« Ursを喰う? | トップページ | 読書の秋、「キリスト教と音楽」覚書 »

2007年10月31日 (水)

今日はてんこもり

Oct31_2 どこかがいつもと違うというのは、なかなか不自由なものですね。注意力散漫というか、集中力皆無というか・・・^^;またそういうときに限って、何かしら用事が重なるもので・・・^^;

足の甲が膨らんでる最中に娘の学校へ行かなければならず、靴を履いたら即、潰れてぐちゃり。その後、仕方がないので上履きに持って行ったサンダルを履いて、そのまま役場へ行って11月の広報誌をもらいに行く。11月は当番なのだ。ーー;広報誌を仕分けすれば数え間違って、もう一度届けたところに回収に行って、次のところに届けに行こうとしたら違う物を持って出てしまった。orz何やってる、私・・・やっとやり終えたら、暗い玄関で倒れてた傘の骨が絆創膏に突き刺さった・・・・・・痛て~よ・・・・・(T^T)しかもその傘は、どこかの子どもがうちの前に置いておいた壊れたビニール傘で、私が勘違いして回収したのだった・・・・・あ~あ。ーー;

そんな足を引きずりながら、図書館へ行ったら月末で休館だった・・・。今日は晴れて良いお天気で、公園の紅葉も見頃なのですが、そんなわけで、綺麗な写真は撮れませんでした・・・・。

Hi360467 畳替えだなんだかんだやっている中で読んでいたのは、この本です。

「牛乳を注ぐ女」が公開中のこの時期に合わせての発売ではなかろうとは思いますが、図書館に入るのを待っていられなくて買ってしまいましたが、この贋作者ファン・メーヘレン、ひと言で言って胸くそ悪い人物です。

本名ヘンリクス・アントニウス・ファン・メーヘレン(オランダではラテン語で名前を付けるのが慣わし、なんですと。)愛称、ハン。(その後、すべてハン・ファン・メーヘレンと表記されています。)

幼い頃から絵を描くことが好きな少年は、しかし厳格な父の反対にあいデルフト工科大学で建築を学ぶしかありませんでした。(父親にしたら、それもかなりの譲歩だった。)真面目に建築の勉強をしながら絵の勉強もしているのかと思えばさにあらず、酒、タバコ、は言うに及ばず、卒業前に結婚までしてしまいます。(できちゃった婚だ)イラストレーターの仕事などもして、いっぱしの画家気取りの学生は高をくくっていた卒業試験に失敗してしまいます。さて困ったどうしよう・・・ところが、デルフト工科大学絵画コンクールで最優秀作品賞を受賞してしまう。

と言う具合に彼の人生を辿りながら、フェルメール贋作事件を描いていきます。ドキュメンタリーだし、あまり魅力的な人物でもないし、興味のない人にはきっとおもしろくない本です。

フェルメール、贋作ネタのの本といえばアーロン・エルキンズ「偽りの名画」(ハヤカワミステリ文庫)が思い出されます。

それよりも贋作者で思い浮かんだのが、森川久美の「青色廃園」(コミックス絶版)。こちらは美少年。(^凹^)ガハハそういう主人公の話を読んだことがなかったから斬新だった。

ところで、畳替えのおかげで(?)地層の中から出てきた私のお宝、これです。

Hi360468 1996年の「BRUTUS」

¥450にもかかわらず、全36点一挙掲載解説付き。

改めて読み返して、この中でピーター・グリーナウェイがこのように言っているのを見て驚きました。

『フェルメールの絵の多くは、なぜか壁の上で自ら光を放っているように見える。その発光するような感じを複製画で表現するのは不可能に近い』

これは・・・。

私が感じたことと同じです。私はこれを覚えていたのでしょうか。いいえ、すっかり忘れていました。

最近地元新聞に載ったフェルメール展の紹介記事のなかでも、記者が「それまで見てきた絵画をすべて忘れさせるような輝きに満ちて・・・」と書いていました。

見てきたから、私もわかります。

どうしてこんな、綺麗でもない女の人を描いた絵が傑作と言われるんだろう、と常々思っていましたが、確かに違うんだわ。

やっぱり、本物を見にいかなくちゃ。生きてるうちにまた何か来ると良いな。

Hi360470 Hi360469 この本の特集記事はなかなか充実していて、贋作事件についても言及されています。

永久保存版の1冊です。買っててよかった。

でも、最近書店に行かないので見逃してる物、たくさんあるんだろうなあ・・・・。ポチっとも便利だけど、出会う、見つける楽しみはバーチャルじゃあねえ・・・。ーー;

Oct31niji 洗濯物を取り込もうとしたら、こんな光が見えた。

な、なんなんだ、今日は。

Oct31c

最後の方はこんな風になりました。

これを見たら、そういえば前にも見たことがあるのを思い出しました。そのときは冬でした。上空には寒さがやって来ているんですねえ・・・・

・・・・・灯油、買いましたか?

|

« Ursを喰う? | トップページ | 読書の秋、「キリスト教と音楽」覚書 »

コメント

おおお。幻日ではないでしょうかそれ。すごいなー。

うちも地層の発掘やんなきゃ...。正月が来ちゃう。

投稿: あけみ | 2007年10月31日 (水) 17時48分

あけみさん

幻日・・・・ああ!5年くらい前の冬に見ました。あのときは時間ももっと早くて、空の上の方に見えていました。ニュースでやったっけ。
あんまり光が強くて、何かと思いましたよ。終わりの方の写真も出しておきました。^^

発掘・・・まあ、無理しなさんな。^^;御身御大切に。

投稿: ぴろちゃん | 2007年10月31日 (水) 18時26分

足痛そうだわ。大丈夫?しかしとほほな事が重なる時は重なるのよね~、私も実感。これも何かの法則かしらネ?
わ~幻日!神秘的できれいね~。いいことがある前兆かもよ・・。
フェルメールも会いにいかなくちゃ。灯油も買わなくちゃ・・。
明日から11月だね。1年って早いね、なんだかアセアセ。

投稿: りお | 2007年10月31日 (水) 20時41分

すごい!
流石、怪我はしててもぴろちゃんだ!
やることはやってるネー。

その本、面白いだろうね。
Brutus、って結構好き。

冬支度ね。ラグ変えなきゃ。
あとは、電気代上がらないように拝む。

投稿: ゆ~こ | 2007年10月31日 (水) 22時09分

りおさん

ほんとねえ、重なるときは重なるのねえ・・。こんなに続いたのは久しぶりだよ~。(T^T)

今日の光にはホント、びっくりしました。^^思わず、カメラ、カメラ、ってケータイ取りに走りました。良いことあるといいけどなあ!

うん、もう11月。DIVOの公演があったのが今年のことだったとは、なんだか信じられないわ。
冬支度してね。

投稿: ぴろちゃん | 2007年10月31日 (水) 22時47分

ゆ~こさん

え、やらざるを得なかっただけだよ~。(T^T)住民票とりにいかなきゃいけなかったし~・・・。足もとサンダルって恥ずかし~。けど、2階に行くのにエレベータ使っちゃった。(^^ゞ

BRUTUSとか、こういう本って男性向けだよね。書店での置き場所も男性雑誌のところだし。女性誌ってどうしてこういう特集できないのかしら・・・ーー;

今日は私は車2台にガソリンを入れに行ったわ。11月から上がるから。そしたら他にもいろいろ値上がりするのね。
電気代も上がるわね。何処節約しようかなあ・・・。(ホットカーペットのスイッチを入れずに、一枚多く着ています。去年編んだマーガレットで肩と背中はぬくぬく♪)暖冬だと助かるけど・・・

帰宅した連れあいが「上がらないのは給料だけ~」って、力なく笑ったわ。右肩下がりの年収、しかし教育費は右肩上がり・・・タメイキ

投稿: ぴろちゃん | 2007年10月31日 (水) 23時04分

ま~ぴろちゃん、お気の毒な一日だったわね~。
キズ早く治るといいね。
(でも、キズの治りは歳とともに、確実に遅くなってるよね(^_^;))

しまった!ガソリン入れるの忘れてた!
今日から値上がりなのね、なにもかも・・・。
ぴろちゃんのご主人に迷わず一票だわ(T_T)

幻日っていうの?凄いね~。私見たことありません。

投稿: きよみ | 2007年11月 1日 (木) 10時40分

わ~!最後に綺麗な幻日(っていうの?知らなかった!)が見れて、よかったね!
こんな光景を目にしたら一日が幸せな気分で終われるように思います。

しかし、なんという波乱万丈な一日^^;

そして、あの畳替えの混乱の中でもしっかり素敵な本を読んでいたぴろちゃんにも感動!
ああ、怠惰な日々をマッタリすごしているだけなのに、時間が無いってぼやいている自分が恥ずかしい^^;

投稿: March | 2007年11月 1日 (木) 11時06分

きよみさん

>>>キズの治りは歳とともに、確実に遅くなってるよね

ああ!痛いところを突かれました。(T.T)うん。でも、ちょっと痒くなってきたから・・・・(^^ゞ新しい皮膚出来てきたかなあ・・・。
早く靴を履きたい・・・。(ノ_・。)


Marchさん

今日の新聞に記事が載っていました。私が撮ったのと反対側に出来たもので、私の写真より光は弱かったわよ。hehehe!
やっぱり、幻日だったらしいわ。

>>>>あの畳替えの混乱の中でもしっかり素敵な本を読んでいた

みゃはは。そんな偉いもんじゃありません。そういうのなんていうか教えましょう!『現実逃避』っていうんです~!(^凹^)ガハハ
発掘作業から一時離脱・・・。もはや、一気に片づける気力、体力はありませ~ん!orz^^;

投稿: ぴろちゃん | 2007年11月 1日 (木) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ursを喰う? | トップページ | 読書の秋、「キリスト教と音楽」覚書 »