくしてくれました。それにしてもドイツ系の人、顔大きいと思いません?セブの小顔に比べると大きいUrsといい、ただし、舞台映えはしますねえ。ちょっと後ろにいるとはいえ、彼より顔が大きくなくてよかった。coldsweats01

それにしても、自分こんなに心臓強かったっけ?^^;

こんなに近くに寄り添っちゃって・・・・(;^_^A アセアセ…

ちょっとあとから自己嫌悪に陥る。でも・・・・ま、いいか。bleah

ここで売られたCDは日本版ではないので解説は英語ですし、DVDはもちろん英語です。そして、これはただのCDではなくてSACD(スーパーオーディオCD)なので、それに対応する機械でないと再生できません。最近の機械はどれも対応しているのかしら・・・。DVDはPAL方式のDVD。うむむ・・・。説明なく普通に売っていたけど、買っていったおじちゃんおばちゃん達、ちゃんと再生しているんだろうか・・・。

と、つぶやいていたら「何でアンタが心配してんの?」って。それはそうなんですが。^^;

| | コメント (10)

2008年3月25日 (火)

復活の日

久しぶりにILDIVOの公式サイトをチェックしに行ったら、向こうはイースターだったんですね。

一応、イースターオメデトウのひと言が。

Carlos, Urs, David and Sebastien will be spending a relaxing few days with family and friends and hope that you all have a great time over the long weekend.

Few days?

Day?Day?

(そうね、きっと見えないところでお仕事をしているのね。)

もう、何ヶ月も待ってるんですけど・・・気分的にはYearsって感じ。あう~crying

忘れてやる、忘れてやる・・・・・orz

そうこうしていたら、長男が「Yahoo開いて!」

何事かと思えば・・・こんな訳。

おお!「てんちゃ~ん!!」

左右が違うけどさ。

Grl_0341

長男の携帯に入っていた写真があり、、みんなで赤外線送信!^^v

あ、これ、私だし。

そうか、自分が抱いてるのは自分じゃ撮らないものね。

そうか~、てんちゃんは「ダイヤモンドの瞳」の持ち主だったのか・・・。shine

てんちゃんも復活の日でした。

| | コメント (7)

2008年3月22日 (土)

買い物

Photo_2 4月は新生活が始まりますね。今日はその準備で、必要な物を買いに出かけました。

長男は四月から私服なので、スーツを誂える事になりました。誂えると言っても、学校で着るんですから、安売り量販店の既製品ですが。^^;

昔は若い人のネクタイと言えばエンジのネクタイが必ずあったように思ったのですが、今は、こんなのなんですね。

と連れ合いに言ったら、「いったいいつの話をしてるの?」と言われてしまいました。

だって、最近の若いビジネスマンなんかに会わないモン。

黒いスーツに白いシャツ、してても白いネクタイの人たちしか、見てないモン。フッ(~ー~)

Pap_0339_2 ところで、量販店ではこういうのも売っています。これで、3年間は有効ですから、って。

3年用って普通に売ってたっけ?^^;

自分で管理して貰わなくちゃいけないので、これは買いました。

やれやれ。

次は娘です。まずは電気屋さんへ、入学の三種の神器(?)

Photo_3

電子辞書、ソーラー電波腕時計、そして携帯電話。

電子辞書、私も欲しい~(T^T)

それから自転車は黒いアルベルト、うちではすでに“クロベルト”と愛称がついてしまいました。smile

長男はそんな高価な自転車・・・とか、ぶつぶつ・・。

「だってね、お金のかからない学校に入ったんだから」と言われて渋々納得。それにPC買わないし。

買うのが大変だったのが、靴。^^;でも何とかみつけました。

やれやれ。

ところが、次男が携帯を水没させるという、予想外の出来事が発生。shock

やれやれ・・・。coldsweats01

お買い物、終わりません・・・・。(T^T)

| | コメント (9)

2008年3月21日 (金)

世界は広い

世界フィギュアが始まって、早速女子のSP。

蓋を開けたら、イタリアのコストナー選手がトップ。

最強の日本女子、といわれながら、やっぱり世界は広いなあ!

シーズン最後の大舞台に合わせて調整してくるもんだ。

お人形さんのような選手達を見るのも楽しみで、今回は色素の薄い北欧選手もTOPグループにいて目が離せない。

コストナー選手も地元トリノオリンピックの時あまり活躍できなかったが、ここへ来て花開いた感がある。

しかし、ここはやっぱり浅田真央ちゃんに頑張って貰いたい。

今シーズン苦しんだSP,今回はかなりまとめてきた。

しかし、自分で60点といっているのには驚いた。う~ん、きびしい・・・・

コーチもなく試合に挑んでいる姿は何か一段上った感じ。

フリー頑張って。

| | コメント (3)

2008年3月20日 (木)

ソラノヒカリ2

引きこもりだったので、また作ってみました。

一応、禁転載ということでお願いします。

音源を頂いたおたさんに感謝。<m(__)m>

| | コメント (4)

2008年3月18日 (火)

引きこもり

080317f

花粉飛んでいます。

車に積もっています。

ローションティッシュ、ハードミントキャンディがなくてはいられません。

なるべく外に出ないで過ごしたい・・・。

じっと我慢でやり過ごす・・・・・。

| | コメント (9)

2008年3月16日 (日)

甘くてしょっぱい

Photo_2 自分にホワイトデーというのはなかったのですが、(なんせ、その日は合格発表・・・^^;)何故か届いたお菓子がちらほら・・・。

抹茶の生ういろうは柔らかく、以前兄が買ってきていたのはいったい何だったのかと思うほど美味しい。抹茶の香りも上品。heart04

これ、堅くなるので冷蔵庫に入れないでください、と書いてある。coldsweats02

ひゃ~、昔はお母ちゃん、冷蔵庫にしっかり入れてたやんか!orz

どおりで堅くてもさもさって・・・^^;恐れ入りました。

手前のピンクのお菓子は一見、カステラに羊羹がけみたいな感じですが、これが今まで食べたことのない組み合わせ。

下はバターの利いたパウンドケーキ、上は桜風味の羊羹なのだったcherryblossom!うま~い!

結構、バターの風味も濃厚なのに、甘くてしょっぱくて、後味がくどくない。

Pap_0218 そういえば、最近こんなお菓子もお気に入り。コンビニの塩キャラメルは丸いボールになっていて食べやすくてなかなか良いですぞ。

レモンピールのソフトキャンディは苦いっす。^^;でも、やめられな~い。

ゼリービーンズはケースが可愛くてつい購入。bleah

Photo_3 甘くてしょっぱくて幸せなお菓子、極めつけはやっぱりこれでしょう・・・。

こちらも頂き物。

ディスプレイもちょっと真似っこしてみました。coldsweats01

こちらじゃ買えない相当におしゃれなチョコレートshineshine

ありがたやありがたや~。

おかげで今日は塩ミルクのアイス、食べてしまったです。

子どもも春休みで家にいて、3食ガッツリ食べたら・・・・ヤバイですdanger

入学式があるのにスカートが入らなかったら、どうしよう!coldsweats01

| | コメント (5)

2008年3月14日 (金)

サクラサク

先ほど娘から弾んだ声で

電話がありました。

合格していました。

私も素直に「おめでとう」といいました。(^^ゞ

今日は雨が降っています。

花粉や黄砂を流して、明日はきっと爽やかになるんじゃないでしょうか。

先に、心配して頂いた皆様にご報告申し上げます。

ありがとうございました。

今後とも白猫母娘をどうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

| | コメント (19)

あと12時間

080314a

卒業式は、暖かく穏やかな日になった。

寒いはずの体育館も、さほどではなかった。

仕事を休めない連れ合いのために、ビデオカメラを抱えていった。

カメラを持つと、なぜか目線が客観的になるらしい。

涙とは無縁の、からりとした卒業式であった。

娘からの感謝の手紙が渡されて、ちょっと動揺したのだが、中を開いてannoy

こんな小さい字で便せんにびっちり書きやがって、ケンカうっとンのかワレ!

それとも、よっぽど読ませたくなかったのか・・。おかげで、しめっぽくならずにすんだ。

いよいよ、合格発表まで12時間を切った。

今日の分、明日大量に雨が降ったりして・・・・^^;

| | コメント (7)

2008年3月12日 (水)

宝探し2

またもや図書館に行って宝探し。

今は手に入らないCDが見つけられます。

結構、行くたびに収穫があって楽しい。

さて、今日の収穫は・・・・。

41yw1vcy7zl__aa240_ 「聖なる歌声」ボーイソプラノ・バッハ

何かと思えば、アーノンクールとレオンハルトの60枚組のカンタータ全集と受難曲、クリスマスオラトリオの録音の中から厳選したアリアやコラールを収録してあるという代物。

おお!私にとってはお宝shine

さすがに60枚組の全集には手が届かないから、これは良い物を見つけました。lovely

テルデックさん、やってくれるでないの。

と、うきうきしていたら、隣のポップスの棚に「イル・ディーヴォ」発見!heart01

おお、図書館にあったの??思わず借りそうになる、馬鹿。^^;

しかし、ちょっと目を離した間になくなっている!

誰、誰が借りたの?近くにいた人たちを観察するも特定するに至らず・・ゥ~ん、誰が借りたんだろ・・・。それを聞いたら、買って頂戴ね。なんちゃて。

さて、もう一枚は何を・・しかし、今回は棚に隙間が多く、アンテナに引っかからない・・と思ったら・・・

これは、くさいゾ。やった!フィンランド物だ!

P1_a3026713w FROSTY VOICES・・・うん、いいねえ。

Best of FINNISH CHORAL CLASSICSと。

しか~し!!またもや、この日本の題名は・・・なんと!!

「北斗の呼び声」至純のフィンランド・コーラスときた。

おお~い!crying

ああ、もう、オーロラの輝く空の下、遠吠えする狼の図を想像しちゃっただすよ。coldsweats01

そんなトホホな題名ですが、中身は日本語解説が書いてあってもう、感謝感激!

何枚か聞いてきて覚えた「フィンランド賛歌」も歌詞がわかり、「Suomen Laulu」も、「フィンランドの歌」とわかった。

歌詞もさっぱりわからず、みんな同じように聞こえていた曲も段々違いがわかってきた。

探してみるモンですなあ・・・lovely

| | コメント (3)

2008年3月10日 (月)

こうなるはずが・・・

Photo_5 この前編んでいた物が出来上がりました。

キャミソール、だったんです。

こういう、コーディネイトを考えていたんですが・・・。

でこぼこの激しい自分の体型には似合わないんですね~。

しゃぁ~ないなぁ・・・。ま、いいか。

編んでて楽しかったし、出来上がりもまあまあ。

娘に「アンタ着る?」

あれば着ないこともない、とはなんちゅう答えやねん。

しかもこれを見ていった言葉は・・・

「豪華な腹巻き」

アンタが着たら、みんな腹巻きになるわい!annoybleah

| | コメント (13)

玉砕

今日は暖かく、雨になった。

夕方ようやく日が差し、空には大きな虹が架かった。

娘は玉砕と言っていた。

まあ、よかろう。それも人生。

080310nijileft_2 080310nijiright_3

| | コメント (5)

お受験狂想曲

いよいよ今日は娘の受験日。

先ほど学校へ送っていって、私の仕事は終わりました。

あとは娘が頑張るのみです。

この土日、塾の先生や担任の先生から激励の電話やメールを貰って気分は最高潮!

な、感じ。^^;

娘は最後まで教科書とにらめっこ、ではなく、もうリラックスムード・・・。

緊張感なさすぎじゃね・・・^^;

しかしながら、受験が3月までかかるのがこんなに大変だなんて、予想だにしませんでした。

普段甘くない親なのに、(ちょっと)気を使いました。

合格の縁起担ぎのお菓子はもちろん、「合格弁当」なるものまで。coldsweats01

Photo トンカツ屋さんのお弁当ですがな・・・。

娘が塾の最終日に貰ってきたのは・・・

Photo_2

これは食べていかなかったけどなあ・・・。

上履きもスニーカーも洗って、制服もクリーニングに出して、準備は万端、と思ったら。

返ってきたスカートのヒダはこんな。しかも前だ。

Photo_4 うわ~、最悪!

ヒダに気をつけてくれるようにお願いしましたのに。annoyお願いしましたのに。annoyお願いしましたのに。annoy

ヒダが何本??って出来。

ここのクリーニング店では前にもこういうことがあったので、わざわざ頼むときに注意したのに、これだ。

そのときはちゃんとしてきたので大丈夫と思ったのに・・・。

やはり、これは店員さんの仕事のやり方次第だと痛感した。

クレームが付いたらやり直せばいい、ということではない。制服はすぐ着ていかなければならないのだから。お金を取っておきながら、客に迷惑をかける仕事の仕方ってなんなの。試験の前にケチが付いちゃって、どうしてくれんのよ、annoyなんて思いながらも、自分で直したさぁ。

Hida こうでしょ、普通は。shine

ま、おかげで思いっきりすっきりして試験に向かいました。

ところで、今日のお弁当のおかずは何が良いか、聞くと「凍み豆腐の煮たの。」

・・・・coldsweats01

朝5時半に起きて煮て、さまして味を含ませる。

あとは卵焼きとソーセージ、菜の花のおひたしに桜エビをまぶしたあっさりしたお弁当を持って出かけました。

血糖値を上げるために娘が車の中で食べていたのは、「キットカット」

もう、出来ることはすっかりやっていったよね・・・・。

結果はどうであれ、「お受験狂想曲」はどうやら最終章に入った模様・・・。

| | コメント (4)

2008年3月 8日 (土)

アンカー展でUrsに遇う?

Photo 以前紹介したアンカー展に行ってきました。

いつも閑散としている地元美術館にしては珍しく、観覧者が結構いましたが、東京に比べたら、これでもかなり、かなり空いている状況だろうなあ・・・・。

わかりやすくて親しみやすい絵だからだろうな。美術館は高尚で敷居が高い、という印象をどこかにやってくれる絵画たちでした。

こんな風に挿絵みたいな平和な穏やかな絵が続きますが、中にはアンカーの夭折した幼い息子達の亡骸の絵もありました。

あやとりの絵がありますが、これは日本と同じなのね、なんて感心したり、絵の中の女の子達が編み物を入れたバスケットを持って学校へ行く姿が描かれていたりと、当時の風俗がわかります。細い針で靴下などを編んで居るんだろうな・・・大変だな、なんて。coldsweats01

おじいさんの横顔がアーノンクールおじちゃんに似ていたり、やはり横顔が少しUrsを思わせる少女達の絵に微笑みつつ・・・・。

ところが、このアンカー展で一番私の目を奪った物、それは・・・・。

最初の大きな絵の額のプレートに書かれていた文字。

「・・・・・Herr Urs Borsol・・・・・」とかなんとか・・・。

あ、Ursだ、としばし見入ってしまう。絵じゃなくて文字を見て嬉しいなんて、馬鹿だぁ・・・。

そういう自分も切ないわあ・・・heart03

ところで、このUrsさんが何者かは図録にも解説されていない。ドイツ語がもっと読めていたら・・・と思うのだが残念(?)おそらくは寄贈者かと想像されますが・・・。違うかな。

Photo_2 ところで、入手困難だったビーズニッティングの本、買えました。

増刷されたようなので、いずれ書店にも並ぶんじゃないでしょうか。

なかなかカワイイ物があって、編んでみたいと思わせる作品がいっぱい・・・。

私もスイスの女の子達みたいに編み物を入れたバスケットを傍らに置いて、励むかなあ・・・今年は。

| | コメント (7)

2008年3月 6日 (木)

ランドセルの思い出

ランドセルのCMを見ながら、娘がポツリという。

「ちょっと、トラウマなんだよね~。」

そうだよね~。私もダヨ。

あれは娘がまだ年長さんの頃の4月

夜、突然連れ合いの実家から電話が掛かってきて、受けた連れ合いが、「ええっ??」と素っ頓狂な声をあげた。珍しいことなので何事かと思ったら・・・・

義~母さんから「ランドセル買ったから」という報告であった。

連れ合いも私も絶句。だって、来年だよ?なんで?

しかも、4月じゃ売れ残りジャン・・・・。

私も娘には好きな色とデザインのランドセルを買ってあげたかった。

しかし、義~母さんも、息子が3人で赤いランドセルとは無縁だったから、赤ランドセルが買いたかったのであろう。

娘もいきなり赤いランドセルを見せられて、嫌だとも言えず、悲しかったらしい。

「そういうとき、嫌だって言えないんだよね。」う、うん。私もダヨ。coldsweats01

う~ん、6歳にして空気が読めたあんたは偉い。

そこで、嫌だって泣きわめいたらどうだったろうか。

できることなら、そうしてみたかったよね。

入学の1年前にランドセルを持ってこられても・・・・・・。

その日は保管場所に困るからという理由をつけて、丁重に受取を拒否した。

せめてもの反抗である。(喜んでいないというささやかな意思表示でもあった。)

世の中にはなんでも自分の思い通りにする人が居る。

世の中にはなんでも諦めざるをえない人が居る。

ランドセルのCMを見るたびに思い出す、ちょっとほろ苦いエピソードなのでした。

080306g 今日はこちらも晴れていましたが、寒かった~。(T^T)

夕方は雲がでていました。

| | コメント (9)

2008年3月 5日 (水)

アヤシイMorricone

250 440

773 最近、モリコーネを聞いています。

Soundtrack5枚組とか、3枚組とか、ニューシネマパラダイスを見たのでSoundtrackCDを買ってしまいました。

こういうとき日本版ではなく、安い海外版を買うので映画のタイトルがイマイチわかりません。coldsweats01

昔は、原題と全く違うタイトルがついていたりして、それもいいけどこういうとき困りますね。

000 Youtubeに映像がでていたDVDも見つけましたが・・・・。

何故か片面2層ではなくて、1層の2枚組。

どうやらイタリア盤らしいけど、こんなの初めて。

チャプターが1枚目に付いていて、2枚目のチャプターを選ぶと、InsertDisc2とでて、だからといって2枚目のそのチャプターがちゃんと再生する訳じゃない。???

(写真はUS盤です。)

ところで、多くの映画音楽を手がけているモリコーネですから、70年代のロマンス映画などもあるわけで。

何となく、子どもの頃に聞いたことのあるような、ムーディな曲も懐かしくちょっと気恥ずかしく聞いていたのですよ。もう、とっくに大人になったのに、何だか恥ずかしいってどうよ・・・なんて。

それが・・・聞いていくうちに、どきっとするような男女のスキャットが・・・・。shock

なんじゃこりゃあ!!!

と、タイトルを調べてみれば・・・・So Sweet So Sensual

英語は良いですよ、英語は。でも、ちゃんとEroticaって書いてあるじゃありませんか。

orz

なんでこんなCDを作るんじゃ~!!

世の中、アヤシイもので溢れています。

もう、だいぶ大人なのに、これには参った、たまげた。coldsweats01

| | コメント (3)

2008年3月 4日 (火)

右脳、左脳

Foto28 わあ、なんか懐かしい・・・。ふふふふ。happy01

なんで今頃この写真を出してきたのかというと・・・^^;

昨夜のTV番組で腕の組み方で右脳派か、左脳派か、わかるというので、家族中でやってみた。

娘と連れ合いは右腕が上になる、理論派(右脳派)私と次男は左腕が上になる天才派(左脳派)

日頃そりが合わない次男と同じジャン。自分に似てるかも、と思っていた娘が理論派???

ううむ、それは解らないでもないが・・・・。

左利きの長男が帰ってきたら、やらしてみよう。

ところで彼は・・・・・up

ふふっふふ。(^^)v同じジャン。

あなたはどちらですか?

こちら、やってみます?

私の結果は、「あなたは完璧に左脳派です。」だって・・・。coldsweats01

| | コメント (21)

2008年3月 2日 (日)

ひな祭り

Hinamaturi Photo ひな祭りのお菓子です。

娘も大きくなったし、明日は塾でいないし・・・ひな祭りのごちそうもしないだろうな・・・

女の子ばかりのAけみさんちは、おひなまつりはどうするのかしら?

さぞお賑やかでありましたでしょうなあ・・・。

| | コメント (7)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »