« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

豪快!お昼ごはん

先日、某所でサワークリームの話をしたので、思い出してお昼ご飯にすることにしました。

時々こってりしたモノが食べたくなるワタクシ、とろけるチーズ、マスカルポーネなど、大好きでございますが、一時期はまったのが、サワークリーム。

どうやって食べるかというと、単にパンに塗って食べるのですが、ここに挟むのはバナナが最高に合います。^^;

ところが、最近、サワークリームを見ないんですね。置いてない。需要がないんでしょうねぇ・・・。

やっと見つけたので、作ってみました。いや、作るって程のもんじゃありませんが。

Photo_8 これ、バナナは丸のまんま、というところ、ポイントかと思います。

お上品にスライスしてしまうと、食感が物足りない。

ハムの塩っ気はバナナと案外合いますが、なくてもいいです。

Photo_9 さて、某所(まなみさんのブログ^^)で、りんごとキャベツのサラダとハムとサワークリームと聞いたので、それは栄養のバランスが良さそうだと、私なりにアレンジ。

いつもは手切りのキャベツも、今日はスライサーで繊細に。

しかし、見た目、何て豪快なんだ!

繊細さとはかけ離れた料理の仕方・・・。(料理?^^;)

これ、生ハムだったらもっとおいしかったかも知れないなぁ・・・。

もちろん、どちらも両手でがっちり掴んで大きな口を開けて食べます。

それが一番オイシイ食べ方です。

ついでに、桜あんぱんまた買ってきました。

今のパッケージはこちらになってます。

Sakuraann そういえばDavidのWebページからメンバーの口内写真はなくなっていました。

期間限定の公開だったんでしょうか。

限定品に弱い方ですか?

はい。^^;

| | コメント (18)

2007年2月26日 (月)

新製品

何を隠そう、私は白あん子さん。

白あんパン、大好きです。でも、置いてないところも多くてなかなか気軽には買えません。

売れ筋商品しか置かないお店には泣かされてます。

よく春のパン祭りをやる大手メーカーの薄皮ミニパンシリーズは手軽でお気に入りです。

春限定の新製品がでたんですけど、おいし~の。

Usukawasakuraanpan1 Usukawasakuraanpan2 写真ではあんこが赤っぽく見えていますが白あんの桜味。ほんのりしょっぱい。

ああ~、幸せ。やめられません。

毎日買いに行ってしまいそうです。

私って、安上がりだわ~!

白あんつながりでイチゴ大福のあんが白あんのもあるのですが、それは大福の項で。(そんなのあるのか?)^^;

| | コメント (15)

2007年2月24日 (土)

来た、来た!

今日はうってかわって非常に寒かったですが、2,3日前は暖かかったですね。

2月なのに、最高気温15℃くらいまで上がった日のことです。

朝、ちょっとのどと鼻に違和感があり、風邪でもひいたかしら・・・と思ったのですが、忘れていましたすっかり。

私、花粉症だったんです。

今年は暖かいせいで、症状が出るのが早いです。

花粉症と言っても、薬も飲まずになんとかやり過ごすのが私の主義。

マスク、目薬、買いに走りました。(;^_^A アセアセ…

パンデミック・フルーの本を読んで2週間の備蓄、何て言ってるより、今そこにある危機は『花粉症』でした。

昨日学校の集まりがあり、お母さん方の話題は花粉症!やっぱりこの日にみんな症状が出たようです。

鼻水、涙、痒み、頭が重い、気が重い・・・

やって来ました。花粉症の季節です。(T.T)

Hi360158 京都駅の伊勢丹のショウウィンドウ。

可愛いなぁ、いい色だなぁ、もっと若かったら、こういうの着てみたかったなぁ・・・

何て思って思わずシャッターを切ったのでした。

綺麗な服だなぁ・・・。

春っぽいです。^^

| | コメント (17)

2007年2月22日 (木)

熊つながりで・・・。あらため、Ursは天然?

ビエラのCMが始まった頃、携帯が鳴りました。

「ビエラのCMはディーボですか?」

彼女にはCDをあげたりしていたのですが、Siempreはまだ聞かせてなっかったのデス。

うれしいですねぇ!「その通り!カルロスさんです。^^」と返信。

Photo_7 久しぶりに友達に会いに行きました。

CDとDVD携えて。

旅のご報告も(今頃・・・・^^;)

彼女はこういう可愛いモノを作れる人です。

私もちょっと習おうかとも考えたのですが、付け焼き刃で間に合わせられるものではないですね。

UrsにUrs(熊)を、とは誰しも考えたと思うのですが・・・。

これを見ちゃうと、私は手が出せません。

最近、IL DIVOのDavidが自らWebページを作ってくれて、本当の彼らの姿がかいま見られます。

誰かから見た彼らの話、ではなく、実際の彼らの姿を見ることが出来てうれしいですね。

でも、幻想がはがれ落ちた人はいないかしら・・・・。

私はまさか、口の中まで見せてくれるとは思いませんでしたよ。(^凹^)ガハハ

昨日はあの口が頭から離れませんでした。^^;

ところで、モストリークラシック、買ってきました。

ネタバレになると申し訳ないので、あまり書きませんがちょっと幸せになりました。

Mc 私、何が好きって、歌ってるときに動かすこの手が好きなんですよね。他の3人も個性的なんですけど、ツボに入ったというか・・・。

Ursの手を描くときは、実はちょっと力が入ってます。(あれでも^^;)

追記

ここで、ともさんから質問です。

UrsファンはUrs=天然と思っているのか?

Ursファンの皆様コメント宜しくお願いします。^^;

| | コメント (25)

2007年2月20日 (火)

こだわりが。

Sekken つまらないことですが、ちょっとこだわりがあります。

ワイシャツの襟、袖口が綺麗に落ちないのは許せない。

液体の塗布する洗剤もありますが、洗い上がりはイマイチ・・・・。

いろいろ試してみましたが、最近はこれに限ります。

授産施設で作っている無添加石けんを網に入れてそのまま塗りつけてこすると、綺麗に落ちます。

網でこすって、シャツが痛まないかというと、これが結構大丈夫。

この石けんはよく落ちます。ただ溶けやすいので何個か買い置きしておかないと買えなくなっちゃうので、ソコは不便です。^^;

写真を撮るのにホーローの石けん皿に入れてみました。

あのイマン製です。普段は台所でふきん石けんが入ってます。

それも無香料、無添加。

あ、なんだ、わざわざ別に買わなくとも、両方同じでいいじゃん。orz

| | コメント (11)

2007年2月17日 (土)

今頃になって

昨夜、友達にコンサートのことを報告するメールを書いていました。

コンサートを時系列で追っていって、思い出しながら書いていったのですが、かなり、いろいろなことを覚えていて、自分でもびっくりしました。

その友達からの返信を読んだら、ブログの書き込みを読んだだけではかなり醒めてるな、という印象を与えていたようでした。そうでしたか?^^

そんなつもりは全くなかったのですが。

初めてのコンサートを見てから早くも3週間になろうとしています。実際に行かれた皆さんは今どんなお気持ちでしょうか。

コンサートを終えたばかりの時は確かに、「こんなもん?」もっと泣くほど感動するかと思ったのですが、かなり冷静でした。

でも今頃になって、思い出しては涙が出そうになるのです。

それは音楽に対してではなく、あのときの歓声、拍手、彼らのおしゃべり、隣のおばちゃんの期待に満ちあふれたつぶやきなど、そのときの雰囲気が増幅されていきなりおそってくるのです。

Overtureの間今か今かと彼らを待って、真っ暗な背景を見つめていたこと。彼らが出てきたときの歓声。

Sebのプロポーションときらきらバックル、Davidの日本語、一気に和やかになる会場の雰囲気。

Passeraの時、いつもの定位置の上手に行ったあと、下手を向いたUrsの真上からスポットライトが落ち、その姿がさながら彫像のようだったこと。(顔の陰影がくっきり出来ていた)

Carusoの海のようなライティング、サテンの夜の深紅の背景と円柱のようなライティング。

Ursの「アリガトウゴザイマス」後、知ってるのはこんにちはぐらい、みたいなコメントをしたこと。それから大好きなNella。あの未知との遭遇みたいなライティング。座席まで光が降ってきた。そしてこれはやっぱりカルロス、最高。その流れで階段上で菱形に座り、Feelingsが始まる。ここで昨年は端っこで、きっとみんなに見えていなかったと思われるUrsのノリが披露されることになる。彼はこの曲を本当に好きなんだなぁと思う。

All by myself、Ursはピアノにもたれて下手にいます。セブは下手側の階段下、デビちゃんは上手の階段下だったか・・・。
カルロスは階段の上で君臨しているカルロス大王様でした。

My wayが終わったとき、隣のおばちゃんが「立たないでよう~、見えないよ~」といいます。スタンディングオベーションが通じない世代なのです。何故か彼女は「来ないよ、来ないよ。」といいます。私は何故か「大丈夫ちゃんと後2曲やります。これ振ってください!」と言って、赤いルミカ棒を渡して一緒に振って貰いました。

Without youで出てきた彼らは確かに驚いていました。Davidは「キレイデス」といい、指さしまでしたSebは「I wonna picture.」といいました。

そしてSOMEWHEREになりました。彼らが腰を屈めた瞬間、悲鳴のような歓声が上がります。ここは確かにちょっとした騒動になりました。

けれど、最後の最後の、ちょっと今までに聞いたことのないUrsのハイテンションな「アリガトウゴザイマス!!」の声が忘れられません。この後3回聞いたのですが、この日が一番嬉しそうな感じだったのです。

ここで隣のおばちゃんにスタンディングオベーションのことを教えたりするお節介な私。「うんとよかったって思ったら、最後立って拍手していいんだよ!」

最後は誰かが「オヤスミナサイ!」とか「・・・・(聞き取れなかった)トウキョウ」とか言ってステージを去っていきました。ここでまたしても隣のおばちゃんが「あ~あ、終わっちゃった」と言います。

私はDIVOの初公演、悪くなかったと思っています。

SOMEWHEREのことだけをことさら強調する必要があるでしょうか。私の隣に座っていたおばちゃん達、余計なことを知らず考えず、前にも行かず、公演を楽しんでいましたよ。

どうか、多くの善良なファンが、完璧に彼らを迎えられなかったと思い詰めないで欲しいと思うのです。

彼らと素晴らしい時間を共有したんです。

今頃になって、ライブの良さが解ってきた私。やっぱり、出かけていってよかった。

| | コメント (26)

2007年2月16日 (金)

見て!見て!

パンデミック・フルーの本は怖かったので、ちょっとお休みして、これを見てください。

駅前の本屋さんまででたついでに名物のメンチカツを買ってきました。

Photo_2

携帯と比べて解るかな。自分の手のひらより大きいのです。

私はこれを完食することができません。半分で十分です。

メンチカツ大好きな連れ合いはこんな風にして食べます。

Photo_6 こってり。(^_^;)

マヨラーなんです。

身体に悪いと思うのに、体型は電信柱のようです。

・・・・・ずるい。

生産調整で処分されたキャベツ。

おかげで値上がりしてました。(T^T)

今日はドレッシング3割引の日で、切れていたレモンドレッシングを仕入れてきました。\(^^@)/

お昼にむさぼるように食べました。^^;

| | コメント (8)

2007年2月15日 (木)

最近気になっていること パンデミック・フルー

Feb15 春一番の便りを耳にしたのに、今日はうってかわって雪になりました。例年と比べたらたしかに雪ですが、すぐに溶けてしまう雪なのでもの足りません。

最近インフルエンザが流行しているようですが、いくつかのTV番組で同じ話題を続けて見て、気になったので、ちょっと調べてみました。

それはこんな記事です。

この記事にでているパンデミック・フルーとは?

ことさら不安を煽るつもりはありませんが、こう立て続けにTVで取り扱うのは意図的なモノを感じます。

とっても簡単に言うと、新型インフルエンザが流行するとライフラインに影響するほど感染者がでるかも知れない。だから、長期間(2週間ほど)外に買い物に行かなくてもいいくらい備蓄せよ。と言っているんです。

NHKの番組に出ていたとき、一緒に見ていた連れ合いがこういいました。

「ここまでするのは、もういつ起こっても不思議じゃないっていうことかな。」

ええ~?!ほんとに??

とにかく本を読んでみようと思って近所の書店に電話したら、2軒ともない。となればやっぱり、駅前の何でも揃う書店しかない。

雪の中行ってきましたよ。

奥付を見ると2006年10月23日第1刷 売れてない。

中身はこれから読みますが、ちらりと見たところにはこんな言葉が。

「我々にとって最悪のことは、何の準備もせず、それは何も起こらないと考えることだ。実際には、我々がそれに対して今、対処できることは多くある。」

東海地震のようにいつまでも起こらなきゃいいですが、思わぬところで思わぬことが起こるものですし。

備えあれば憂いなし、ですかねぇ。

追記 たった2時間の間にこんなになりました!この冬初めてかも!(゜◇゜)ガーンFeb15b 4062136740_01__aa240_sclzzzzzzz_

| | コメント (7)

2007年2月14日 (水)

チョコレート

Choco 今日はバレンタインデーですね。

今年は不二家があんなことになって、義理チョコの定番ハートチョコが無くてどうしたんでしょうか。

チョコ好きな私はバレンタインは普段見かけないチョコレートに出会えるのでわくわくします。家族のためと言って自分の食べたいチョコを買って来ます。

今年はDIVOBINBO-なので、高級チョコは諦めましたが、スーパーを覗いていたら、見かけないチョコがあったので買ってしまいました。

20gで¥99は結構お高い、でしょう。でも。おいしいわ、これ。他にも種類がありましたが、特に、カシス、酸っぱさが絶妙。

あればあるだけ食べてしまう私にはちょうどいいです。^^;

Hi360163 これは伊丹空港の売店で買ったお手軽なお土産。でもマーブル好き。

そういえば明治の工場、大阪にあるのかな?電車から見えたのですが。

明治と言えば、連れ合いにあげるチョコは明治のミルクチョコのでっかいヤツ、と決まっています。

でも、昨日、PCのディスプレイを通販しやがりましたので、買ってやるかどうか思案しているところです。

まあ、元は彼の稼いだお金ですがね。フッ(~ー~)

Lindor 私もなるべく定価で買わない主義です。これは去年、どう考えてもバレンタインの後の処分品だったのですが、格安で買えたので堪能しました。

今年もその時期を密かにねらっています。

スイスのあんちゃんに付きものの三角のより上品です。

すっげー甘いですがとろけ具合がなめらかで、疲れているときにはしおれた花が上を向くように、元気になります。

カカオ99%も好きですが、やっぱり甘いモノはやめられませんね。^^;

追記

1.ちのぶさん、不二家の件についてはこちらをご覧下さい。

2.早々と帰ってきた姉御な娘はチョコと言わず手作りお菓子ごっそり貰って帰ってきました。果たして息子は・・・きっと言わぬが花、よね。^^;

| | コメント (8)

2007年2月12日 (月)

記憶は曖昧

DIVOが離日して、滞在中のエピソードがちらほら出てきたのですね。もっといろいろ出てきて欲しいですね。

UDOのサイトも、あれだけいろいろ制限したのだから、もっとエピソードを出してくれてもいいのに・・・

中でもカルロス、嫁さんと京都の旅館に泊まったって?ほんとに?

浴衣のカルロスとジェル、お料理のテーブルの襖の向こうには2つならんだお布団、の図を想像して、ニマニマ。(*^_^*)(いや、旅館だってベッドもあるだろうけど)

もしかしてここで「おおきに」を覚えてきたのか?

新幹線から富士山を見るのを楽しみにしていた?Ursも?山育ちなのに?

そういう私も新幹線からはちゃんと富士山を撮っているのだから、富士山は偉大だ。(?)

Ursはギター5本買い込んで、(これは解る。日本のギターって今いいんだってね)RockのDVDしこたま買い込んで、(何でも揃う日本てすごい・・)忘れ物もちゃんと出てきてご機嫌で離日したらしい。

忘れ物のくだりを書いた人の文章がまたおかしい。

さて、私もコンサートを思い出してみたら、何を見ていたのか記憶は曖昧。

衣装替えしたUrsはかなりちゃんと見ていたのだけれど、最初の衣装は、ジャケットのスリットは2本、だったような気がする。ズボンにラインが入っていたのはDavid だけだった?襟は光っていたっけ?

などどかなり曖昧。(デイジーさん、お役に立てないかも知れないわ^^;)

とりあえず、一番印象に残っていたことはこんなことでした。

Oosakaurs

| | コメント (18)

2007年2月11日 (日)

HARLEYのTシャツ

みゆきさんのブログで好きな人の好きな物に影響されまくり

という、あまりにもグッドタイミングな話題を展開されていたので、私も・・・^^;

みゆきさん、(ご友人様)いつも黙ってネタを頂いてきてしまってすみません。<m(__)m>

バイク野郎なUrsくんはHARLEYのモノが好きです。

I hate logos.とか言っておきながら、HARLEYのものは別格なようです。

あれは昨年のいつ頃だったでしょうか、ロッテルダムコンサートの辺りで、Dugegg blueのハーレーのTシャツを着ていたUrsの写真を見たとき、「これ、欲しい!」と思ったんです。

写真の具合で色合いは微妙なのですが、青灰色のアヒルの卵色、要するに、くすんだ水色ですね。そういう色が、私、大好きなんです。

一応、調べてみたのですが、同じようなのはないんですね。日本では買えないみたいです。

私が地元のHARLEYの特約店に入るまでにはかなりの時間と勇気が必要でした。

だって、バイクを買う訳じゃないんですから。^^;(いいおばちゃんだし・・・)

でも、彼らが短い夏休みに入る頃、入ってみました。

そしたら、そこにはUrsがバンクーバーに乗って来た真っ赤なハーレーがあるじゃありませんかあ!おお、これくらいかぁ・・(大きさね。)などと感慨深く眺めたりして。

Photo_5 ああ、懐かしい。こういうのでした。

でも、これ、ウチの車くらいするのよね・・・・。^^;

相手をしてくれた人、(もちろん男性、だって田舎の個人会社だもん)は、詳しいですね、って驚いていましたが、丁寧に相手をしてくれました。

なにげに、「バイクに乗られる方はいらっしゃいますか?」と。

連れ合いは乗りますが、こういうタイプじゃなく、山バイクっていうやつ?後は息子は2人います、と言う私の言葉に、ちょっと将来の顧客の可能性を見いだしたのかも知れなかった。(かわいそうに・・・)そこでいろいろ見ながら、結局Tシャツ1枚買ってるんるんと帰ってきたのです。

その一張羅のTシャツをDIVOの旅に持って行かなかったのは失敗でした。(T^T)

コンサートに行ったら、確かにみなさんドレスアップしてエレガントに決めていましたね。けれども、このノリはちょっと違うぞ!と思ってしまったんです。気づくのが遅かったです。^^;

Hi360162 そんなわけで、東京滞在中に買おうと思ったのですが、運悪く社員研修でお店は全滅・・・。断念して大阪に行ったのでした。

その後渋谷のショップでセールしていると連絡してくれる方が!

「ぴろちゃん、今セールで半額だよ!」

即、お願いしました。

だってこっちじゃセールなんかないもの!(それにサイズね!)

でもこれは3割引だったの^^;

黒地に薔薇と炎とハーレーのlogoいかにもUrsっぽいじゃないですか。

いいの見つけてくれてありがとうね!

それから地元の丁寧なお店の人に聞いた話をひとつ、ご披露しましょう。

Ursの私服の革ジャンやGジャン姿の写真を見たとき、なんだか、袖が長い?と思った方はいらっしゃいませんか?

私はちょっと疑問に思っていたんですよね。

外国人なんだから、手足は長いはずだし・・・。私みたいにリーチが短いはずはなし・・・・。

謎が解けました。

バイクは腕を伸ばして乗るでしょう?だから伸ばしたときにちょうどいいように長めに出来ているんだそうです。

Ursが着ているのは間違いなく、バイクウェア。

私の次の野望は、Gジャンを買うこと。フッ(~ー~)

にあわね~って声が聞こえてくるけど、いいんだも~ん!

| | コメント (14)

2007年2月10日 (土)

お土産の話

P1000385_3 ファンの皆さんがDIVOを追いかけていた頃、私は京都へ行っていた。

娘に頼まれて、晴明神社へ。

何故晴明神社なのかとと言うと今彼女の中ではマイブームなんですな。

「少年陰陽師」とか言うのにはまっているのだ。甘い母親、とは思うもののこれくらいしかしてやれない。

境内実に閑散としていた。

けど、私の前にやはり女子中学生がなにやらお土産を買っていた。

さて、私が買ったものは五芒星のついた守り袋と、ペンダント、キーホルダー各種、それから五芒星の織りの入ったハンドタオル、「部活で使いなはれ」と言ったらなにげに大喜びされて、わざわざ行った甲斐があったというもの。(^^)v

ちなみに、こんなんありましたけど・・・。^^;

P1000389 なんとなく、山野楽器でDIVOのハリボテと写真をとってきた自分を思い出して苦笑・・・。^^;

サントリー山崎蒸留所

P1000395 京都へ向かう電車からこの建物が見えたとき、連れ合いへのお土産が決まった。

あら、こんなところにあったんかいな。

私はお酒を飲まないし、日頃サントリーのお酒は飲まない連れ合いなのだが、ここのは違う。(はず)

それというのも、以前ニッカの蒸留所に行ったときに50度の原酒を買って帰って喜ばれた。(そこのウイスキーボンボンはおいしかった。赤くなりながら食べた)

ここでしか買えないお酒があるはず。

しかし、これ、通学路って・・・・。ここ公道なの?

この写真の手前に守衛所があり、門のようなモノもあったような気が・・・。

この写真を挟んでむこう側には、

P1000396 無料で見られる資料館、試飲や食事のできるフロアや、売店などがある。

ここでは8年ものと15年もののセットになったお酒を買って帰り、

「これが一番高いお土産だから!」

と言って渡したのだった。

余談

あわよくばUrsに渡したいと思って、東京でハーレーの取扱店に行こうと調べたら、なんと社員研修で4日まですべてお休みだとか。がっかりして、やはり彼に貢ぐんじゃないんよ、という思し召しか、と思った。

しかし、私はなんと、贈り物はハーレーのショップの袋に入れて頼んだのである。

もし本当に彼に渡ったとしても、中身がスカでは・・・彼もがっかりしたことであろう。フッ(~ー~)

| | コメント (8)

2007年2月 8日 (木)

SOMEWHERE

DIVOの旅のこと、何を書こうかずっと迷っていた。

あちこちのブログを読んでみんなが何を書いているのか読んできた。

コンサート自体のことは皆さんが書かれているので、今更私が重ねて書くことはないだろう。

彼らについて一言づつ述べるとしたら、

カルロス大王様。あなたは私を救ってくれた。あなたの生歌を聴くためなら¥10500、惜しくなかった。嫁さんも手を振ってくれたし。いい嫁さん、貰ったね。TokyoDランドには行かなかった?

David、日本語MCご苦労様。でも、ネイティブにアドバイスを求めた方がいいと思う、けど。よくよく考えたら、彼のI believe in youを聞きたいが為にコンサートに行くと決めたハズじゃなかったっけ?それなのに・・・・なかったわね。コンディションもよくなかったわね・・・・意外でした。

セバスチャン顔ちっちゃいよ!って知ってたけど、ホントに小さかった。初日階段を下りてきたとき、4人を見たら彼だけ目鼻がわからない。それから、Ursばりにでっかいぴかぴかのバックル・・・・。彼は一生懸命観客とコミュニケーションしようとしてた。好印象。

Urs・・・・・。会場を一瞬にして静まり返らせる期待通りの歌唱力を示してくれた。この後全Ursファンはパセラを息を詰めて聞いたに違いない。ご本人も、その山場を終えるとすっごくほっとした顔をしていたのを解っているだろうか。

30日の彼らの出来に、家族を放って出てきた私の旅は何だったのかと青くなった。

このブログで、彼らにその価値があると豪語したのはいったい誰だった?その結果がこれ?これ?

昨日の今日でこれ?昨夜から今日の間にいったい何があった、DIVO!

このままでは、家に帰れない。出してくれた家族になんと言ったらいいのか。

そんな気持ちを抱いて大阪公演を迎えたが、大阪は熱かった。

彼らも会場も一緒に盛り上げようとしていたような・・・。

思わず何回かうるうるした。生で聞くなら絶対カルロス!

しかし、見るのはやはりUrs。コンサート終盤に向かって、落ち着いていたはずの髪がどんどんクルクルになって、収まりが悪くなってくる。とうとう前髪にウェーブがでた。私の一番好きなところ。生でなければ見られない。

大阪最終日は2階席。2階から見下ろすUrsは美しい。しかし、なかなか上を見てくれない。

アンコール、客席にライトが当たったときひたすらスイス国旗を振りアピール。

最後の最後、彼は2階を見てくれて(と思いたい)、(片手)投げキスをして去っていった。

公演終了後、偶然彼らの車を見送った。私が見えたのはどうもDavidの腕時計だけだったらしい。

名残を惜しんでDIVAの皆さんとなかなか別れられない。最後にハグしたり、握手したり。

大阪まで来て本当によかった。

実は、大阪では偶然彼らに遭遇した人に聞いて、彼らのホテルを知った。追いかけていくことも可能だった。

でも、私は東京初日11列だったにも関わらず、前へ行かなかった人だ。贈り物もちゃんと受付に預けた。

彼らのプライベートな時間にまで押しかけたいか、と自分に問うたら、答えはNOだった。

ファンらしくないと言われようが、自分らしくないことはできない。

「彼らと同じ場所に行けて、同じ空気を吸ってこられただけで十分」というDIVO友達と部屋へ帰る。

彼女とは南と北に別れて、次はいつ会えるのかわからない。

お互いに今回会えたことを喜び、再会を願った。

「またいつか必ず会いましょう。いつか、どこかで。SOMEWHERE~」^^

エレベーターの向こうとこちらでお互い笑顔でSOMEWHERE~と言い合った。(ちょっとメロディー付き^^;)

私の心はとても温かくなった。

SOMEWHERE、私たちの大事な言葉。

DIVOの旅。

私にはDIVOの公演が半分、DIVAの皆さんに会うのが半分の旅だったのかもしれない。

| | コメント (22)

2007年2月 6日 (火)

富士山

Hi360156

今朝のめざましTVは失敗した。録画できなかったのだ!

今日か、明日の放送と山を張っていたのに、朝はあわただしくて失敗した。

30日の放送は東京から連絡して録画して貰ってたのに、なんたること!

まぁ、ちゃんと見るには見ました。

その中でDavidの撮ったVideoの映像が。

富士山だ!

私も撮ったわよ!ほら!ちゃんと撮れてるでしょう?新幹線からだけど。

それが何?ううん。それだけ。

ン十年ぶりなので、外国人と同じことをしても仕方がないです。(^m^)

それから飛行機からもきれいな富士山が見えました。反対側だったので写真は撮れませんでしたが、雲のかかっていないきれいな富士山。

そういえば東京からこんな写真も撮れました。

Hi360153 これらはみんな携帯で撮ったの。ちょっと使えるヤツでしょう?

Ursでいっぱいの私の携帯、東京で落下させてしまって、傷ついちゃったんです。

「あ、Ursがハゲちゃった!」と言ったら、

大ヒンシュクでした~!(^凹^)ガハハ

(確信犯)

今日の番組でUrsはお寿司はダメだって言ってましたね。生魚は苦手とか。

わ~い!私もだよ~!同じだ!

思わずTV画面に向かって「やっぱり~!」と叫んだ私でした。

今日娘が学校へ「IL DIVO」を持って行った。今マイウエイを練習している皆さんで聞くのだそうだ。

DIVOのマイウエイは・・・普通のマイウエイと違うと思うけど・・・

演奏の参考にするんですと。

う~ん。中学校にDIVOが流れるのか!

「よかったら、他の曲も聴いて良いよ?」

帰ってきた娘にみんなの反応を聞くのが楽しみです。

| | コメント (13)

2007年2月 4日 (日)

寒い!

Hi360161 寒い!です。

昨日とうってかわって朝起きたら雪でした。ところがここはただの雪じゃない。

写真でおわかりのように、雪が積もっていない。

雪はみんな飛んでいく。吹きつける。

こんな量だからたいしたことはないが、ひどいときにはここだけ地吹雪で陸の孤島と化す。

何となくおわかりになると思うが、周りには遮るモノがないので・・・・。

今日はJRも止まるほどの強風で、出かけた娘は代行バスで帰ってくるはずが、バスは足止めを食っている駅を素通りして行ってしまってとか。

そんなのありですか?

結局、迎えに行かなければならなかった。県内だからいいけど、昨日だったら飛行機飛ばなかったんじゃない?と言われた。

確かに。昨日はとても良いお天気だった。

Hi360160 なんとなく、機内も見覚えがあるような気がしたんです。

あの・・・。

SIEMPRE号ってこれくらいの大きさじゃなかったですか?^^;

| | コメント (4)

2007年2月 3日 (土)

未知との遭遇

Hi360149 帰って参りました。DIVOの旅から。

怒濤の6日間でした。

何から書いていいのか、今は解りません。

東京、大阪、ちょこっと京都。

歩きました、乗りました。

新幹線、在来線、地下鉄、高速バス、循環バス、シャトルバス、リムジンバス、ヒコーキ!もちろんタクシーも。

何とか乗り継ぎもこなしました。(あたりまえ・・・^^;だけど、初体験だったんだも~ん!)

いかに自分が何もしてこなかったのか、身にしみて解ったのでした。

東京は地下鉄を乗りこなせればどこに行くにも便利なところ。(でも、人が多すぎ)

大阪はゆっくり歩いていないので解らないけれど、東京ほど人が多くなくて、まだ、息がしやすいところ。残念なのは結局『粉モン』を食べられずに終わってしまったこと。でも、空港で蓬莱の海鮮焼きそばを食べましたが、とっても口に合いました。こっちだともうちょっと味が濃いところなのに、淡泊でした。

さて、まずは1月29日。

新幹線代を節約して、2100円の高速バスで東京へ。

東京駅の八重洲口に降りると地下鉄半蔵門線に乗るのにひたすら歩く。ネットのガイドだと徒歩10分くらいのはずなのに・・・歩けども歩けどもたどり着かない。

DIVAのみなさんとお約束してるのに間に合わなかったらどうする・・・と焦りながらなんとかたどり着いたのでした。

お上りさんの私のために皆さんホテルに来てくれました。どうもありがとうございました。

今回は初めてお会いする方も沢山いらして、まさに『未知との遭遇』

いや、別にDIVAのみなさんがグレイだって訳じゃありませんが・・・。^^;

| | コメント (16)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »