« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

宿命?

夏休みといえど、何かと忙しいこのごろ。

今朝はオープンキャンパスに行った息子を迎えに4時半に起きました。

無事に行って帰ってきました。

息子の心配をしたかと思ったら、今日は娘の三者相談で、学校に行かなければなりません。

公立の志望校に向かって夏休みが正念場の娘ですが、吹奏楽部は秋まで活動、委員会活動では委員長になっているしで、塾から帰ったら、1時間ほど学校に草むしりに行ったりしています。(・・・・うむむ。頑張れ。)

先生から私立は併願するのか聞かれ、一応、見学に行った話をすると、そこではなく、息子の行っている私立校の方がいいんじゃない?と言われ、熱心に説明されました。

息子と同じ高校は絶対嫌だと言っていた娘には寝耳に水だったようで、びっくりしていました。

私が「見てきた方はどうだったの?」と聞くと、我慢できなくなったのか目から涙が。

中学になって1年生と3年生の兄妹として転校してきた形の二人はどうも、何かと話題の種だったらしく、しかも、持っている雰囲気が似ているとおもしろがられ、兄の同級生に兄の方と間違われたり、自分の同級生には兄の名前で呼ばれる始末で、普段は平気な顔をしているくせに、実は泣くほど嫌だったのでしょうか。

兄の名前は男にも女にもある名前なので、あだ名が兄の名前なのです。

そう呼ばれても全く不自然ではないので、これはなかなかややこしい。技術の作品に兄の名前が書いてあったときは私も勘違いした。(友達に書かれた。^^;自分で書くわけはない。)

私は遅く子どもを産んだので、ちょうど2歳ずつ離れてしまいましたから、学校にはいると次男は長男の弟と言われ続けてきました。これはそっくりな兄弟の宿命なのかも知れません。

ただ次男の場合は、転校してきて兄のことを知らない人たちのなかで、ようやく誰某の弟から自分になったのでしょう。ところが妹の方が同じ目に遭っているわけです。

兄が卒業して2年もたっているのに。

そう呼んでいる子の兄が、息子の同級生なので、仕方がないと言えば仕方がない。

娘の小学生からの友達であれば、そんなこともないのでしょうが、6年間付き合った友達と、たかだか、2,3年の友達では印象の強さが違ったのでしょう。(うちの子のどこにそんなインパクトが?^^;)

私から見れば、三人はまるで違うのですが・・・・。

泣くほど嫌なら、是が非でも公立の志望校に合格できるように、頑張るアルよろし・・・と鬼母は思うのでありますが・・・。

普段、おおざっぱでがさつで姉御な娘なのですが、ちょっと周りの同級生より大人な分、我慢していることも多いのでしょう。

泣くほど嫌なら、無理せんでもよろし。好きなところ受けたらええねん。

と言う気持ちでもあります。とりあえず、最終決定は先送りされました。

ところで、息子が買ってきたお土産は・・・・^^;

やっぱり秋葉原、でした。

しかし、Omiyage 秋葉原どころか中野まで行ったんだと。

何だ、やれば出来るじゃない。

次のステップは飛行機。博多の土産は何を買ってくるのだ?

| | コメント (16)

2007年7月29日 (日)

誕生日

夏休み、子どものことに追われていると母から電話が来た。

母は少し歩行が困難になってきて、どこに行くにも手押し車(シルバーカー)がかかせない。聞くと、壊れたから新しいものが必要なのだと。

それが、道路の角にいて、車の後輪に巻き込まれたようなのだ。

「え?怪我はなかったの?車は?」

怪我はありませんでしたが、これは当て逃げです。

そのまま気づかず行ってしまった車には腹が立ちますが、まずは怪我がなかったことを喜びました。若い人なら、届けもするのでしょうが、年をとって面倒くさいことはなるべく避けたい人なので、泣き寝入りするのも仕方がないと思っているようです。

新しいものを探して、買っていきました。

最初にシルバーカーを買ったのは、どのくらい前でしょうか。

はじめは子どもたちの使ったベビーカーを買い物の荷物を運ぶのに使っていたのです。それも、スーパーの駐輪場に置いたら、無くなってしまったのです。(何故に・・・)

替わるものを買わなければならなくなったとき、連れ合いが、かなり、歩行の補助にしているから、ちゃんとしたしたものを買った方がいいといいました。

娘である自分は、ちょっとショックでいた。

やはり、親の老いというものは信じたくないものです。客観的に見たら、そうなのでしょう。

ここで問題になったのはそのデザインで、そのころ主流だった椅子をそのまま押して歩くようなものは、母は絶対嫌なはずだ、と思ったのです。

思い通りのものを探すのに何軒も見ました。(そのころネット通販はまだ主流ではなかった)

選んだのはショッピングバックがついているカートのようで、座面もついている、折りたたみも簡単、足回りもしっかり、一見したところシルバーカーには見えない、というものでした。

これは母も気に入ったようで、結構、それで、バスにも乗って歩くことが出来ました。

似たようなのを探すのに苦労しましたが、あれから何年もたって、さらに見た目も進化したようです。

Osakababy_1953_2634730 チェックベージュの方を買ったのですが、見た目ショッピングバックです。1回の買い物くらいはしっかり入る大きなBagです。

いくら年をとっても、女心を傷つけないデザインは重要です。

ワンタッチで折りたため、取り扱いも簡単になっています。

歩行補助のためには前輪はやはり二輪キャスタータイプでなければなりません。

これで外出も楽しくなればいいのですが。

「なるべく道路の角に立って待ってるのはやめなよ。」と、危険なところは自分でも避けるように言いましたが、巻き込み事故は怖いです。自分でも運転には気をつけなければと思いました。

ところで、8月は母の誕生日があります。

母が言うには、10人くらいの兄弟の末っ子で、母のお母さんはその後亡くなったようで、実質いま98歳のお姉さんに育てられたようです。そのお姉さんに「田植えから帰ってきたら生まれていた。」と聞いていたようで、お盆になるころになって名前を付けて届けを出したのだろう、と言います。(そりゃまたアバウトな・・^^;)母は80歳になります。

嫁に行った身なので、実家のことは後回しになりがちで大変申し訳ないのですが、なるべく1人で頑張ってくれ~、と願っています。

今年は私は新盆があるのでその日にお祝いは出来ません。早めの誕生日プレゼントになったのならいいのですが。

Nekomakura ばあちゃんちには猫。

暑くて猫もだら~んとしています。息子が一緒にいたら即、枕にされちゃうところです。

行くと何だか、早く帰れ、って言ってるみたいににゃおにゃお言うんですけど・・^^;

ほにゃうは元気です。

ケンカすんなよ、弱いんだから・・。

Ouchidehonya

| | コメント (17)

2007年7月28日 (土)

夏の思い出その1?

Juli27d

梅雨明けも宣言されていませんが、夏休みに入って1週間が過ぎました。

宿題は順調に進んでいますか?って子どもに確認しちゃいますね。

息子は野球部が勝ち進んでいるので応援にかり出され、真っ黒け。今日は決勝戦です。この上甲子園まで行くことになったら、夏休み勉強する暇があるんだろうかと思うようです。

娘は夏期講習、体験入学と大忙し。

そんな中、ガールスカウトの集会で納涼会をしました。

心配していた雨もすっかり上がって日中はカンカン照りでしたが、夕方は空気も乾燥して河原はほどよい涼しさでした。

小学生のちびっ子ちゃん達は駆け回り、浴衣も乱れ気味。^^;

娘には1年ぶりに着せたので、帯結びが危なかったですが、最後まで着崩れなかったのだから、間違ってはいなかったのでしょう。^^;

お盆の後の線香花火はもうすぐ終わる夏の名残で、何か物寂しいんだよね、なんて事をさらりと言ってしまう子どもたちの健全な感受性に微笑み、でも、今日の花火は違います。

まだまだ、夏はこれからです。

Juli_27_1 しかしなあ、すでに自分よりでかい娘にサンダルって訳にはいかず、ちゃんと下駄を買ってやったら、高かいこと・・・しかも、25cmというとちゃんとしたのしかない・・。

履ける限り、良く履くアル、よろし。(--)

Gelatolove1

暑い日はアイスがおいしい!

手作りジェラートのがおいいしい~。白いのは塩ミルク、黄色はパイナップルミルク。

Gelatolove 塩ミルクとオレンジ色なのはキャロットとサツマイモなのです。^^;色はさわやかなのに味はお芋の味でもったりした感じでした。

カボチャのジェラートを頼むとこれまたお腹が一杯になる感じなのです。^^;

| | コメント (3)

2007年7月26日 (木)

経験値をあげろ!

夏休みに入り、普通に道路を歩いていてもいろいろな人を見かけるようになりました。

自転車やバイクに荷物をたくさんつけている人など。(明らかにお泊まりシートを積んでいる)

今日は何故かリュックを背負って、竹馬しながら国道を歩いている人が・・・f(^ー^;

う~ん、むむむ・・。これは初めてみました。運転中でなければ、何のためにやっているのか聞いてみたいところ・・・・・。

ところで、高2の息子は夏休み、オープンキャンパスのために関東にいったり、何故か九州に行ったりしなくてはならなくなりました。

しかし、この子は1人で電車に乗った事もない子で、バスの乗り方も知らないのではないかと思う。移動は大抵自家用車だったし、電車に乗るにしても兄がいたり、友達がいたり。1人で駅から電車に乗って来られないと断言している。・・・17歳なのに。

さて東京まで高速バスで行くことにしたのはいいけれど、帰りはどうするのか・・・いい時間のバスが取れないので、「いっそ、鈍行でゆるゆる帰ってきたら?」と私。

すると彼が、「私、トイレがないと困ります。」

私「?トイレついてるでしょ?」娘「電車には普通トイレついてるでしょ。」

息子「で、電車かあ・・・」

私、娘「?」

息子、鈍行のバスだと思ったらしい・・・・そんなんあるかい!

確かに高速バスの話をしていたけど、まさかこんなにもの知らずだとは・・・ほんとうに行けるのかいな・・・母は心配だぞ。

それに比べると娘は早くから電車で音楽教室に通ったり、ガールスカウトの集まりに行ったり、経験が豊富なのです。

そんな息子なのに、九州は福岡まで行くことになって、いきなり、飛行機にも乗らなくちゃいけない。部活の4人で行きますが、1人じゃ飛行機の乗り方が判らないって。

判らないけど行っちゃうタイプじゃ無いんです。^^;

しかし、部長さんに用事が出来て自分が日程組まなくちゃならなくなったら、なんとか本気出して作っていたようですが・・・^^;

この夏休みは彼にとって経験値を上げるいいチャンスです。

無事に行ってこられるか心配ですが・・・頑張ってくるアルよろし・・・

| | コメント (8)

2007年7月25日 (水)

未体験の味

今日は行きつけの理美容室へ行って来ました。もう、5年くらい通っていますので、まあ、黙って座ればぴたりと決まるみたいな感じですが・・・・。

東京で修行して戻ってきた人なので、サービスも地元のお店とはちょっと違います。

おつりは必ず新札でくれます。大人には歯磨き粉か食器洗剤を、子どもも中高生はガムかキャンディを貰います。

そしてコーヒーなど、飲み物を出してくれます。

今日は空いていたせいか、お菓子もつけてくれました。まあ、ありがたい。

それが、食べたことのない、バームクーヘンでした。

聞くとそれは滋賀県のものだそうで、お取り寄せしたんですと。

バームクーヘンというと、ちょっとぱさぱさした感じと思っていたのですが、これは・・・生っぽいというか、しっとりとして、ほんとうに一つ一つ作りました、という感じに溢れていました。

おお~、なんだこれは。

これは一層一層剥がして食べるよりも、年輪に対して垂直にフォークを入れたときさらに解ります。その弾力が気持ちいい。

写真を撮らなかったのが失敗でしたが、聞いてきました。

クラブハリエのバームクーヘン

東京や、関西のかたには珍しい味ではないでしょうね。でも、こちらには無いんですよ~!。^^;

ところで、未体験と言えば、こんなのも・・・。

Su 昨日出先のコンビニで何気なく買った飲み物とアイス。

実は私は酢が苦手。

でも、おいしそうな、健康に良さそうな・・・と思って買ってみました。

キャップを開けてもつんと来る匂いはありません。一口飲んでみると、ネクターのような味が広がります。

しかし、のどごしは、酢でした。^^;

酸っぱいのではなく、刺激、とでもいうのか。

これは・・・・^^;困った。

飲めなくはないがしかし・・・とほほ。

昔、あかぎれしたとき、母に酢を塗られて声も出なかったのを思い出してしまいました・・・orz

| | コメント (13)

2007年7月24日 (火)

白いギターもまあまあ・・・

Juli_24 昨日の予報通り晴れました。

真っ青な空です。

まだ梅雨は明けないようですが、さわやかです。

日差しは暑いですが。

貴重な晴れ間にせっせと家事を片づけているかと思えば・・・・^^;

もう、ほんとに、アタシって・・・・^^;

こんなことしてるんだもんなあ・・・・・・。

Gursfunny

着たきり雀なので、まあ、これで。(^^ゞ

このあたりじゃもう手に入らないフェンダーギターコレクション、頂きました。(Thank you sooooo much! My dear friend!)

Ursの好きな赤い色じゃないのですが、うちのUrs君は、そんなわがままなこと言いませんから・・・(^凹^)ガハハ

うう、かわいいじゃん!(親馬鹿・・・・^^;)

さすがに、オデコのしわまでは再現できませんが。σ(^◇^;)

| | コメント (12)

2007年7月23日 (月)

久しぶりの晴れ間

Juli23harema 久しぶりに青い空が見えました。

明日は31℃だそうです。

| | コメント (6)

2007年7月22日 (日)

マナーハウスへようこそ 奥様とご主人の部屋

途中になっていたブリティッシュヒルズの写真つづきです。

奥様とご主人の続き部屋です。

小説にあるように、二つの部屋を繋ぐドアはそれぞれにあり、二枚ありました。フッ(~ー~)

日本のように柱が何本で何坪、とは数えることができませんが、今思い返してみると、うちを全部ぶち抜いたのより広いんじゃないかと思います。家具自体が大きいので、狭く感じるのですが・・・。そうだよなあ・・・ウサギ小屋っていわれるわなあ・・。

Bedroom1 まず、奥様の部屋です。

Bedroom2 同じ部屋の中に、お茶をいただくスペースも。素晴らしいですね、この透かし彫り。

Bedroom3 奥に見えるドアがご主人の部屋へ通じるドアです。

Bedroom5 奥様のお部屋は椅子や、カーテンにチェックが使われていて、かわいらしいような、カジュアルなような。

何となく、若くてきれいな奥方を想像してしまいました。チェストもきれいで華やか。

Bedroom6 これこそ、寝椅子ってやつですね?

今さっき、みんなしてわらわらと座ったので、乱れています。^^:

Bedroom4 ちょっとピンぼけなんですが、絨毯と色目を合わせたチェックの椅子。私はこれが気に入りました。絨毯もしっかり踏んで、腰掛けてきました。持って帰れないモンね・・。

Bedroom9 さて、ご主人の部屋のベッドは奥まったところにありました。天蓋付きですね。

暗殺の危険に備えて常に上半身はたかくしてたとかなんとか・・・。写真を撮りながら、先に説明を聞くって、なんか器用なことしていたのね、私。

Bedroom7 ほんとうは書斎は別にあるんじゃないかと思いますが、机もありました。

Bedroom12 大きくて立派な椅子です。照明もきれいです。

この部屋のチェストはみんなこの形で統一されていました。

Bedroom10 ご主人様のお部屋には立派なタンスがありました。開けてみたけど、中は空っぽ。でも、紛れもなくタンス、でした。^^;

なんで、奥様の部屋には無かったんだろう・・

女性は衣装部屋があるのかも・・・(もしかしたら)

両方の部屋に立派なバスルームもついているんですが、次回、そのほかの記事にします。

やれやれ。もう、見所沢山でした。でも、今頃気がついたんですが、全くフラッシュを使っていなかった・・・。道理で簡単モードなのにピントが合ってなかったりぶれたり・・・^^;

デジカメはちょっと練習しなくちゃいけません。ほんと。

| | コメント (11)

2007年7月21日 (土)

ほにゃほにゃ・・・

DIVOがお休みに入ってしまって、これから4枚のCDをすり切れるほど聞くのか、と言う話をしていましたが、私はマタイや、ヨハネを買ってしまいました。それからベートーベンの交響曲全集なんかを。(安かったから・・・^^;)それはまた別のトピックにすることにして、そういう話をしてる中で、思いがけず嬉しいことが!!

いままで、聞きたいなあ、欲しいなあ、と思っていたCDをお友達が持っていたことが判明!聞かせて貰いました!(Thank you soooooooooooooooo much! my dear friend!!)

それがこれ。843

娘が去年聞いてきて、欲しいなあ、とずっと言っていたCDなのです。某雑貨書店にあるのは解っていたのですが、手持ちがなくて、そのまんま・・・。^^;

ネットでも、全く割引がなくて、そのまんま・・・。

いつしか、DIVOBINBOで、買うのを伸ばし伸ばし・・・・

すまん、娘よ。

他のことならポチッとしちゃうのに・・・・^^;

友達は「原曲が解らないと、楽しめないかもよ?」と。

ご心配めさるな。それがし、昔、すたーうぉーず(SW)のさうんどとらっくのれこーどを買い求めたまにあでござる。おりじなるはしっかり頭に入っておるのでござる。

う~ん!素晴らしい!20世紀FOXのファンファーレから入っているなんて、なんて、マニアック!

J・ウィリアムズのあの楽器がじゃんじゃん鳴ってるオリジナルをよくシンプルにまとめてあります。圧巻はやっぱり、ダース・べーダーのテーマでしょう。これはYoutubeにあるので聞いてください。(^ニ^)

他の曲の試聴はこちら

娘はエンドテーマの「王座の間」をアンサンブルの発表会でやっただけに、この曲になったら、「これが聴きたかったんだ~!」と。自分が弾いたパートをよくウクレレで弾いてるなあ!と感心しきり。

返す返す、「娘よ、すまん」そして、Kちゃん、アリガトウゴザイマス!

ああ、このほにゃほにゃ具合が、まるで私のようだわ~。これ、私のテーマにしようかなあ!(^凹^)ガハハ

おまけに。

その後、ウルトラマンも出てるのね。うう、ポチッとしそう!ウルトラQに、ウルトラセブン、ワンダバ、最高~!(^・^)/

DIVOとは全く違う意味で癒されます。

あなたも時には力を抜いて、ほにゃほにゃになりませんか?(^^)b

| | コメント (5)

2007年7月20日 (金)

DIVOがお休みしてる間に

UK時間でも19日は終わってしまって、今日は終業式で、一挙に現実に戻ってしまったようです。^^;

家族のお誕生日もこんなテンションでお祝いしたことはないような・・・だって、子どもの誕生日は私が何か貰いたい位よ。(^o^)ハハハ

夏休みと言っても、大きくなった子どもは夏期講習だ、補習だ部活だといって家にいないことの方が多いけれど、あ、1人増えるんだった。お米を買ってこなくちゃ・・。

マナーハウスの写真も半分残ってるし、バッテリーの感想も残ってるし書くことはいっぱいあるんだけど、夏休み、お母ちゃんは忙しい・・娘にPCを占領される事も多いかも・・。(そりゃ、言い訳か?^^;)

なのに、また図書館で厚い本借りて来ちゃって・・・夏休みはこれを読む予定。

Mahounokoe 映画化もされるようですね。

今でこそファンタジーもの普通の人も読むようになりましたが、昔は(いったいいつ・・)あんまりいなくて、本屋さんでも人気のない一角にあったものです。

出来れば、何もかもほっぽり出して(ご飯の用意もせずに)一気読みしたいんですけど・・・・

私にもお休み、くれませんかね、誰か。^^;

DIVOがお休みになってしまいましたが、情報はちょろちょろ出ているようですね。

Ildivoofficialcalendar2008 これはOFFICIALのものだから、写真をはってもいいんじゃないかな。

密林に頼んではありますが、いつ頃届くかなあ・・・去年はすっかりやられちゃって、同じカレンダーが二つ。でもプリントしてる国が違ったので、微妙に金色が違うという、代物で・・・・結局保存用

おフランスのTVではインタビューが放送されたようです。

Ursのフランス語、今回は低音で、かなり息づかいが聞こえてきて、どっきり。

こんなに息を抜く音が一杯じゃ、私には無理だわ。口を捻挫しそう・・・(笑)

ところで、彼はフランス語でもちょっと回りくどい言い方をしてるようです。英語にtranslationして貰った文章は・・・やっぱりいつもの英語(ただし、you know抜き)

Sebが、将来別々の道に行っても、また集まって歌うかも・・・なんて言ってたように読みましたが・・・(英語不自由なので、信用しないでね。^^;)

| | コメント (9)

2007年7月19日 (木)

Happy Birthday

Happybdayurs2007

Ursがこのページを見ることはないですが、お祝い。こっそり。^^

| | コメント (12)

2007年7月18日 (水)

声はすれども

去年の今頃は、キャラウェイシードなんか買いに行って、スイス料理だ、なんてやっていたっけ。私がおかしないたずら写真を貼っている間に、Ursがメッセージをくれたり、もしかして同時ログインしていたのに気がつかなかったのか~orz・・・なんて。

Scheveningenでのコンサートの余韻に浸っているうちに、UKのBBCラジオではIL DIVOのコンサートの音声が放送されたようです。いいなあ、本場は。彼らがお休みになっても、何かしら情報があって。日本は皆無と言っていいですね。昨日のスケートで、My Wayが聞けただけですかねえ・・・。

この放送、コンサートを独自に編集してあって、曲順も独特、余計なコメントは一切無く、とにかく彼らの歌が流れます。(すみません、英語不自由なので、このあたり未確認です。なんか、そう思っただけ・・・求む、詳細情報)

音声の調整の関係なのでしょうか、今回は1人1人の声がよく聞こえます。

いつも埋もれがちな、中低音パートを歌うUrsの声がよく聞こえるような気がします。(私の耳はあてにならないけど・・・^^;)

いつもの素人の録音の音声じゃないし、会場で音がガンガン反響している音声じゃない。

Ursはほんとうはこういう風に声を出しているんだろうか・・・・。いつもより何倍も多彩に聞こえる・・・。

ゆ~こさんが対旋律と書いていましたが、私は主旋律を歌っているUrsよりも、この対旋律を歌っているUrsにめっほう弱い。ざわざわする・・・。それは低かったり高かったり、自在ですね。Caruso,Musica,Without youと、Siempreで際だっているようですが、ヤマビコのように聞こえてくる声がなんともいえず、好き。^^;

彼は自分でいい声してるし、って言っていたけど、(^^;)私はまさしく、この声にまいっちゃったんだなあ・・。

いや、もう、あんまり喋るのは恥ずかしいのでやめておきます。f(^ー^;

あんまりいい放送だったせいか、UKDIVAのみなさん、映像が欲しいと言ってスレッドに写真をバンバン貼っていました。フォーラムがあって良かったなぁ・・・・。

声はすれども姿は見えず、思いは募るばかり、でしょうか・・・。^^;

Davidファンは彼が日本に観光に(忍者修行に?)来ないかな、と思っていることでしょうね。Urs、ギター買いに来ないかな(来るわけ無い^^;)・・・(^▽^ケケケ

| | コメント (15)

2007年7月16日 (月)

夏野菜が盛りで

ここのところ毎日の食卓にのるのはインゲンです。

インゲンがでてくると、夏が来たんだな、と思います。スーパーで買うとほんのひとつかみ¥200くらいしますが、とても買えません。なぜなら、スーパーの袋に一つくらい、頂くので。^^;

この時期もがないとすぐ大きくなるので、売りのものにならない大きなサイズがどっさり。

うちは野菜好きなので、たいそうな量を消費しますが、それでもなかなか大変な量です。シンプルに茹でてマヨネーズや生姜醤油、旬のこの時期美味しい天ぷら、なすと一緒に味噌炒め、みそ汁にチャーハンにと使っても、夏中だと、バリエーションがなくなってきます。なにかオススメの調理方法、ありませんか・・・。^^;

それから、今日は「キュウリ貰って~!!」とSOSが。

きっとこの雨でキュウリの収穫が遅れて、規格外の太くて長いキュウリがたくさん取れてしまったのでしょう。そんなわけで、今日のおかずはこんな・・・。^^;

Natuyasai キュウリのぶつ切りと青じその浅漬け。

インゲンは多かったので、あっさり食べるのとこってり食べるのと分けて。

なすとインゲンの味噌炒めですが、今日は一緒に貰った唐辛子を入れたら、とんでもなく辛くて、連れ合いには不評。^^;私は密かに喜び・・息子は「ご飯が進む~」とおかわり。

ああ、しかし、貧弱なおかずを公開しちゃう私って自虐的。^^;でも新鮮な野菜を食べています。今日頂いたバジルとっても香りがよかったのですが、パスタがない・・・^^;水洗いして冷蔵庫にお休み頂きました。明日もちゃんとしているといいけど。

さすがに、緑ばっかりだったので、トマトも切りました。すこ~し、彩りよくなりました。(^^ゞ

| | コメント (10)

2007年7月15日 (日)

我慢の限界

ここのところ、ずっと、イギリスに行ってるのですが(心が)いい加減Ursの話をしないと禁断症状が出てきたようです。

Scheveningenでのコンサートの様子がUPされて、私たちも楽しみましたが、コンサートの最後の方で、SebがUrsに、オランダ語でMCをやって貰ったようですが・・・・・。

果たして、彼らはUrsがなんと言ってるのかわかっているんでしょうか?

とっても解ったような顔してるんですが、そこんとこどうなんでしょう。^^;

Ursはおちゃらけたコメントはしないと思いますが、これ、なにかおもしろいこと言っていたらおもしろいのに・・・。(^ニ^)

Amaimono コンビニに行ったら、九州沖縄フェアとて、限定品が出ていました。

塩バニラはお友達ブログで紹介されていたので、買ってみました。

いや、この北谷塩、美味しいです。さすがベルギーチョコ使用(?)口溶けなめらかで、塩っ気もまろやかでした。

それから滅多に買わないキャンディーのチェルシー。

この日向夏みかんは甘すぎず、酸っぱすぎず、私にはとっても美味しいです。

そうだ、前にも写真を撮っていたのがありました。

Umechoco あ、これこれ!

この梅柄もお友達ブログでご紹介の品。柄も3種類あるんですね。でも味は青梅でした。ちゃんと緑色なんですね。^^;

オレンジは、前に買った大袋のビターのオレンジが大人の味で美味しいと思います。

ところで、チロルチョコで一番好きなのがこの牛柄のミルクです。

牛柄・・・・(^m^)

牛柄でうふって・・・・ああ、読んでる人も我慢の限界?

いい加減にせい!!って何か飛んできそう・・・^^;

| | コメント (12)

2007年7月14日 (土)

マナーハウスへようこそ Library

Librarya 図書室は社交の場です。小説や映画でも、この部屋に集まってお話しやらゲームやら、つまんなさそうに(?)していたりしますよね。

ここでは、各コーナーの別れていて、男女のグループに別れて座ります。

男性はよく、カードゲームなんかやっていたりしますよね。

図書室のど真ん中にある意味深なソファがあります。

Kisschair

Kiss Chairって言っていたと思います。

そっちとこっちに別れてて、でも、そんなこともできちゃうワケね。

Library4 マガジンラックもこんな。徹底しています。半端なものは置いていませんね。

Library2

Library3 置いてある本もちゃんと古いものでした。

ここではありませんが次の部屋には日本の本も少しありましたが、ここに合わない・・・^^;

こいう背表紙の本て好き。去年「イギリスの美しい本展」(2006年の話です。今年ではありませんよ。早とちり注意^^;)を見にいきましたが、こういう本を見なくなって久しく、残念です。

Photo_19 私が一番魅せられた椅子。

脇にエドガーが立っているのが見えました。^^

寄せ木細工が美しいテーブルだなあ、と思って見ていたのですが、ピンときて、さわってみると案の定・・・

Chesstable チェステーブルでした!

なんてきれいなんでしょう・・・。

| | コメント (4)

2007年7月13日 (金)

マナーハウスへようこそ Upper Hall

Upper_hall2 昔々、イギリスとアメリカでは階の言い方が違うと習ったことを思い出しました。2階ですが、ここは1st Floor。

Upper_hall3 窓側にはこんな素敵な・・・これはなに?カウチ?こういう形態の椅子は何というのでしょうか。

Upper_hall4 ホールの三方はこんな感じです。こちらのレリーフは新しいものだそうですが、いずれ、色も変わってくるのでしょう。

Relief

Decoration_1 こちらの天井は控えめですが、その下は・・・・

2500 2500万円の絨毯。

踏まれた方が目が詰まってよくなるそうなので、しっかり踏んできました。そして、ここではメイドさんではなく、(当たり前^^;)スタッフがお手入れをされるそうです。

ここまで仕事をしに通うのは大変だなあ・・・・。住み込みだったら、いいなあ・・・。(^^)

| | コメント (11)

2007年7月12日 (木)

マナーハウスへようこそ

Juli_10c1_2 まず中に入るとすぐのところが、この部屋Receptionで、よく執事さんが応対に出てくるところですね。

Reception ちょうど写真を撮っているところの後ろにはこんな一角が。

ここにDavidが座っていそうだな、と思ったのです。

ちょっとピンぼけです。^^;

Decoration 天井の模様も美しいです。

どこかで見たような気がしませんか?

こういうものがケーキのデコレーションに使われたそうです。

Dragon さて、執事さんのチェックを受けたお客様は初めて中へと通されるのですが、この階段のところに対で並んでいるドラゴンズ。

これもまた、日本にも同じようなのがありますね。神社の狛犬、沖縄のシーサー。

悪いものは入れませんぞ!という印なんですね。

Chandelier 階段を上っていくところにもシャンデリア。

ステンドグラスはここの紋章。(というか、創立者の紋章ですね。)

ちゃんとイギリスで登録されたものだそうです。日本でこれを持っている方は数人しかいないそうです。

ダ・ヴィンチコードがらみで、紋章についての知識が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私が知っているのは、庶子の場合は斜め線が入るって事くらいですねえ・・。

Light_1 ただの明かりじゃないんですねえ・・・。いろいろな形の照明器具がありました。

この階段を上っていくとそこには・・・

Upper_hall_1

Flower 見事な花がお客様を迎えます。

これだけの花を用意するのも大変なことです。

もう、圧倒されっぱなし。

やっと二階に上がってきたばかりですが、続きは次回に。

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

そこは霧の国

ちょっと一息、なんて言っていたら、サイトもメンテナンスでお休みでした。

長いお休みの間に、イギリスに行ってきました。

Juli_10a2

なんちゃって。^^;

ブリティッシュヒルズに行ってきました。

ここは、多くの学生が擬似留学体験にやって来ます。

基本的に彼らには英語オンリーです。

おばちゃんの見学団体には日本語使ってくれますが。^^;

Juli_10b1 雰囲気のある扉をひらくと

Juli_10c1_1

そこは、どっしりと重厚なイギリスのマナーハウス。

ちょっと、大阪で行ったどこぞのホテルを思い出させる内装です。

内装はイギリスから本物を運び、大工さんもイギリスから来られたとか。

家具はアメリカ製だそうですが、一点何百万円とか、何千万円とか。でも、座ったり、さわったりできます。

中は素晴らしいです。帰りたくなくなるくらい。(^・^)

ジェーン・オースティンの世界へタイムスリップしたかのようです。

写真を100枚くらい撮ってきましたので、後で整理して公開しますね。

Juli_10d1

ダイニングルームはすこ~し、ハリーポッターの大食堂を体感できる、長いテーブル、高い屋根。

ランチのコースは

Juli_10soup_1 ヴィシソワーズ

Juli_10main Juli_10pan

Juli_10salad

Juli_10desert これにコーヒーがついて、¥2000のランチですから、メインはチキンのソテーです。

スープや付け合わせ、サラダまで、ジャガイモづくしか、^^;と思えましたが・・・

炭水化物が多くて、野菜が少なかったですねえ・・・。

でも、お腹一杯になりました。

Juli_10a1 宿泊棟はイギリスの各時代の建築様式の建物が建っているようなので、今度はお天気のいいときに行ってみたいのですが・・・

まあ、昨日は昨日で、非常にイギリスっぽいお天気ではありました。

こんなだったら、Ursも夏だって革ジャン着てるわな・・・・な~んて。^^;

| | コメント (17)

2007年7月 9日 (月)

ちょっと一息

Hi360055

ここのところ語りすぎ、ですかね。

ちょっと静かにしています。

なにか、おしゃべりしていってくださってもいいですよ。

空の写真を公開しましたので、よろしかったら見てください。

余計なコメントはつけておりません。

どこかで見たことのある空ばかりだと思いますが。^^;

あ、写真は友達のお家のクマさんです。

こういうの作れるのよねえ・・・。

| | コメント (2)

2007年7月 8日 (日)

お母ちゃんの逆襲

私は分析好きですが、分析、評論の本は滅多に読みません。読むならわくわくしたほうがいいので。礒山先生の「マタイ受難曲」がわくわくするの?ときかれたら、それは未知の事を知るわけですから、わくわくします。

最近また、品格だとかオバハンだとか、ミーハーだとか、本がかかれているようですね。

思い出されるのは四サマブームのとき。マスコミ、メディアの論調だけでなく、一番気になったのは新聞の投稿欄の16,7の女の子の文章でした。

結局、「いい年をして、みっともない。」でした。その投稿を採用した新聞だって、そういいたいわけですよね。

私はそのころはまっていたわけではありませんでしたが、この少女の言い分には全く自己中心的で、呆れました。おばちゃん的に言わせて貰えれば、「世の中のことを何も知らない小娘が、何言ってんのよ。」

呆れもし、また悲しくもありました。年をとったおばちゃんには感情がないとでも思っているのでしょうか。わくわくも、ドキドキもせず、家族の世話をして、黙って家にいればいいのですか。

そのころ、読んだ投稿の一つにまた、ぞっとしました。

その方35歳の女性で、自分の誕生日を子どもたちが祝ってくれた事を書いていたのですが、最後にこう書かれていました。「10年後の年齢を考えてぞっとした。」

そのときまさに、その年齢だった私はそれを読んで、ぞっとしました。私、今その年齢ですが、それがなにか?あの。はっきり言って、なにもかわりませんよ?

35歳からの十年なんて、無我夢中で、気がついたらオバサンと呼ばれる年齢になっていました。

若いって、いいですね、何も考えずにものが言えるんですね。私も、考えずに言い放ってみたいものです。でも、そうするときっと後悔するので、やっぱり、実際にやったりはしませんが。

そろそろおばちゃんになってきた年代の方だっていまは、高等教育、専門教育を受けてきた方がたくさんいるんです。語学だろうが音楽だろうがPCだろうが、恐れるものではありません。

私の母ぐらいの年代の人ならいざ知らず、時代はかわっているんですが。

にもかかわらず、世の中はなぜ、お母ちゃんは何もできないと思っているんでしょうか。

秘すれば花、能ある鷹は爪を隠す。

世間がお母ちゃんには何もできないと思っているうちにお母ちゃん達はどんどん進化してるのよね。

いつか、お母ちゃん達の逆襲があるかもね。フッ(~ー~)

それはそれとして。

Blueberry いつも今頃しか食べない、ヨーグルトやさんのデザート。

自家製ヨーグルトやさんので、マイルドなお味です。

ヨーグルト、ふわふわのヨーグルトムースの上にブルーベリーがどっさり。

大満足な一品です、

| | コメント (12)

2007年7月 6日 (金)

偶然よ、ありがとう。

IL DIVOのツアーも終わってしまって、早4日が過ぎましたが、フォーラムではまだ、Scheveningenでのコンサートのスレッドが賑わっています。

しっかり、一部始終を収めたビデオを撮ってくれた方もいて、動く彼らと、会場を見ることができます。

リゾート地で行われた、無料の野外コンサート、観客が一緒に歌います。

DIVOの歌を聴くつもりなら、これほど邪魔なことはありませんが、あれだけ多くの人が歌っていたら、自分もこの際、歌ってしまおう、という気になってしまうかも知れません。ううん、歌わない方が損かも知れません。だって、DIVOとデュエット(?)ですから。

海岸の野外コンサートとあって、Ursの髪はくるくると乱れてあっち向き、こっち向き、それが風になびいているのも見られて、何だか嬉しい。

観客の歌にSebが微笑みをこらえられないのに比べて、Ursは歌に集中するべく、仏頂面です。

しかし、みんな楽しそうです。

背景は夕焼けの金色から薄暮の、薄青い空に変わっていきます。虹まで出て、自然に演出されたコンサートだったようです。

「Siempre」のCDジャケット写真を見ると、ほんのりオレンジ色なのですから、最初から折り込み済みのことなのかもしれません。

こういう映像がみられたからと言って、私が大喜びすることはないのかも知れません。

しかし、オランダのTV局の映像をみたら、最後が、濃いオレンジの夕焼け空を背景に歌うDIVO。しかも歌は「Musica」

またしても。

これも、絶句して、息を殺してなんども見てしまいました。

私の日本公演は、写真もサインも握手もHugもKissも、何もなかったけれど、勇気を出して絵を渡してよかった。(しかも、直接じゃない^^;)きっとUrsは見てくれたはずだと思う。日本に、こういう情景を思い描いたファンがいた、と思ってくれるだけで充分です。

今まで、ファンレターなんて出したことがないのに、その結果がこれとは。

偶然よ、ありがとう。

Ayuuyake2hiroko3

| | コメント (11)

2007年7月 5日 (木)

ほんとうの空

Jun22b

画面中央にあるのが、安達太良山です。

智恵子が、「ほんとうの空」と言った空は、今もあります。

東京にはありませんか?

Ap1000659 そんなことはありませんでした。

ちゃんと、空はあります。

時々空を見てください。

その先に私はいます。

その先にあなたがいます。

Scheveningenの夕陽も、日本の夕陽と何も変わりがありませんでした。

同じ空の下に、私たちはいます。

時々空を見上げてください。

| | コメント (12)

2007年7月 4日 (水)

ステンレスもの

私の持っている道具は珍しくも何ともないものですが、ホーローものも半端にして、ステンレスものは、こんなものがあります。よそのお家の道具がちらりと見えたもので、ついネタに頂きました。

Syanagi まず、唯一のブランドもの(?)

柳宗理デザインのおたま、トング、バターナイフです。

もうだいぶ使っているので、つや消しのハズが、洗っているうちにかえってピカピカになってきました。^^;

おたまは、楕円のカーブがお鍋にしっくり。

バターナイフは平たくてすごく塗りやすいです。左利きの長男でも難なく使えます。

柳宗理はユニバーサルデザインものをいち早く取り入れていましたね。私も左利きの息子がいたために、早くから注目していたようです。ここにはありませんが、結果的に義~母さんが倒れたときに役に立ったスプーンなどもありました。

Skometogi これ、使ってる人、いるかな・・・・。

もう、20年くらいは使ってると思うのですが、鳩のマークのIYで買った、米とぎ用のボールです。

下の穴から素早く糠が抜ける、という売りでした。今は売っているのを見たことがないですが・・・

これを使っているために、うちの子どもたちはじいちゃん家で米をとぐとき、何を使えばいいか解らなかったようです。

炊飯器の内釜を使うという気はさらさらなかったようです。なんと、使ったのは、ステンレスのザルでした。(^凹^)ガハハ

Szaru ザルということで、パンチングのザルです。

平たい方は以前大根を干すのに使った写真があります。

我が家は1kgのそばを茹でるので、重みでザルのネットが破れてしまうのです。パンチングの大きいザルを買いたいのですが、買うのが早いか、量が少なくなるのが早いか・・・・^^;大きくなると結構高価なんですもの・・・。

Scoop そばと言えば、夏、夏といえばアイスクリーム。

と言うわけで、アイスのSCOOPです。

確か生協をやってる友達に頼んで買ってもらった、ヘンケル社のだったような気がします。

ヘッドが重くて、堅いアイスに食い込みやすく、握りも安定していて、そこらで売っているディッシャーとか、スクープより、軽々すくえます。ちゃんと理にかなっている作りをしているんですね。

最後は、道具と言えないかも。

アイスと言えばデザート、デザートの後はお茶。

と言うことで、これ。持ってる人いる??o(^o^)o ワクワク

Schadutu お茶筒です。

ちゃんとお茶が入ってます。

こういうのは桜皮細工のとかもありますが、この重さがよくって・・・・。

日本茶でなくても、紅茶もおしゃれと思いますが。^^;

あとは、普通にボール(これも、ちょっと深型なのですが、これを写真に撮ると、周りも自分も写り込んでしまうので、没。^^;)や、グラスたてなど、どこのうちにもあるものでしょうから、パスですね。

で、おちがないのも何なので、金属つながりで、この前買った磁石のピグリン達がどこにいるかというと・・

Pigurinnhaima ティッシュBOXがスチール製だったんです。

回さないときはここにいます。

ちょうどいい舞台があってよかったなあ、と家族も納得。(変な家族だ・・・)

忘れていました!!これがありました!

Soilpot オイルポットです。

注ぎやすくて、微妙な量を注げます。

ところで、何か誤解が・・・^^;

あの、この写真を撮るために、洗いましたよ。

普通、油ものはべたべたですもの。

みんな。普段より、念入りに洗われて、蛍光灯の下の絶妙なライティングで、アラかくしがうまくいったと言うことですよ(^^)b

ぴかぴかなのは、そのせいです。(^凹^)ガハハ。

周りが写り込んじゃうほどのボールは外側の話で、なかは泡立て器などがぶつかっていますから、傷だらけです。

Sbowl ほらね、これじゃ、深さが解らないでしょう?

外側は鏡面仕上げなので、だまっててもぴかぴかなんです。^^;

いや、こういうネタのおかげで、ちょっと丁寧に道具を洗いました。はははは!!

たまには、こういうのやるべきですね。

磨くと言えば、フライパンの外側の焦げが嫌で、買ったマーブルコーティングの中華鍋ですが、毎日使っていても、変わりがありません。コーティングが剥がれる様子もありませんので、フライパンの方を買いたいと思っています。

| | コメント (6)

2007年7月 3日 (火)

Scheveningenの夕陽

IL DIVOのツアーも、7月2日、ロッテルダムで終了になり、めちゃくちゃご機嫌なUrsの写真がフォーラムにUPされ、「最後の最後にこんな笑顔は反則だよ~!」と叫びながらもポチッと保存しちゃって、これからどうしようか考えながら、ブログを更新しようとしていた矢先のこと。

その前に行われたはずのScheveningenでのコンサートのスレッドを見にいったら、これまたびっくりして、固まってしまいました。

そこにはオレンジ色の夕陽を背景に歌うUrs(IL DIVO)の写真が!!

去年からず~と夕焼けの写真を背景にしたUrsの絵を書いていた私には、まるでデジャヴのような写真でした。

私、予知能力でもあったんでしょうか。(いや、冗談です。^^;)

単なる偶然でしょうが、私には嬉しいことでした。

その場にいられれば、もっと素敵だったんですがねえ・・・・。

夕陽のオレンジ色はもう、(私にとっての)Ursと私のテーマカラーです。(何じゃそりゃ^^;)

Scheveningenはこんなとこ。

Scheveningen2

Scheveningen4

Scheveningen ところで、日本語読みは何というかというと、スヘフェニンゲン。

もしくは、まんま、スケベニンゲンなんです。

こんないいところなのに、・・・・。^^;

今回、何か描こうと思ったのですが、Ursの笑顔は絵にも描けない美しさで、退却してしまいました。σ(^◇^;)

おなじくカメラを向けても、こんな風に笑って貰える人はそうはいないだろうなあ、と毎度の事ながら感心してしまう私なのでした。

| | コメント (8)

2007年7月 1日 (日)

猫パ~ンチ!

Nekopannchi ちょっと気が向いて、買ってしまいました。

今、スクラップブッキングなどのための道具がいろいろ売られていますね。

それは知っていたのですが、ちょっと贅沢品、作る暇があるのか、などと考えてずっと横目に見ていました。

猫の1個くらい、いいか。(太っ腹?いや、しみったれ・・^^;)

使ってみたら、か、かわいい!や~ん!

抜いた後の猫が可愛くて捨てられないぃぃっっっぃ!

お馬鹿な話題で、すんまそん。(;^_^A アセアセ…

Nekonekopannchi 何も作ってないのに、もう、こんなに抜いた・・・^^;

封筒、便せん、カード・・・・

もし、こういう封筒が届いたら、それは私からのお手紙です。ハイ。(^^ゞ

追記

あんまりおもしろそうだったので、つい、海苔を抜いてしまいました。(;^_^A アセアセ…

Nekogara いや~、食べたくないよね、こういうのじゃ・・・σ(^◇^;)

| | コメント (19)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »