« ターバン野口 | トップページ | 萩尾望都の「斎藤さん」? »

2007年1月 8日 (月)

ロミオとジュリエット

P3768mid 先日ちょっと話題に上ったジョシュ・グローバンの新しいCDを聞きました。日本版は2月7日発売です。

ジョシュ・グローバン、私にはSebがクラシックを勉強してたらこんな感じになってたかも、なんて思わせる声です。

英語、スペイン語、イタリア語、聞き覚えのある単語が沢山出てきました。

「ぷりまおぽーい」「たんとてぃあーも」「でんとろくえすた」

そしていきなり少女の時間までタイムスリップ

ロミオとジュリエットじゃないですか!

あの聞き慣れたテーマ曲をイタリア語で歌っているのです。

「う゛ぃんちぇれ~」に当たる歌詞、あったかな・・・と英語詞を思い返す・・・

Kenny Gといい、Joshといい、どうしたの?何故今ロミオとジュリエット、と言うかあの曲?

サイモン・コーウェル、ちょっと読み間違った?

DIVOにもリクエストしていたのに。これが3rdアルバムに入っていたら、もっと売れ行き違ったのじゃないだろうか。もちろん、「Siempre」ではなかったかもしれないけど。

でも、一挙にあのころに帰った。

舞踏会で歌われた時はボーイソプラノ(?)の高い声。

ジョシュの大人の男の声で歌われたこの曲は懐かしいものの、全く違うものだった。

年取った、と感じてしまったよ・・・・・。

Romio_and_juliet オリヴィア・ハッセー公称13才のジュリエット。

レナード・ホワイティング公称15才のロミオ。

ただ絵はレナードじゃありません。あしからず。

ちょっと、代理でやって貰いました。

「巡礼者のキス」

|

« ターバン野口 | トップページ | 萩尾望都の「斎藤さん」? »

コメント

ぴろちゃん、こんばんは。
この絵は、うるすロミオでしょうか?
うつくしい~~~。ぽわん、ぽわん。

ジョシュの新しいCD。
「You Are Loved(Don't Give Up)」のビデオ見た?曲もいいけど、ビデオもいいわ。
彼のサイトで、ピアノを弾きながら「ロミオとジュリエット」を歌う姿が40秒くらい見られます。
Kenny Gじゃなくて、ジョシュを買えばよかったなあとちょっと思っています・・・が、たぶん日本盤が出たら買っちゃうね。

それから、「ロミオとジュリエット」と言えば、マイケル・ヨークって憶えてる?
「三銃士」とか、「オリエント急行殺人事件」に出た人。
結構好きでした・・・

投稿: かおりい | 2007年1月 8日 (月) 21時11分

かおりいさん
ジョシュ、聞いてみました。まだ聞き込んでないのですが、2曲目ですね?You are Loved.サイトまでは行ってなかったので行ってみるね。

ロミオは一応、素のUrsクンのつもりですはい。^^;

「マイケル・ヨーク」、ティボルト役の人だったのね。
今なら、こっちのほうがいいじゃん、って思うけど、昔は子どもだったから・・。(^^ゞ
でも、ティボルトは一番芝居のうまい人がやる役と思う・・・。
あ、いかん、今一瞬DIVOで配役しちゃった・・・。σ(^◇^;)

投稿: ぴろちゃん | 2007年1月 8日 (月) 21時47分

なんだか、良さそうな雰囲気ね。
ロメオか・・・。
王子様キャラの代表格!
そら、もうスイスの美男子かおりませんがな。
うっとり・・・。

ちなみに「ヴィンチェ~レ~」は、
散々聞いた、「誰も寝てはならぬ」の最後、
「vincero ヴィンチェロ~(I will win)」の不定詞型vincereです。

投稿: ゆ~こ | 2007年1月 8日 (月) 22時49分

なんでだろーピロさんとものすごく音楽の趣味がかぶってる。あっ音楽だけじゃありませんね!
ケニーG,ジョシュと買おうかなと思ってたらここに書いてあるんですもん
昔「アリー・マイ・ラブ」で見てジョシュの声に惚れたんですよ

しかしこのロミオ麗しいでございます。美形なURSにピッタリ!お持ち帰りさせて頂きます
そして・・・(* ̄m ̄) プププ(妄想癖が悪化してます)

投稿: 豊昌 | 2007年1月 9日 (火) 00時38分

ゆ~こさん
Romeoをやるにはちょいと歳を取りすぎてるよね。^^;だから若かったらってことにしておいて下さい。

う゛ぃんちぇれ~が出てくると、愛は勝つ~、みたいな歌詞に聞こえて来ちゃうでしょ?これは歌詞カード必要かもねぇ・・ゆ~こさんが聞けば聞き取りできそうだけれどね。(^ニ^)

豊昌さん
「アリー・・・」見てたけど、どこまで見てたのか、もう定かではありません・・・。^^;

好きな物の傾向が同じところもあるって事ですね。
私なんか狭い範囲だけしかありません。その狭い範囲がまさに重なってるところだったんですね。(^・^)

投稿: ぴろちゃん | 2007年1月 9日 (火) 17時41分

ロミオとジュリエット、これDIVOが歌ってくれたらきっと泣くわ~。歌って欲しいわ~。
当時はピアノで弾いたりもしてみたような・・・。
昔の記憶なので定かではありません(笑)
この二人、美しかったですよね。

投稿: きよみ | 2007年1月 9日 (火) 21時19分

きよみさん
私はSPレコード買いました。歌詞を追って歌いましたが・・全部はおぼえてませんね。What is a youth・・と、A rose is bloom、の辺りしか・・。
確かにジュリエットと言えば彼女しか思い浮かびません。ロミオはディカプリオも悪くなかったような気がしますが・・・へへへ。(^m^)

投稿: ぴろちゃん | 2007年1月 9日 (火) 21時48分

こんばんは~(^_^)v
いや~ん ロミオとジュリエットだなんて懐かしい!! 私はこの映画がきっかけで洋画にのめり込んだのよ (*^_^*)
関連の本や勿論サントラ盤、パンフ・・・今のDIVOグッズのように買いまくってたわ(笑)
レナードホワイティング・・今はどうしているのでしょうね?? いいおっさんだろうなぁ・・ ハハハ
DIVOが歌うロミオとジュリエット いいわねぇ
出だしの震えるような高音はやっぱりスイス人の彼のパートよね (^_-)-☆

投稿: まさえ | 2007年1月 9日 (火) 22時40分

まさえさん
>>出だしの震えるような高音はやっぱりスイス人の彼のパートよね 

わ~ん、そういわれてそう聞こえてくる私って病気よね。でも高音はDavidファンのかたはDavidでしょうね。これはパート分け、難しいでしょう!^^;
どうせ、心配したって歌って貰える訳じゃ無し・・(ノ_・。)あれ、考え方が後ろ向きだわ。いかんいかん!前向かなくちゃ!

投稿: ぴろちゃん | 2007年1月10日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターバン野口 | トップページ | 萩尾望都の「斎藤さん」? »