« Little drummer boy | トップページ | ナターシャ・マーシュを聞く »

2007年11月15日 (木)

鳥肌

娘の最後の合唱を聴きに行ってきました。

出番は最後から2番目。少し早めに行って、他の学校の演奏も見ました。

市内の中学校から選ばれたクラスがが成果を発表します。10組ある大きな学校もあれば、1学年1クラスしかない学校もあります。

9年間一緒だった彼らも、高校進学でそれぞれの道を歩むことになります。

最後にこの合唱の練習を通して一つになったことでしょう。選んだ曲はゴスペルの曲で歌詞は英語、無伴奏です。Soon-ah will be done

男子の方が人数が多いのですが、女子は女声アンサンブルで東北大会2位を勝ち取ってきた実力があり、「男子は女子に負けないように頑張ってきた」そうです。女子が一つになっているのに対して、男子のバランスが危ういところはありますが、演奏終了後わき起こった拍手と感嘆のタメイキ。観衆は息を止めて聞いていたのですね。

娘に録音して~、と頼まれた学校の曲は組曲IN TERRA PAXより「花をさがす少女」(MIDIです)

歌詞

花をさがす少女あの花はどこへいったの

やさしかった時はやぶれここは戦場 修羅のちまた泥にまみれた 

少女ひとりさまよい歩く 日にかがやいた 緑の大樹まぶしくさいた ブーゲンビレアあの花を 

さがして ここは戦場 修羅のちまた木もなく 草もなく 花もないかなしみこらえた 少女ひとりさまよい歩く 一瞬飛び散る少女はいない

どこから生まれたのか白いチョウが飛ぶひらひらと はさはさといのちをさらす白いチョウよ何をさがして さまようのか

花をさがす少女あの花はどこへいったの |

こちらは伴奏のピアノは男の子。ドラマチックな歌詞の内容と相まって、こちらも拍手とタメイキが。

今年はヘンデルの「ハレルヤ」を歌う学校まで現れ、オドロキ。ただし、これは1人、男声に突出する子がおり、残念。彼があまり目立っていない時は素晴らしかった。合唱は周りの音を聞こうね。

娘達の演奏は「はじまり」文化祭の時より男子が踏ん張り、なんとか無難に終わりました。

最後に招待演奏で全国大会に出た学校が合同で演奏。実は全国大会で金賞を取った学校が2校あるのです。管弦楽部と合同で4校の合唱部が舞台にど~んとそびえ、歌った曲はクープランの「Gloria」から3曲、そして全員合唱で「大地賛頌」

ただただ、絶句。鳥肌。

管弦楽の伴奏で歌ったのを聞くなんてこれはレアですよ。

思わず楽譜どうしたんだろう!と思ったり。

ブラスバンドしかなかった我が母校、いつの間に管弦楽部が出来るほど楽器が揃ったのか・・・・。時代が変わったのかなあ・・・少しは文化水準上がったかなあ・・。

無料でお金では決して買えない感動を与えて貰った時間でした。

Nov14b 秋も終わりです・・・・。

|

« Little drummer boy | トップページ | ナターシャ・マーシュを聞く »

コメント

思い出に残る素敵な一日でしたね。
最終学年の合唱祭は本人達も親も思い出が走馬灯・高速回転になっつちゃいますものね。アカペラで歌ったゴスペルの曲素敵だったでしょうね~。
ぴろちゃんウルウルだったのでは・・?
大地賛頌と隣にあった旅立ちの日に、これ両方聴いたら一気に卒業式にワープしちゃってPCに座って私も鳥肌と(TT)でした~。大地に感謝して生きよ・・だわ、本当に。

投稿: りお | 2007年11月15日 (木) 16時25分

学校の合唱で鳥肌ものの感動がいただけるなんてすごいわ~。
自分達の時代しか頭にない私には、ぴろちゃんの話が全部どこか余所のことのようだったりするんだけど、実際自分の子供がその中にいるとまた感無量で泣けちゃうんだろうね。

それにしても恐るべし県だわ~。きっと文化水準が高いんだよ。

投稿: まなみ | 2007年11月15日 (木) 16時53分

りおさん

ゴスペルの曲は去年の三年生が歌ったから、曲自体は知っていたの。
それよりうんとよかったわ~。
今年の娘達の合唱は、いつ崩れるかとハラハラしながら聞いていたから、走馬燈は点灯しなかったけど。^^;次男の時はすごくよかったから、高速回転だした。^^v「コイツがここまでちゃんと歌うなんて~!!」って。
うちの学校は卒業式に大地賛頌を歌うから、今年も楽しみだよ。


まなみさん

学生の歌声は男子の声が上がりきらないところが気持ち悪かったり、もどかしかったりするんだけど、お手本の合唱より、現役学生の彼らの声の方がうんとしっくり来るときがあるの。
いい歌がいっぱいあったわよ。
お嬢さんが中学生になったら、是非、聞きに行ってみてね。
いや~、青春の響き、だったわよ~。^^

投稿: ぴろちゃん | 2007年11月15日 (木) 21時14分

中学校の合唱なのに鳥肌ものも感動が得られるなんて、上手なんだろうな~。
選曲が難しそうだけど、ちゃんと歌えたなら素敵よね。
ぴろちゃんの住んでる県は、実力校がたくさんあるでしょ。
そういう環境って素晴らしいわ!
うちの娘は、クリスマス会に向けて、「ハレルヤ」特訓中らしいです。
これは毎年中一から高3まで、全員で歌います。

投稿: きよみ | 2007年11月15日 (木) 22時05分

きよみさん

みんな普通の子どもだよ。でも、ちゃんと歌えるの。
すごいねえ、子どもの力って。

>>>そういう環境って素晴らしいわ!

うん、音楽だけね・・。^^;
まあ、あまり多くは望みません。これだけでもよしとしなくちゃ・・・
今年は宗教曲に挑戦してるところが多くて、ラテン語で歌ってましたわ。
ハレルヤじゃないけど、Gloria・・・ちょっと教会ってこんな感じかなあ、とトリップしました。

6年間「ハレルヤ」を歌うのね。高校生ぐらいになったら楽勝かな?^^
クリスマス会、キリスト教ではメインイベントだもんねえ・・
頑張って~ヽ(^0^)ノ

投稿: ぴろちゃん | 2007年11月15日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Little drummer boy | トップページ | ナターシャ・マーシュを聞く »