« 乾燥と湿潤の間で | トップページ | 未だ見えず »

2007年12月 6日 (木)

アンカー展が来る!!

Go_529_01 東京のお友達が「アンカー展を見てきたんだよ。」とメールをくれた。

アンカー?聞いたことがない。

早速検索してみると、今渋谷のBunkamuraで開催中。

故郷スイスの村のぬくもり、とサブタイトルが打ってあり、するするとそれに引かれてしまったのだとか。

さもありなん。

ページを開くとのっけからこんなかわいらしい絵が!!!!

女の子好きの私としてはこれはツボ過ぎる。

思わず顔がにや~ん、とにやけてしまうではないですか。

私はどちらかというと綺麗な具象の絵が好きだから、こんな何気ない題材は大好きなのだ~。

スイスの国民的画家で、今でも人気があるのだとか。知りませんでした。

確かに、印象派の人たちから比べれば古くさい画風なのでしょうし、題材があまりにも穏やか(地味)なのでしょうから、美術全集から外れていても仕方がないのかもしれません。

1月に東京に行くから、見られるかな、と思ったら、なんと!!

地元美術館に巡回して来るではないかいな~!!う、嬉しいぞ~!!(2008年2月2日から)

Ursが地元に来るくらい、嬉しい~。

面差しが少しUrsに似た(多分)少女や、人々の姿を探したいと思います。(いや、それだけじゃないけど・・・・

何より、混んでなくてゆ~っくり見られるのが一番嬉しいです。

うん、お茶もしてこよ~っと。^^

来年はチャイコフスキーコンクールのガラコンサートも来るし、ちょっと地元に期待しちゃおうかなあ!!

アンテナ張っておかなくちゃ!!^^

|

« 乾燥と湿潤の間で | トップページ | 未だ見えず »

コメント

わあ、癒される絵だね。
ぴろちゃんところにも行ってあげて~!って誰かさんが思ってくれたんだよ。
かくいう私、期間中何度も渋谷に行っておきながら、素通りしてました・・・。

投稿: ゆ~こ | 2007年12月 7日 (金) 07時49分

派手じゃないけど良いですよね~
当時のスイスの日常生活の細部まで手に取るように分かって、
描かれている対象に対する画家の愛情が伝わってきて
とっても素敵。

投稿: March | 2007年12月 7日 (金) 11時09分

ゆ~こさん

東京はまだまだやってるから、機会があったらどうぞ。^^
いや、Ursがいる訳じゃないけど。(^^ゞ

>>>ぴろちゃんところにも行ってあげて~!って誰かさんが

そおおおお??σ(^◇^;)そうかも知れない。ありがとおおおおお~(^o^)/

Marchさん

ありがとう。\(^^@)/
静かに(人がいないから)ゆっくり見られるわ~。
娘は無料(市内の小中学生は)なので一緒に行く?と聞いたら、ちょうど受験のラストスパート中で、ちょっと厳しいかも・・・・って。(^^ゞ


投稿: ぴろちゃん | 2007年12月 7日 (金) 13時24分

いい絵ですね〜♪
私も東京行ったとき見ようかと思ったら...
京都に巡回してくる!その京都の会場は百貨店の中にあって、
その百貨店の地下のどら焼きは美味いので、京都で観る事に決定です(笑)

投稿: みゆき | 2007年12月 7日 (金) 23時55分

みゆきさん

そうだね!京都駅の?思い出しちゃうなあ・・・京都駅のつづきの百貨店のショーウィンドーに素敵な服があったの・・・。そこ?^^?
うちの地元美術館も本格的な英国風お茶が楽しめます。ちゃんとクロテッドクリームがつく、スコーンが食べられます。で、すごくお腹に溜まる・・・。
こんなのアフタヌーンに食べたら、そりゃディナーは夜の9時、とかだよなあ・・・なんて納得よ~。(^^ゞ

どうせなら、スイス風料理でも出してくれるといいのに~!なんちゃって~ね。^^

投稿: ぴろちゃん | 2007年12月 8日 (土) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾燥と湿潤の間で | トップページ | 未だ見えず »