« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

DIVOがもし、楽器だったら

ちょっと前のことになるけれど、年末のスペシャル番組が相次いで放送された中に音楽番組もかなりあったのですが、たまたま見ていた中に日本の某有名アイドルグループも出ていたわけですよ。

で、もちろん彼らの歌唱力には有る意味『定評』があって、それは言わないお約束、という暗黙の了解のもとで売れているわけですね。

しかし、そのときはちょっとひどかった。(;^_^A アセアセ…うぎゃ~!

お口直しに、DIVOのDVD交換品をかけて見ることにしたのです。

日頃、アイドルグループの、音のはずれたハモりは気持ち悪くて聞けないという娘がこんなことをいいました。

「でーぼ君達はさすがだわ。ピッチが一緒。」

「それって、具体的にいうと、どこ?」

「う~ん。MY WEYでそれぞれ音を大きくしながらあがっていくところとか。」

吹奏楽部の娘はMY WEYをやっているらしいのだが、そこが難しいんですと。

ピッチが合ってなくちゃならないのは基本だと思うが、中学生の彼女たちには楽器の調整はなかなか難しいのであろう。

ということは、DIVOくんたちはよく調整されたいい楽器ってことかぁ・・・などと、妄想の世界へ。

ちょっと絵にしてる時間がないので想像だけしてください。(因みにこれは声質には関係のない想像です。)

とんがり頭のDavidはクラリネット。開いた足といい、シルエットがそっくり。

ポップス畑のSebはKENNY Gのソプラノサックス。(かっこよくてよく歌う)

カルロスは無理矢理アルトサックス、(須川展也の)

て、この流れからいうとUrsはオーボエ(宮本文昭)と言いたいところなんですが、さにあらず。

思いついたのはなんとチェロだったんです。だって、ガタイがいいから・・・。

だって、ちょっと、足の間に入れて弾いてみたいでしょ?

そして真っ赤なケース(白十字つき)に入れて背負って歩くの。うふん。

追記

フルトヴェングラーの7番はなんと1950年のウィーンフィルの演奏でした。

古すぎる!あまりにも古すぎ!骨董品だわ。新しいの聞かなきゃ!

追記2

昨日のフィギュアスケート女子フリー、太田由季奈さん順位はよくなかったですが、演技は美しかったです。よく音を表現する腕を持っています。上下左右どこを向こうが姿勢が崩れない、そこが単に振り付け通りに滑ってる人とちがう。

技術力はあっても、イマイチ美しく見えない人との差は歴然。

ただ飛ぶだけのスケートで終わってしまった人の後に出てきた浅田舞さん。

美しい白鳥でした。彼女は飛べなかったけれど、他のところは丁寧に滑っていて見ていて気持ちのいいスケーティングでした。

飛べなきゃ勝てないスケートですが、美しいスケートにも拍手を送ります。

今年も暮れていきます。皆様よいお年を!

| | コメント (15)

2006年12月29日 (金)

おかえり、太田由季奈

フィギュアスケートの全日本選手権女子SPを見ました。

フィギュアスケートは大好きです。(見るのが)昔はNHKくらいしか放送されなかったのに、今は見られる機会が増えて楽しいです。

語りたい人は沢山いますが、浅田、安藤の争いの演技以上に、心に残ったのが太田由季奈さんと浅田舞さんの演技でした。

太田さんはジュニアの世界チャンピオンにもなった人で、将来を嘱望されていたのに、怪我で2年間表舞台から消えていたのでした。

ジュニアの世界チャンピオンになった時の記事がとてもいい評価だったので、シニアの大会に出てくるのをまっていたのですが。

ずっと彼女の演技を見たかったのに見たことがありませんでした。

今回やっと見られました。

あまりにもなめらかなスケーティングで、エッジの音さえ聞こえないような気がしました。

ただ振り回しているのではない、緩やかな腕の動き。

フィギュアにはスポーツ選手タイプの人と、ダンサータイプの人がいるとすれば彼女は確かにダンサータイプの人と思う。

韓国のキム・ユナも確かにこのタイプのスケーターではないかと思う。

浅田舞さんは、浅田真央の姉という過酷な立場にありながら、自分のスケートを見つけた感がありました。大人の雰囲気を十分生かした演技は前回見たときよりも格段に良かった。

今回は上位争いよりも、彼女達を見るのが楽しみです。

フリー演技、太田さんも放送してね。とTV局さんにお願いしたいです。

すべて点数で表されるようになって、技術的に高いものを持っている人が上位になるようになりました。

今の採点法で、カルガリーの伊藤みどりの採点をしてみて欲しいと、思わずにいられない。現代と比べてもあれほど飛ぶ人は少ないはずだから。

しかし、人の心を打つ演技は点数にできるのか。

それだけではない何かに、人は心揺さぶられるのだと思うが。

| | コメント (6)

2006年12月28日 (木)

ベト7を聞くはずが・・・・

Dec27 今日は嵐の後の強風で、荒れ気味のお天気。でも年末なのでやることがいっぱい。

午後はベト7を聞きながら掃除だ!と思っていたら、緊急の用事で帰って来たのは午後8時近く。

日頃の行いが悪いのか予定通りにはいかないものです。

そんなことを思いながら外に出たらこれ。

以前に撮ったものより輝いているウチに撮れたかな。

ここのところ、光のマジックに出くわすことが多いんじゃないかしら・・・・。

ベト7とはベートーベンの交響曲7番。

最近『のだめ』で有名になった感じで第1楽章ばかり有名になってしまったようだけれど、軽やかさだけの曲ではないので、できれば全曲を聴いて楽しんで欲しい。

私の持っているCDはフルトヴェングラーの指揮のもので、先日の目覚ましの解説によるとかなりもったいぶった演奏らしい。

確かに若い頃買ったレコードがCDになっているのを見つけて買ったものだから、古いのは間違いない。

現代のオススメのオケと指揮者は誰かな・・・・?

この7番の第2楽章は、サラ・ブライトマンやアミーチが歌にしているのですが、非常に重苦しくて、大好きです。(はい?)サラの版を小学生の時に聞いた娘は「怖い」と言っていました。

元来MOZARTの軽やかさとリズミカルなのは苦手で、ベートーベン好きだったのですが、7番がクローズアップされて、ちょっと悔しいのです。

大事にしまっておいた宝物を見つけられちゃったみたいな。f^_^;

| | コメント (8)

2006年12月26日 (火)

自分にプレゼント、もとい衝動買い

Xmasdug 子どもも大きくなってしまうと、特にクリスマスと言っても何もしなくなってしまったなぁ。

結構いつまでもサンタクロースが来ていたのだけれど、ティーンエイジャーになってサンタクロースでもないでしょう。

自分にプレゼント、充分してると思うけど、;^_^)

つい。

実は靴が好き。それも変なの。(と自分では思う)

ブランドにはこだわらない(こだわれない)のですが、直感で。

今回だってブーツを見に行ったはずだったのに、これに呼ばれちゃった。(衝動買いともいう)

こういう女なので、

Ursのブーツの趣味は嫌いじゃないです。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (8)

2006年12月24日 (日)

天のきざはし

Dec23

見晴らしのいいところに行きました。

天のきざはし、というのですよね。

最近よく空は見るようになりましたが、これはなかったなぁ・・・・。

そういえば世の中はクリスマス。

なんだか、ぴったりの写真が撮れたかも。メリークリスマス。

ちょっと欲しいかも・・・。

Yutannpo 今日見かけた湯たんぽとカバー。

買おうか買うまいか、ちょっと迷ったの。

これをお布団の中に?ドキッ!

抱いて寝る?素敵!ドキッ!

でも、勇気がないかも・・・ドキッ!

(いや、それ、考えすぎですから!)

| | コメント (17)

2006年12月22日 (金)

鯖の味噌煮

私は生臭いのが苦手です。

子どもの頃は魚肉ソーセージと鯨肉で育ったようなものです。

小学校の給食もたいへんでした。我慢して食べるのですが、白身魚のフライの皮だけ残って、涙を流しながら飲み込んだ思い出があり、それ以来白身魚フライは避けています。(多分、鱈だった)フィレオフィッシュバーガーも食べなくていいです。

子どもの頃はお刺身のイカにもお湯をかけて、食べていたのですが、さすがに大人になるにつれて段々食べられるようになり、それは外食でいろいろな料理を食べた経験によります。

ああ、そうか。母の料理は生臭かったのか。

そういうの、好きな人もいますからね。

苦笑。

そんな私から生まれた子供達ですが、ちゃんと魚を食べることが出来ます。というより魚類好きです。

自分は食べたくないけれど、やはり食べさせなくちゃならないと思うと、なんとか料理方法を考えるもので、いかに生臭くなく料理をするか。

焼き魚はともかく、煮魚は鬼門で、鯖の味噌煮はやったことがなかったのですが、昨日はスーパーで何故か生鯖の切り身に呼ばれちゃったのです。

「買ってって。味噌煮にして。」

何故?

ここから自己流ですが、まず塩降っておいて、水分を出し、(これが生臭成分と聞いたような気がしたから・・・)あと、先に少しの油で揚げる。

それから、普通にショウガとみそで煮る。

おお、見た目、ちゃんと味噌煮だ。しかも、後が生臭くない!

家族に感想を聞くと揚げたのなんか判らないし、生臭くなく上手に出来てる、と。

やったー!

鯖の味噌煮、CLEAR!

あとは、魚卵・・・・。イクラ、筋子、数の子、たらこ(これは焼けば大丈夫)

ちょっとそれは死ぬまで無理かも知れない。

| | コメント (11)

2006年12月20日 (水)

Davidを描いてみる

Davidhokahoka

Davidを描いてみた。

TODAY Showのリハに現れたDavidはかわいいじゃないか・・・・。

でも、この格好、ヤン・ウェンリーなんだけどなぁ!まるで。

ここではあの白っぽいマフラーがポイントなんです。

もし、機動隊の出動服をご覧になることがあったらちょっと見てください。白っぽいマフラーしているはずです。

早朝6時前からお仕事なのか・・・。きっとカイロあげたかったでしょうね、皆さん。

でも、『Heat Pack』って、海外にもあったんだわね。

ところで、例のピンクの詰め襟ですが・・・・・・。

こんなんできましたけど。 見る?

ちょっと何のマンガだ?て感じになりました。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (9)

2006年12月19日 (火)

幸いなるかな

Dec19_1

今朝は快晴、遠くの山の雪もくっきりはっきり見えて、さわやかな1日の始まり、と思ったのだけれど。

そうは問屋が卸さないときもままあるもので。

前向きに考える人ばかりじゃないのは世の常。

自分はいくら楽天的な性格とはいえ、たまには後ろ向きの考えに引きずられる。

取り越し苦労をして、先に先に心配をしていてどうなる。

暗くなるばかりじゃないか、今日は考えるのを止めなさい。

と返信してメールを終えた。が、私の心は引きずられたまま、暗い。

そんなときはChristmascollectionに癒される。

残念ながら、Siempreは重くてかなわない。

Siempreも悪くはないが、私はもっとクラシックっぽいのも歌って欲しいのだ。本当は。

先日のワシントンでのUrsの姿が忘れられない。

1人だけ堂々として、あれだけの人の中で目立っていた。胸元の白いVゾーンも目立っていたけれど、大きな口も、息を胸一杯吸い込むのも、真剣に歌っているのがわかって、

その声を聞きたいと思った。そこに響く生の声を。

Rockerなのもいいけれど、長年こちらの音楽を歌ってきたのは何故なのか、なんとなく納得してしまった映像だった。あの場を楽しんでいたように見えた。

私にはそれを描いておくことしかできないが、その姿を愛しいと思う。

幸いなるかな。癒されしもの。

Ursinwdc

| | コメント (0)

公然の秘密?

毎日Divoに溢れた生活でこれでいいのか、とは思うものの一向に改善しようという気にならないのも困ったモンです。

今日も今日とて公式サイトウォッチングしてみれば、なにやら(ー_ーメ)な記事が。

オランダのTV番組のインタビューでUrsがオランダ語で喋っております。その中でいきなり女の人の写真が現れてUrsと並べられるじゃないですか。なんじゃそりゃ。そのシチュエーションは・・・・。

確かにバイオグラフィー本でUrsはオランダでは結構なスターだと書かれてはいたけれど、誰と付き合ってましたとかって、なんだ、秘密でも何でもないんだ。これが年上の恋人?日本のTVと変わらないわね~。

でも、なんで3年半も前に別れた彼女のことなんか聞くんだろ?

Jacky Van Opeen、って名前まできっちり出してます。顔写真から名前まで出るってことは業界の人なのか。

いや、いいんですけどね、誰と付き合っていようが、いまいが。

でもこれで、一部に根強くある疑いは晴れたよね?(;^_^A アセアセ…

そうだ、タバコはやらないと言ってたようだけど。

それはイメージ通りなんだけど、^^;

タバコもやらない健康的な、ヘヴィメタ好きのバイク乗りな兄ちゃんなのか・・・。

やっぱり、おもしろい人だわ。

なんだか、日本にいると何も伝わってこないけれど、いろんな情報は飛び交っているのね。ネット社会もそういうところは便利でいいけど、もし、来日したときに彼女の名前をだしたりしたら、さぞやUrsも驚くことだろうなぁ!

Dec13a

| | コメント (7)

2006年12月18日 (月)

起き上がり小法師

Koboshi これは、渡部恒三センセイのおかげでなんだか全国的に有名になっちゃった民芸品です。お陰で生産が追いつかないんだそうです。手作りですから・・・。

大体2月の節分の頃に売られるのですが、まあおみやげ屋さんにはいつもあります。

これにちなんだお菓子もあります。

さて、なんでこれが出てきたかというとこの形をじ~っと見ていたら、なんだか見えてきたものがあるんですね~。

ちょっとAkemiLさんが乗り移ったか(?)と思うのですが、描いてみました。

Okiagarikobosi

| | コメント (4)

2006年12月17日 (日)

リベンジ、セバスチャン

2revengeseb

こないだから、セバスチャンをよく見るようになったので、なんとなくSebにチャレンジ。

絵を描くのはただの自己満足でしかない。しかも、描いた後必ず自己嫌悪に陥ることの方が多い。って、今頃また思うようになるとは。

これはUrsの顔が悪い。描きたくなる顔をしているから。(八つ当たりだ。うまく描けないからって・・・)

本当は学生服を着せる予定で描き始めたのだけど、気が付いたらTODAY Showの収録風景になってました。だって、この写真はインパクトありました!Ursが泣いてるんだもの。いや、涙が出てるだけですが。お鼻も耳も真っ赤っか。色が白いとすごくわかるのよねぇ・・・。

熱心なファンがいるからこそ見られる写真です。ファンも朝も早くからご苦労さんです。朝6時頃から出かけてるんだもの、すごいなぁ!

なんで真冬のNYで外から放送するんだか。楽なお仕事って無いわねぇ・・。

しかし、このTODAY ShowってTOYOTAがスポンサー。・・・・複雑。日本企業がスポンサー?日本でやってよ、日本で!(T^T)

| | コメント (7)

2006年12月16日 (土)

ピンクのセーター

ゆ~こさんのブログで話題に上がっているピンクの服、考えていたらすごく絵にしてみたくなったので、バトンじゃないけど貰ってきました。

我が家の長男は色白でピンクや赤がよく似合ったので男の子にもピンクをよく着せたものです。

連れ合いはあまり、と言うか全然こだわらない人なのでなんでも着ます。この春に買ったピンクがかったWシャツは織りにピンクの糸が入っていて、ほんのりピンクがかった白に見えておしゃれな感じでよかったです。(いや、本人はおしゃれじゃないですよ。^_^;)

Jpg こんな感じでどうでしょう。

Simple is best

このときは絶対オールバックじゃダメです。

このふわふわの短めのヘアースタイルじゃなくちゃ!(要するに素ってことですね。)

しっかし、この胸板・・・。^_^;

David

David

Davidは前髪落としてるときが好きです。

ちょと微妙なサーモンピンクが表現できずに残念なのですが、学生時代はこんな格好もしたかもしれない・・・。いや、もっと砕けた格好だったかも・・。

Seb

アスコットタイてことだったので、そうしてみましたが、何を着てるのかさっぱり想像が付かないので、マフラーでごまかしました。ゴメンσ(^◇^;)

Seb

Carcar Carlos

描いてみたら怖くなちゃった!σ(^◇^;)

ちょっと若いときのCarlos?

ショッキングピンクは表現できなかったので無難なところに落ち着きました、^_^;

なんだ、眉の位置が揃っちゃったなあ・・・。違うのがカルカルなんだけど・・・。

遊んじゃった!あ~、楽しかった!(^▽^ケケケ

| | コメント (15)

2006年12月15日 (金)

諦めたら手に入る

IL DIVOの追加公演、さっさと見切りを付けて諦めたはずだった。

昨日は大阪のチケット先行予約。そんなこと頭からさっぱりと消えて、用事をすませに出かけた。次男の授業料振り込み、9万円弱。(T.T)高い。

そういえば、そろそろクリスマス。クリスマスのプレゼントも見なくちゃ。

すっかり来年のことで頭がいっぱいで、クリスマスのことなんか忘れてた。(クリスチャンじゃないし・・・)でも、ワシントンでのクリスマス(コンサート)の模様が公式サイトにUPされていて、美しく荘厳な演出で行われた番組を見ることが出来た。(いいなぁ、BSで放送してくれないかな・・・)

フィナーレ、全員で賛美歌(?だったかな?)を歌うのだが、何故かUrsはマイクを使っていない。よ~くみると、ちゃんと手に持っているようだ。

すごく大きな口を開けて一所懸命歌っている。考えてみれば彼はこういう歌を専門にやってきたんじゃなかったっけ?こういう歌はマイクを通して歌うのもじゃない、とでも思っているようだった。人々が声を合わせ神を讃える、祈りを届けるものなのか・・・。

そこに行きたい。生の声を聴きたい。

もしかしたら、マイクを通さない彼の声が聞こえないかと何回も繰り返して見てしまった。

Divine、と時々評される彼だが、今回ばかりはまさしくDivineと私は思った。

そういうことを思っていたら、「大阪のチケット取れたけど、どうしても無理なの?」と思いがけないお誘いが。

おそるおそる、帰宅した連れあいに切り出してみる。「大阪にもう一泊、してきてもいいかな。」

「生活費、ちゃんと置いていってね。」

うん。それはもう。

一度帰ってまた出て行くのはさすがにちょっと、と思ったらしいけれど、帰る予定の日の夜の公演ならしかたがないと、彼も思ったのだろうか。

てんからの贈り物か、観音様のお導きか、このことに関しては思いがけないことばかり起きている。信じられない。

諦めたら、手に入る。本当だった。

Dec11c

| | コメント (10)

2006年12月13日 (水)

コイビトバトン

Dec13d_1 1.今付き合ってる恋人はいますか?
うふふ。(*^m^)います。

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?
かれこれ4ヶ月。

3.この恋人と付き合ったキッカケは?
とってもお利口だったから!芸も持ってるし。(^・^)見た目も好みで。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?
3人。

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?
前の人で2年半。別れるつもりはさらさら無かったのに、今の人に一目惚れしちゃって。(*^m^)

6.逆に一番短かった恋人とはどれくらい?
それでも1年3ヶ月くらい。赤が似合うかっこいい人で、歌もいっぱい歌ってくれたのに、無理矢理別れさせられた。(T^T)

7.恋人を色に例えるなら何色ですか?
ラメ入りの黒

8.恋人との思い出があればどうぞ!
生きのいいヤツが多いのか、私の手を離れて飛び出していくことが多く、よく転んで傷だらけに。かわいそうなので、今の彼には外套を作ってやりました。

9.浮気願望はある?

い~え!全然。ありません。

10.今の恋人に一言!!

ちょっと融通が利かないところも誰かさんに似て、かわいいわよ。許します。

11.まわす人
気に入ったらどうぞ。

みゆきさんのところから拾ってきたコイビトバトン、いかがでしたか?ふふふ、恋人って携帯電話のことですって。おもしろいエピソードは・・・無いですね。

| | コメント (10)

夢の旅

Dec11b

私のなかでDIVOの公演は2月1日で終わっている。

夢の旅はそこで終わって、日常に帰るのです。

だから、彼らにもさっと飛び去って欲しかったのですが、もう少し、夢を見させてくれるそうです。

私には終わりですが、これからチャンスをつかむ皆さん、どうぞ頑張ってね!

Dec11

ほらね、いつもの山にも雪がやって来たでしょう?

| | コメント (11)

2006年12月12日 (火)

VIVA! DIVA!

Todayshow USAも寒いようですね。TODAY Showの収録風景がフォーラムにUPされていますが、彼らも大変だけど、ファンもすごい。いったい何時から並んで場所を取ったのか、ベストポジション、これ以上ないアングルで写真を撮ったり、ビデオを回したり。

すでに顔見知りらしい彼女たちのカメラにはDIVO達もカメラ目線で応じるようで、変な顔になってるけど、いかにも寒いって言っているUrsが。

耳とか鼻とか赤くしているのを見ると、ホントに寒いんだなぁと思う。

でも、いくらスイス人だからって、Gジャンでは、寒かろ?それも鋲がいっぱい付いてたら、冷えるじゃないですか。

それにしても、いいカメラでこんなにいい写真撮ってくれて、世界中のみんなに見せてくれて、USADIVA、すごいわ~!

感謝、感謝!

追記

追加公演決定!

2月2日大阪5日東京!(゜◇゜)ガーン

| | コメント (14)

2006年12月10日 (日)

涙の訳を教えて

Namidanoseb

スペインのTV番組で涙を流すSebを見ました。ちゃんと歌っているので、生理現象で出ているんだと思うけれど、ぼろぼろ、涙が出てましたね。カルロスは苦笑しながらも、心配している風でしたが、Ursは全然すまして歌っているんですよ。気持ちが入っているのか、Sebの方をちらりとも見ない。なんだかSebが気の毒でした。

私にはSebはこれが限界。許してください、Sebファンの皆様。

Sebはお休みは家族でタイに行くって、どこかのインタビューで言ってましたね。ホントかな?

| | コメント (19)

2006年12月 9日 (土)

雪だよ

Dec9b 雪です。

初雪です。

寒いです。

静かです。

いつもの定点観測だとこうなります。

Dec9 色がありません。

黒い影が雪です。

春までこんな色彩の街になってしまいます。

追記

Hi360052 なんだか色がないのもつまんないので、煮たリンゴの写真でも。

紅玉がスーパーに出ていたので煮てみました。アップルパイにするでもなく、ただ煮て、ペロペロと食べちゃったのでした。

こんがりトーストに、バターをたっぷり塗って、いただきました。

| | コメント (8)

2006年12月 8日 (金)

光と影と

Hi360058

冬の日は影が薄い。

夕日が描く絵は一瞬だけ輝き、あっという間に消えていった。

光と影。

出会いと別れ。

悲しみと慈しみ。

あなたを愛してた。

あなたを愛している。

ずっと

愛し続ける。

Mi mancherai

私は生きてゆく。

| | コメント (12)

2006年12月 7日 (木)

心に降ってきた音

Musica

3rdアルバム「Siempre」を聞いていて、サテンの夜Carusoは衝撃だったのだけれど、Musicaは違った。

ぽつんぽつんとピアノの音が降ってきた。私の心に。

空っぽな、何もない暗い部屋のような心に、雨のように星のように降り注いで、

私の心をざわめかせた。

この力を感じるだろう?

すべての人に届ける、この力を。

音楽は僕の愛、僕の命、僕のすべて。

湧き上がってくる暖かい力

揺り動かす力

この素晴らしい力を感じるだろう?

うん。

私は聞こえたよ。そういう風に。

初めて聞いたときから、それをどんなに言いたかったことか。

やっと、絵にできたのに、今度はサーバーのメンテナンスでさっぱり更新できなかった。

暖めすぎて陳腐かもしれない。

理屈のわからないものの単純な、素直な感想です。

Unanoche Una Nocheの秘密。

日本語解説にはっきり書けばいいのに、この始末、どうしてくれる・・・。BMGさん。

拡大しなくちゃ、読めやしない。どう聞いたってフラッシュダンス、なんだもの。もしかして担当者はフラッシュダンスを知らない年代・・・。まさかね。でもなんでフラッシュダンス。いや、まさしくドンピシャな年代ですけど。f(^ー^;

| | コメント (7)

2006年12月 5日 (火)

楽しかった!

Hi360037 出かけてきました、東京まで。10月連れて行ってくれたリアル友のおかげで、今回は東京駅で迷うこともなく、無事に有楽町駅まで歩いていけました。なんであんなに近いところに駅があるの???

北から出て行くと東京は暖かい。お天気も良く、足取りも軽い。帰りのバスの集合場所はなんと国際フォーラムの裏じゃないですか。な~んだ。でも、今回はここじゃないんだな~。

ここでmarchanとMarchさんと落ち合いましたが、全然初めてあった気がしない。(^^ゞ

私たちはこういう話がしたかったのよ~、と言いながら笑い転げて歩くアヤシイおばさんになって銀座を闊歩!行列の人々に奇異な目で見られながらも、楽しい!

Hi360038_1 よく怪獣に破壊されている交差点にてMakiちゃんとMegさんと待ち合わせ。あら、みんなMで始まる人だわ!

会場近くで時間までお茶をしながら楽しくお話。Urs隊とDavid隊で盛り上がり、MakiちゃんのUSAでの土産話に盛り上がりました。

I remember those two.(。 。)V

あっという間におしゃべりの時間は過ぎ、会場へ移動。

入り口にはDIVOのパネルが!「ああっ!」

ここで初めてゆ~こさんにお会いする。あらかじめお写真を交換していたとはいえ、私もはぐはぐするつもりでしたがゆ~こさんも両手を広げてくれて、しっかり抱き合って来ました。もう、みんなのあまりの細さに、感じたことはこれ。

Rifuto 今度会ったら、是非、TRYしましょう!のびやかな手足は思いっきり伸ばしてね!(^^)v(おもしろ写真よ!)

さてお宝映像はあるのですが、どこまで出して良いやら小心者には判断が付かず、お宝と言えばW杯の時のサインボールに当たった方が見せて下さいましたので、ばっちり記念写真を撮ってきました。

Honyarara ちょうど私の後ろに写っているのがゆ~こさんでした。だからまるっきり、ハンカチ王子は気が付かなかったのよ!ごめんね。

ゆ~こさんの司会ぶりは立て板に水、ほどよいユーモアも入って、気持ちのいいお声でしたよ。

いつもハズレちゃんな私なのですがなんと、抽選に当たったのです。地方では全く手に入らない、販促チラシのセット。私は見たこともございませんでした。

DIVOに関しては私はなにかちょっと憑いてる、じゃなく、ついてる?

TJのかたも気がついた方にはご挨拶したのですが、なんせ110人の初対面の方々ですから、漏れもあったことでしょう。すみませんでした。(そう!確かに漏れてたの!肝心の人が!)

二次会が終わって会場を出たところで、「ぴろちゃん?!」と呼ぶ人が。「だ、誰?」

「かおりいです。」

お~!って、ここでもはぐはぐ。そのとき私は名札をつけていなかったのですが、どうしてわかったの?

あいにくバスの時間があってゆっくりおしゃべりできなかったのですが、鍛冶橋駐車場まで送って下さって、そこで撮影会、はぐはぐし合ってお別れしました。

かおりいさん、Yayoiさん、Makiちゃん、ゆ~こさん、ありがとう!

万歳もしてくれるって言ってたんですが、それはさすがに辞退致しました。

帰りのバスの3時間半、不思議なことに眠くならない。

楽しかったなぁ、お茶会。関西人のノリ、肌にあいます。

TJの皆さん実際も素敵な方でした。いえ、DIVOファンはみんな、生き生きしていました。

早とちりsistersそろい踏みも嬉しかったし、思いがけない贈り物も涙が出るほど感激。

最初は音楽を聴いていただけだったのに、不思議なことに、絶対出会わないはずの人たちに出会えた。また音楽が人を繋いでいると実感した。

そんなことを考えながら家に帰り着いて口にした『おかか』が妙にうまかった。(猫だし)

| | コメント (15)

2006年12月 4日 (月)

雪はそこまで

Dec4b このところの冷え込みでいつもの山のもっと向こうの山はもうすっかり雪化粧しております。

いつもの撮影ポイントではないのでこちらの山は初登場です。

Dec4d

南の山

Dec4c 北の山

平地まで雪が降りてくるのはもうすぐです。車のタイヤも交換しましたので、いつ雪が降ってきても大丈夫。準備は万端整いました。

主婦が遊んでくるとなんでいろいろ待っていることが有るのでしょうか。楽しいお話はこの次に。

| | コメント (7)

2006年12月 1日 (金)

聞いてみた

いろいろあった昨夜でしたが、この際聞いてみようと、BMGに電話した。

1.DVDの交換について

良品というのは「Everytime I Look At You」が収録されたものなので、それは香港盤と交換になると言うことです。(パッケージを修正する訳じゃなかったよ!)

2.CDのデータが出ない件

これはPCで出てこないので、それはWMPのプログラムの不具合だから、BMGではなんとしようもありません。ですって。

3.Carusoの歌詞、および訳について

もともと、UKから送られた歌詞のデータがあの長いものなのだそうです。オリジナル「Caruso」の歌詞ですね。DIVOの場合、本歌をアレンジしているので、こういう事が多く起こるそうです。

あの、全然、納得できる答えじゃありませんけど。本国から送られたデータがそれじゃ、UKに文句をつけなきゃいけないって事だよね?

「元の歌はこんなだけど、オイラ達はこんなふうに料理したのサ、気に入ってくれたかい?セニョーラ?」てことですかい?カルロスの旦那。

やっぱり、本当に理解したければ、自力で、ってことだよね・・・・。(T^T)

今回、イタリア語を勉強中のゆ~こさんがCarusoを訳されました。ご厚意に甘えて、リンクを貼らせていただきました。興味のある方は、そちらをご訪問下さい。

Va bene!

今回こうしていろいろ教わりながら調べた結果、どうもアンドレアのCarusoの訳詞はイタリア語を英訳したものを日本語に翻訳したもののようです。これも、実際にイタリア語を勉強されている方が身近にいて初めてわかったことでした。イタリア語の直訳と合わない・・・・。

以前、英語でしゃべらナイトでUrsが言っていたのはまさしくこのこと。翻訳して翻訳していくうちに意味が違ってしまう。

今回のことはほんとに勉強になりました。ゆ~こさん、ありがとう!

Ursppoi 関係ないけど、買い物に行ったら、非常にUrsっぽい服がありまして、思わず写真撮ってきました。

嫌いじゃないんだけどな・・・嫌いじゃないんだけど、スルーしてしまいました。

| | コメント (8)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »