« 夏の思い出その1? | トップページ | 宿命? »

2007年7月29日 (日)

誕生日

夏休み、子どものことに追われていると母から電話が来た。

母は少し歩行が困難になってきて、どこに行くにも手押し車(シルバーカー)がかかせない。聞くと、壊れたから新しいものが必要なのだと。

それが、道路の角にいて、車の後輪に巻き込まれたようなのだ。

「え?怪我はなかったの?車は?」

怪我はありませんでしたが、これは当て逃げです。

そのまま気づかず行ってしまった車には腹が立ちますが、まずは怪我がなかったことを喜びました。若い人なら、届けもするのでしょうが、年をとって面倒くさいことはなるべく避けたい人なので、泣き寝入りするのも仕方がないと思っているようです。

新しいものを探して、買っていきました。

最初にシルバーカーを買ったのは、どのくらい前でしょうか。

はじめは子どもたちの使ったベビーカーを買い物の荷物を運ぶのに使っていたのです。それも、スーパーの駐輪場に置いたら、無くなってしまったのです。(何故に・・・)

替わるものを買わなければならなくなったとき、連れ合いが、かなり、歩行の補助にしているから、ちゃんとしたしたものを買った方がいいといいました。

娘である自分は、ちょっとショックでいた。

やはり、親の老いというものは信じたくないものです。客観的に見たら、そうなのでしょう。

ここで問題になったのはそのデザインで、そのころ主流だった椅子をそのまま押して歩くようなものは、母は絶対嫌なはずだ、と思ったのです。

思い通りのものを探すのに何軒も見ました。(そのころネット通販はまだ主流ではなかった)

選んだのはショッピングバックがついているカートのようで、座面もついている、折りたたみも簡単、足回りもしっかり、一見したところシルバーカーには見えない、というものでした。

これは母も気に入ったようで、結構、それで、バスにも乗って歩くことが出来ました。

似たようなのを探すのに苦労しましたが、あれから何年もたって、さらに見た目も進化したようです。

Osakababy_1953_2634730 チェックベージュの方を買ったのですが、見た目ショッピングバックです。1回の買い物くらいはしっかり入る大きなBagです。

いくら年をとっても、女心を傷つけないデザインは重要です。

ワンタッチで折りたため、取り扱いも簡単になっています。

歩行補助のためには前輪はやはり二輪キャスタータイプでなければなりません。

これで外出も楽しくなればいいのですが。

「なるべく道路の角に立って待ってるのはやめなよ。」と、危険なところは自分でも避けるように言いましたが、巻き込み事故は怖いです。自分でも運転には気をつけなければと思いました。

ところで、8月は母の誕生日があります。

母が言うには、10人くらいの兄弟の末っ子で、母のお母さんはその後亡くなったようで、実質いま98歳のお姉さんに育てられたようです。そのお姉さんに「田植えから帰ってきたら生まれていた。」と聞いていたようで、お盆になるころになって名前を付けて届けを出したのだろう、と言います。(そりゃまたアバウトな・・^^;)母は80歳になります。

嫁に行った身なので、実家のことは後回しになりがちで大変申し訳ないのですが、なるべく1人で頑張ってくれ~、と願っています。

今年は私は新盆があるのでその日にお祝いは出来ません。早めの誕生日プレゼントになったのならいいのですが。

Nekomakura ばあちゃんちには猫。

暑くて猫もだら~んとしています。息子が一緒にいたら即、枕にされちゃうところです。

行くと何だか、早く帰れ、って言ってるみたいににゃおにゃお言うんですけど・・^^;

ほにゃうは元気です。

ケンカすんなよ、弱いんだから・・。

Ouchidehonya

|

« 夏の思い出その1? | トップページ | 宿命? »

コメント

ぴろちゃんのお母さんは80才になられるのですね
私の父は今年の一月に80才になりました
なかなか会いに行かれない関係ですが
今年は誕生日の日指定で久留米の半纏を送りました
いつもはなかなか素直にありがとうを言わない人ですが
ものすごく喜んでくれました
なんだか離れている親のことがとても気になるようになりました・・

可愛いネコちゃん!
うちのネコは二週間の入院ですっかり甘えネコになりました
なんと費用は・・96000円!!!
毛玉王子と呼んでいます

投稿: かろちゃん | 2007年7月29日 (日) 17時56分

お友達のお母さんが、今度介護認定を受けるって。
まだ、一人でやっていけるようですが、ヘルパー
とかお願いするときがやがて来るって、、、、。
私はそんな心配もしないうちに逝ってしまわれて、、、。
でも、プレゼント喜んでもらえてよかったね、事故だけは
気を付けてもらって、、、、ネ。
かろちゃん、にゃんこさんの御回復良かったですね、
我が家のはストレスナメナメ症で、エリザベスカラーの
お世話になってます。

投稿: Abi | 2007年7月29日 (日) 18時15分

かろちゃん


親の年代も同じお年頃なのですね。日本人の平均寿命がまた延びたようですね。親はいずこも同じですかねえ、素直にありがとうとは言ってはくれないものです。特に母は天の邪鬼で、姉とはすぐケンカになります・・・。(T^T)全くいい年をして、と思いますが益々かたくなになるようです。トホホ。^^;

猫ちゃん、元気になって良かったですねえ!手遅れにならずに良かった!うむむ。¥96000は痛いですが、生きててくれれば・・。毛玉王子君、心配かけちゃダメだぞ!

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月29日 (日) 21時03分

お母様お怪我がなくてよかったね。交通事故って自分がいくら気を付けていても、相手次第で悪い結果になったりするから怖いね。

私は結婚当初別に住んでた(と言ってもめちゃ近かったけど)時は今よりいろいろ気にして優しくしてたような気がするな。
一緒にいる=24時間毎日ってことでやっぱりいろいろあるからね。
だけど親が年をとっていくのってやっぱり寂しいね。年々できることができなくなっていったり、体力が衰えていったり、すぐ疲れたっていってたり・・・・

春頃シルバーカーの特集がニュースTVであって、最近のはいろいろ改良されて機能性もデザインもよくなってるって言ってたわ。
気に入らないものを使うのはいやだもんね。安全でかっこいいものがいいよ、いくつになっても。

投稿: まなみ | 2007年7月29日 (日) 21時15分

Abiさん


介護保険料を引かれているのですから、介護認定を受けてもおかしくはないと思いますが・・。
プライドというか、矜恃というか、どうも公的に保護を受けるのは恥ずかしいとでも思っているようです。本来なら、障害の認定を受けてもおかしくないのですが。(耳が片方聞こえない)損をしても人の世話にはならないというのが母の生き方なら、それは出来る限り尊重してやりたいと思います。父はとっくにいませんから・・・。あれも人生、これも人生・・・。

ほにゃうは表を歩ける猫なので、汚いんですよ。^^;うすら汚れた白っぽい猫になっています。ストレスがあるようには見えませんが、ときどきよその猫とケンカして来ます。(--;)
エリザベスカラーも、見てる分には可愛いですが、猫ちゃんにはやっぱりストレスでしょうか・・。早く取れるといいですね。^^

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月29日 (日) 21時20分

まなみさん


ほんとに、怪我がなくてよかったです。もう、うちの母はアクの強い人で・・^^;これ同居してたら、私もストレスだろうなあ・・。トホホ。

>>>>気に入らないものを使うのはいやだもんね。安全でかっこいいものがいいよ、いくつになっても。


ほんとだね。
私もこういう好みは母と同じ感覚みたいで、良かったと思います。
でないと、後で何を言われるか解らないモン!(^^ゞ

いつか自分も使うときが来るのかと思うと・・・そうならないように筋肉は保持しなくちゃね。

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月29日 (日) 21時36分

お母様、お怪我がなくてよかったわ。
本当に恐い恐い。
老いっていずれ自分もそうなるのかと思えば、目をそらせない現実なのよね。
Eカップが自慢で、最近まで胸を強調した服を自慢げに着ていた超パワフル姑が、すっかりやせこけて私と大した変わらない胸に見え、めっきり老け込んでるのが辛いです。
まだ60代なんだけどねえ。

帰省したら親孝行してこよう!

投稿: ゆ~こ | 2007年7月29日 (日) 22時25分

ゆ~こさん


>>>>すっかりやせこけて私と大した変わらない胸に見え、めっきり老け込んでるのが辛いです。

身体のためには痩せるのはいいかもしれないわ・・・。お話を聞いているとまだ充分パワフルみたいだけど?^^;何十年も見た目が変わらない人もいるから、お姑様はこの先ずっと変わらないかも知れない・・かな。

私は帰省ってものをしたことがないから、わからないけど、お母様はお喜びでしょう。やっぱり、娘は話し相手になるものね。^^;

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 00時20分

お母様お怪我なくてよかったですね!
うちの80歳をはるかに越えた姑は幸いまだシャキシャキしてシルバーカーのお世話にはなっていないけど、参考になりました。
最近はお洒落に機能的に出来ているのね。
その姑が急遽お盆前に我が家に泊まりに来ることになったので
今日から大慌てでお家の片付け&大掃除です^^;
見せられる状態にしておかないとね(苦笑)

投稿: March | 2007年7月30日 (月) 09時08分

ホントにお怪我がなくてお母様良かったですね~!
親が段々小さくなっていく後姿のシルエットなんて見てしまうと切なくて、ああ親孝行しなくしゃ・・って凄く思うんだけど、そう思ったそばから憎まれグチきいてしまってつまらないことでケンカしちゃう・・てな繰り返しです。
子供はいくつになっても、こんないい年になった娘でも心配らしく・・年中叱られてます、とほほ。(爪切りを元あったとこにに戻せ・・が多い、ガハハ)
ウチの義~母さまも今左手首骨折しちゃったの。嫁をしにいかなきゃだわ~ほよよ。

投稿: りお | 2007年7月30日 (月) 09時37分

お母様、お怪我がなくて、ほんとうによかったわ。
まだまだ自分の事を自分で出来るうちは、大丈夫ですね。
うちの母は、まだ60代ですが、筋力をつけるため、30分トレーニングに通い始めました。
私のばあちゃんも長生きなので、うちの母も長生きかしら・・。

ほにゃうは元気な様子でなによりですね。
今娘が見て「かわいい~」と言っておりました。
にゃおにゃお言うのは、「久しぶり~、会いたかったよ~」って言ってくれてるのではないのですか?

投稿: きよみ | 2007年7月30日 (月) 11時57分

Marchさん


連れ合いの家のほうの伯母様は母と同い年ですが、全く腰も曲がっていなくて、ボランティア活動なんかしている驚異の80歳です。
きっとおばあちゃんと同じく長生きの家系なんでしょう。と言うことは我が家も長生きの家系?

私も今日はお掃除していました。夏は換気扇洗うのにいいよね。
あ、実家の換気扇も洗いに行かなくちゃ・・。今年の夏は姉が来ないんだった・・。(T^T)

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 12時28分

りおさん


>>>>ウチの義~母さまも今左手首骨折しちゃったの

うわ、大変ねえ。でも、右手でなくてすこしはよかったのかな?
若い人と違ってすっかり元通りにはならないって、伯母様が言っていました。義~母様、きっと歯がゆいことでしょうね。

わ!雷来たから、一時退却します。

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 12時39分

お母様・・よかったですねぇ。当て逃げされたのがご自分じゃなくて・・。
事故も怖いけど、事故とは関係なくても怪我も怖いですものね。
ちょっとした怪我か引き金で今まで出来たことができなくなったりと・年を取ると心配なことが多いですしね。
でもすてきな誕生日プレゼントが見つかってよかったですね。
シルバーかもなかなかファッショナブルになってきたのね^^

投稿: あまぐり | 2007年7月30日 (月) 12時54分

今日は雨です。
止んだり降ったり、時々雷。


りおさん

何だか半端になっちゃったわ。^^;ごめんね。
最近は嫁も娘も大変よね。叱られているうちが花かも知れないわね。あっちの心配、こっちの心配ってするより、される方がいいのかも・・・。
姉にもよく言うのですが、先回りをして心配するな、って。
こっちの身が持たないから・・・^^;
りおちゃんはそこのあたり、上手そうな気がするけど。みならわなくっちゃ!

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 15時51分

きよみさん


私ね、連れ合いの家のおばあちゃんが96歳まで元気だったから、そっちは長生きの家系だと思ったけれど、母の姉が98歳ってことは、私も長寿の血を引いてるってことかな、なんて思い始めました。(^凹^)ガハハ

ほにゃうは鳴き声がでかくてうるさいんです。^^;
拾ってきたときから、にゃあう、にゃあう、ってうるさくてにゃうっていうのが正式な(カルテに書かれた)名前です。
ただ弱虫の情けない猫なのでさらに“ほ”がついてしまったのでした。かっこいい名前はさっぱり思いつきませんでした。^^;
可愛いって言って貰えて嬉しいなあ、アリガトウゴザイマス!

きよみさんちの黒い彼も、かわいいよ~!最近はつまみ食いしていない?(^^)b

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 16時03分

あまぐりさん

すでに、出来ないことが多くなっていますが、1人で買い物して、洗濯して、くらいができればなんとか。近所に茶飲み友達もいますし。
そう、畳の上の新聞紙は危険だから、置かないように、上がらないように、って言っていますが・・・^^;これも運みたいなもので、怪我は予測できませんものね。

シルバーものは以前より確実にバリエーションが増えて、デザインも豊富になっています。この先の購買層の主流はやっぱ、シルバーでしょう!(^^)

投稿: ぴろちゃん | 2007年7月30日 (月) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の思い出その1? | トップページ | 宿命? »