« 孫との絆か・・ | トップページ | CORTESを聞く »

2007年5月 4日 (金)

私の知らないアナタ

「○○ちゃんは怖かった」

と連れ合いの従兄弟が言っていました。

今回のことでなかなか話をする機会のない親戚と話をしました。

「いたずらをすると、○○ちゃんに怒られた。それが半端じゃなく怖かった。」そうな。

「俺たちにはともかく、△△ちゃん(連れ合いの弟)には容赦なかった。ベルトで叩いたモン。」

ひぇ~、嘘!

連れ合いは自分の子どもにそんなことをしたことはない。

怒るのはいつも私で、手をあげるのも私、信じられない。

いわゆる「本家の総領」にあたる連れ合いは、(いや、たいしたウチじゃないから・・・^^;)従兄弟の中では一番年上なわけです。

いたずら盛りの小学生、10歳くらいの時、連れ合いはすでに高校生。

そりゃ、怖いかも・・・。180cmの身長から見下ろされるだけでも。

一緒にいたずらする年齢じゃないものね。

意外だ・・・・。

Yawaraka こんなヤツなのに・・・・・。

知り合って30年目にして初めて知る事実であった・・・。

しかし、娘が言った。

「ウチって男の子が多いね。」

確かに。

連れ合いの従兄弟7人(ひいばあちゃんの孫10人)のうち、女の子は2人で、後は男の子ばかり。

夏休みに年頃の同じ男の子が田舎に集まったら、そりゃ、羽目をはずすであろう。

残念ながら、娘の従兄弟、ハトコはまだ幼児、小学生。

同じ年頃の従兄弟とわらわら遊ぶなんて経験はできなかった。

娘はそういうハトコのお守り役ばかりおおせつかるのだ。

それも男の子ばかり・・・。歴史は繰り返す?

いずれ娘も「○○ちゃんは怖かった。」といわれるようになるかも。^^;

|

« 孫との絆か・・ | トップページ | CORTESを聞く »

コメント

ご主人の気持ち、わかるわ~。
私は一人っ子なんだけど、母方のいとこたちは、9歳年下を筆頭に年子で続けて4人いたのね。みんな近所に住んでたし、そのこの家は商売をしていたので、いつも私がお守り役でしたから。
男の子のいとこが一人いたんだけど、その子は20代後半で突然他界してしまいました。来月が七回忌なの。その子とはこれからもずっと一緒に歳をとっていくと思っていたから、彼の死は父親の死よりも痛手が大きかったです。
最近、父方のいとこたちとは、誰かのお葬式の時しか会わないわね~。
親戚って、そんなもの・・・・?(^_^;)

投稿: きよみ | 2007年5月 4日 (金) 08時33分

そうですね、親戚が集まると昔はああだった、こうだったと、
昔の事をやたら覚えている人間が一人は居る!知られたくない
事も、、、、。連れ合いは7人兄弟(トップとビリは女)の
下から二番目、頭が上がらない相手が多い!に拠って集まりが
好きではない、、、、。旧悪もっと知りたいのに、、、、、?

投稿: Abi | 2007年5月 4日 (金) 10時03分

たいてい親戚が集まるとそんな話しになっちゃうものね。だけど、みんなが揃って顔を合わせるのもお祝いごとか不幸の時になってしまうね。
私は父が本家の長男だったのに、うちに男がいないからお家断絶なのよ。あはは、若い頃って家を継ぐなんて興味なかったし、裏工作して後を継いでくれって言われないようにしてたんだもん。
従兄弟は母方は私を先頭に5人女で4人男。父方も私が先頭で女が5人男1人。女系なのだー。だんなは男系だよ。

投稿: まなみ | 2007年5月 4日 (金) 13時59分

どこも同じなのね・・・
私も先日夫方の法事で私とは血のつながりのない人たちの中で
夫の小さい頃の話をたくさん聞かされました (ー_ー)!!
あそこでは ○○歳の夫も5歳になってしまう・・・
すごい悪だったそうで じいちゃんのお葬式で 眠るじいちゃんのハゲ頭をパッチーンと叩いたとか 近所の鳥屋さんで鳥かごの扉を全部開けてまわったとか (田舎だから)よその家の下駄箱の靴を全部出したりとか・・・悪行は数知れずらしい!!

葬式って言うのは 日頃縁遠くなっている親戚を集めるために仏様が会わせてくれる・・とお坊様が仰ってました!! 

投稿: まさえ | 2007年5月 4日 (金) 15時23分

きよみさん
さすが、娘と同じ額田様。やっぱり小さいときから親分なのね。(^・^)
私は逆に父も母も末っ子だったので、みそっかすのほうよ。(^^ゞ唯一年令が近くてよく遊んだ従兄弟は音信不通。そういうのも悲しいものね。

Abiさん
私なんか父方の従兄弟の中では多分下から2番目。旧悪も何もさっぱり解らないわ。(^^ゞ
先日、伯母の葬儀で生まれて初めて会った従兄弟もいるの。そういう縁の薄い家に育ったので、連れ合いの家の濃さには結婚当初は戸惑いがありました。けど、嫁はそうも言ってられませんから、慣れました。^^;

まなみさん
女系って、やっぱり家が細っていくような感じがするよね。
年々子どもも少なくなっていくし・・・
そのうち棺を運ぶ男手がなくなったら、どうするんだろうね、なんて考えてしまった。^^;

まさえさん
日本はまだまだ家単位で行われることが多いのよね・・。
だんだん縁遠くなったとはいえ、祖母の実家の母方の親戚なんて、ほとんど他人様じゃないかしらと思いながらも、何故か私が1人の時にいらっしゃる・・^^;
義理堅いといえば義理堅い・・きりがないといえばきりがない、ような気もいたします。^^;

>>>葬式って言うのは 日頃縁遠くなっている親戚を集めるために仏様が会わせてくれる・・とお坊様が仰ってました!! 

その通りですね。

投稿: ぴろちゃん | 2007年5月 4日 (金) 16時52分

私は年の近い従姉妹がいなくて今でも寂しいなって思います。逆にそういう思い出が欲しかったです!!
ダンナ様のそういう意外な過去ってもっと知りたくなりませんか??

それよりこの写真がおかしくてたまらんですっ!!
実際にダンナさんをお見かけしたら私きっと当てれられるんじゃないかと変な自信持ってしまっております

投稿: 豊昌 | 2007年5月 5日 (土) 00時21分

また、出遅れましたがな。

『>>>葬式って言うのは 日頃縁遠くなっている親戚を集めるために仏様が会わせてくれる・・とお坊様が仰ってました!! 

その通りですね。』

ホントにそうだね。私、まだ会ったことない(記憶に)従妹がいるし。次にあうのは一体いつだろう。。。

もうお祝い事で集まることもなさそうなメンバーになって、
お葬式やお法事ばっかりが滅法増えました。
加えて田舎は近所のお葬式もお当番制だから、一人暮らしの母は大変です。
これからは、兄弟が減って親戚も減っていくわけだから、つながりもぞんざいには出来ないなあ、と思うこの頃でした・・。

投稿: ゆ~こ | 2007年5月 5日 (土) 09時23分

豊昌さん
私も年の近い従姉妹はいなかったから、なにもないですね。
でも、この年になったら、私にいろいろ回って来ちゃったわ。^^;
>>>それよりこの写真がおかしくてたまらんですっ!!
私もおかしくって、たまらんです!!(^凹^)ガハハ
だってほんとにこれにそっくり!
連れ合いだって、自分でそう思ったんだよ。(^▽^ケケケ

ゆ~こさん
本当にねえ・・・みんな長男、長女ばっかりになっちゃって、棺を持つ男性親族がいなくなったら、どうするのかと、マジで考えちゃったよ。^^;
でも、今は自宅で通夜も葬儀もやらなくなってきたから、隣組の手伝いも楽になってきたのよ。私も3日半の手伝いをだいぶ経験したけどね。あれは子ども実家に預けてまでだったから、たいへんでした。(;_q))クスン

投稿: ぴろちゃん | 2007年5月 5日 (土) 21時57分

>葬式って言うのは 日頃縁遠くなっている親戚を集めるために仏様が会わせてくれる・・とお坊様が仰ってました!!

ほんと、そういうことなんですね・・
そして、そういう場でいろんな人の昔の話を聞くのも興味深いですよね。意外なご主人様の過去の姿を知ってよけいに愛おしくなったりしてね^^
私も祖母の法事で久しぶりに親戚の人たちにあって、初めて聞くような祖母の過去の話をいっぱい聞いて、子供の頃に訳も分からず父に
付いて全然知らない人のお墓参りをしていた理由を今年初めて知りましたよ!!!
3日半の手伝い・・私もよく行ったわ・・大変なんだよね・・^^;

投稿: March | 2007年5月 6日 (日) 10時35分

Marchさん
ウチの子どもたちはお盆も彼岸もお墓参りや仏壇にお線香あげるのなんか普通のことなんだけど、従兄弟の子どもたちが来たらはんぱじゃなかったわよ。^^;
お線香ありったけたてたり、鐘叩きまくったり!(@@)
今は仏壇のないお家も多いけど、小さいころからそういう経験をさせるのって大切なんだって。

投稿: ぴろちゃん | 2007年5月 6日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孫との絆か・・ | トップページ | CORTESを聞く »